新着情報

加工食品の放射能検査 放射能測定依頼書ならびに放射能測定結果報告書の様式変更について

 11月11日より、加工食品の放射能測定結果報告書の様式が変わります。

 放射能測定結果報告書様式の主な変更点
  ・放射性セシウムについては、Cs-134とCs-137の合計値と個別値を記載します。
  ・放射性ヨウ素については、依頼者のご要望に応じて、参考値として記載します。

    報告書例(新様式・日本語)

    報告書例(新様式・英語)

 これに伴い、放射能測定依頼書の様式も変更いたしますので、11月11日以降の測定のご依頼には、新様式の依頼書をご利用ください。

 放射能測定依頼書様式の主な変更点
 ・放射性ヨウ素測定の要不要のチェック欄を追加します。
 ・英語の報告書を希望される場合の社名(英語)、品名(英語)記入欄を追加します。


※旧様式の依頼書についても当面の間受付けいたしますが、その際は上記変更点について追加記入をお願いいたします。

※ご不明な点などがありましたら、担当窓口までお問い合わせください。

 ・福島県ハイテクプラザ プロジェクト研究科       024-959-1911
             会津若松技術支援センター    0242-39-2974
             (福島県県産品加工支援センター)

広告

  • 福島県ものづくり企業データベース
  • 株式会社氷感
  • バナー広告募集中

注目事業

  • 工業製品の残留放射線量検査
  • 加工食品の放射能検査
  • 保有施設・設備紹介
  • メールマガジン登録・解除
  • 保有知的財産の活用
  • 申請書ダウンロード

関連団体

  • 福島県
  • テクノコム
  • 一般社団法人 福島県発明協会
  • 福島空港
  • 福島県営工業団地
  • ふくしま医療機器開発支援センター

福島県ハイテクプラザの機器整備事業には、(公財)JKAの補助金が使われています。

ページトップ