ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 教育委員会トップページ > 「小高産業技術高等学校の企業との連携による商品開発・発売に関する報告」(令和元年10月7日)

「小高産業技術高等学校の企業との連携による商品開発・発売に関する報告」(令和元年10月7日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年10月11日更新

小高産業技術高等学校の企業との連携による商品開発・発売に関する報告

 10月7日に、「企業(イオンスーパーセンター株式会社)との連携による商品(弁当)開発・発売に関する報告」のため、小高産業技術高等学校の流通ビジネス科の皆さんが、校長先生、担当の先生とともに、教育長を訪問しました。
 小高産業技術高等学校は、イオンや南相馬市と協力して、「ほっき飯ちらし弁当」と「ほっき飯いなり」を開発しました。懇談では、代表生徒から「郷土料理をふんだんに使い、復興支援への感謝の思いと地域の食材の安全性を届けたいとの思いを込めた。」と商品完成の報告がありました。試食した教育長は、「多くの人に喜んでもらえる。」と感想を述べました。
*「ほっき飯ちらし弁当」と「ほっき飯いなり」は、10月15日から29日まで、福島県、宮城県、青森県、岩手県、東京都のイオンやミニストップ、ザ・ビッグなどで販売する予定です。

 小高産業技術高等学校の企業との連携による商品開発・発売に関する報告1 小高産業技術高等学校の企業との連携による商品開発・発売に関する報告2
 小高産業技術高等学校の企業との連携による商品開発・発売に関する報告3 小高産業技術高等学校の企業との連携による商品開発・発売に関する報告4