ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

地域産業6次化

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月23日更新

地域産業6次化

  福島県では、豊かな地域資源を生かし、地域力(人材、資源、伝統)を発揮しながら、1次・2次・3次産業が様々な形で連携・融合した新たな地域産業を創出することで地域の活性化を目ざす「地域産業6次化」を推進しています。

 あいづ“まるごと”ネット

 交流会の様子

 会津・南会津地方において、農林漁業者や商工業者等で構成されるネットワーク「あいづ“まるごと”ネット」を組織し、地域産業6次化によって農林漁業者の所得向上を図るため様々な活動を展開しています。
 毎回様々な講演講師をお招きし、6次化商品の試食会や求評会を開催して、地域産業6次化の推進を図っています。

「あいづ“まるごと”ネット」会員を募集しています!
 登録すると各種物産展の案内や地域産業6次化に関する補助金等の情報が受け取れます。会員登録については、リンクを御覧ください!

あいづ“まるごと”ネット

平成29年度活動状況

平成28年度活動状況

過疎・中山間連携事業

農林漁業者の所得向上と若者の定着を図るため、地域や集落・団体等が行う、南会津地域の豊かな農産物を活用した地域産業6次化の取組を支援しています。 

主な取組事例

南会津町たのせ地区

講習会の様子

 平成25年度より南会津町たのせ地区の農産物やヤマメを使用した新たな商品開発に取り組んでいます。

 毎年3回開催される特産品開発講習会では、株式会社山際食彩工房の山際博美氏を講師に招き、商品製造のポイントや新商品開発について御指導いただいております。

 開発した主な商品・・・ぜんびん、みそうず、ヤマメの釜飯の素等

 商品は管内道の駅で販売中です。詳細は南会津町たのせふるさとづくり会までお問い合わせください。

 たのせ地区ホームページ

檜枝岐村

講習会の様子

  平成26年度より檜枝岐村の山ブドウを使用した商品開発等に取り組んでいます。

 毎年実施している特産品開発講習会を始め、山ブドウの栽培指導や県外の先進地を調査するなどしています。

 その結果、山ブドウの収量増大や収穫した山ブドウを村内の旅館で提供するなど着実に成果をあげています。

 開発した主な商品・・・山ブドウジェラート等

 ミニ尾瀬公園で期間限定(9月頃)で販売中です。

 

6次化商品のご紹介

福島県の地域産業6次化により生み出された新商品を紹介する
「ふくしま・地域産業6次化新商品カタログ」(平成29年3月版)を作成しました。

※下記のリンクをご覧ください。

6次化新商品カタログロゴ

このページに関連する情報