ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

パスポートの申請

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月11日更新

お知らせ

  • 年末年始の窓口休業のお知らせ
    12月29日~翌年1月3日までのパスポート窓口は休業となります。詳しくは、こちらの一覧表からご確認ください。
  • 「パスポートダウンロード申請書」の試験運用は終了しました。
    福島県では、11月10日をもって県内のパスポート申請窓口における「ダウンロード申請書」による申請受付の試験運用は終了いたしました。期間中、試験運用へのご協力ありがとうございました。
  •  5月8日(月)から須賀川市役所の新庁舎にパスポート窓口が開設され、パスポートの申請や受け取りができるようになりました。詳しい情報は、下記の須賀川市のホームページよりご確認ください。

   須賀川市のホームページへ(外部リンク)

申請種別

申請種別

※ 必要書類は申請種別をクリックしてください。

申請種別対象者
新規申請はじめてパスポートを申請する方
パスポートの有効期間が切れている方

切替申請

※現在お持ちのパスポートの有効期間は切り捨てになります。

パスポートの有効期間が1年未満となった方
有効パスポートの記載事項(氏名、本籍の都道府県名)に変更がある方
パスポートのICチップが故障したため作り直す方
パスポートの査証欄に余白がなくなったため作り直す方(1回に限り査証欄の増補もできます。その場合は増補申請の欄をご覧ください。)
パスポートが損傷(汚れ、破れ、ページ欠落等)したため作り直す方

記載事項変更申請

※有効期間は現在お持ちのパスポートと同一になります。

有効パスポートの記載事項(氏名、本籍の都道府県名)に変更がある方

増補申請

パスポートの査証欄の余白がなくなったため増補をする方
(新規申請や切替申請と同時に申請を行うこともできます。)

紛失届有効なパスポートが紛失、焼失した方または盗難被害にあった方
居所申請福島県内に住民登録をしていないが、福島県内に居住している学生・生徒、長期出張者、単身赴任者、季節労働者の方
一時帰国者の方

手数料

パスポートの手数料は受け取りの際に、収入印紙と福島県収入証紙で納めてください。
収入印紙、福島県収入証紙は旅券窓口のある建物内の売店でも購入できます。

パスポートの手数料

旅券の種類等収入印紙福島県収入証紙
10年有効な旅券14,000円2,000円16,000円
5年有効な旅券(12歳以上)9,000円2,000円11,000円
5年有効な旅券(12歳未満)※4,000円2,000円6,000円
記載事項変更旅券4,000円2,000円6,000円
査証欄の増補2,000円500円2,500円
※年齢は「年齢計算に関する法律」により決まります。この法律によれば、年齢は誕生日の前日に1歳加算され、12回目の誕生日の前日に12歳となります。このため、12歳未満の手数料が適用されるのは、12回目の誕生日の前々日までに申請した方となります。

申請窓口と受取までの日数

どちらの窓口でも申請できます。ただし、須賀川市窓口で申請をできる方は、須賀川市在住者等に限られますので、ご注意ください。
申請時に申し出てください。申請した後での変更はできません。一度変更した窓口の再変更もできません。
査証欄の増補の際の受け取りまでの日数は増補申請欄をご覧ください。

福島県旅券窓口一覧表
窓口名場所受付時間受取までの日数
パスポートセンターコラッセふくしま
福島市三河南町1-20
電話 024-525-4032
(申請)月~金 9時00分~18時00分
(受取)月~金 9時00分~19時00分
     日曜日 9時00分~17時00分
※申請日から5業務日目以降
郡山窓口郡山合同庁舎
郡山市麓山1-1-1
電話 024-935-1222
(申請)月~金 8時45分~16時00分
(受取)月~金 8時45分~16時30分
※申請日から8業務日目以降
白河窓口白河合同庁舎
白河市昭和町269
電話 0248-23-1508
(申請)月~金 8時45分~16時00分
(受取)月~金 8時45分~16時30分
※申請日から8業務日目以降
会津若松窓口会津若松合同庁舎
会津若松市追手町7-5
電話 0242-29-5220
(申請)月~金 8時45分~16時00分
(受取)月~金 8時45分~16時30分
※申請日から8業務日目以降
南会津窓口南会津合同庁舎
南会津町田島字根小屋甲4277-1
電話 0241-62-2062

(申請)水曜日 9時45分~15時00分
(受取)水曜日 9時45分~15時30分

※申請日から2週間目の水曜日以降
南相馬窓口南相馬合同庁舎
南相馬市原町区錦町1-30
電話 0244-26-1119
(申請)月~金 8時45分~16時00分
(受取)月~金 8時45分~16時30分
※申請日から8業務日目以降
いわき窓口いわき合同庁舎
いわき市平字梅本15
電話 0246-24-6010
(申請)月~金 8時45分~16時00分
(受取)月~金 8時45分~16時30分
※申請日から8業務日目以降
須賀川市窓口

須賀川市役所庁舎1階
(生活環境部市民課)
電話 0248-75-1111

(申請)月~金 8時45分~16時00分
(受取)月~金 8時45分~16時30分

※申請日から8業務日目以降

※ 申請した日を1日目として数えます。業務日とは、土曜、日曜、祝祭日及び年末年始(12月29日から1月3日)を除きます。
※ パスポートセンターで申請し他の窓口で受け取る場合や、他の窓口で申請しパスポートセンターで受け取る場合は、7業務日目以降となります。

申請に必要な書類

新規申請

申請は代理の方でもできますが、申請書表面の「所持人自署欄」、「刑罰等関係欄」と裏面の「申請者署名欄」、「申請書類等提出委任申出書欄」は必ず申請者本人が記入してください。
受け取りは必ず申請者本人となります。
刑罰等関係欄に該当のある方、居所申請の方は代理申請はできません。
刑罰等関係欄に該当のある方は、必ず申請前に福島県パスポートセンターにお問い合わせください。なお、申請窓口は福島県パスポートセンターのみになります。その他の旅券窓口では申請できませんのでご注意ください。

一般旅券発給申請書 1枚

各旅券窓口に用意しています。記入例はこちら

  • 20歳以上の方は、10年用、5年用のいずれかを選択できます。
  • 未成年(20歳未満)の方は、5年用に限られます。
    未成年の方が申請する場合、申請書裏面の法定代理人署名欄に親権者本人(父または母)が署名してください。

戸籍抄本または謄本 1部

発行から6か月以内のもの。
同一戸籍の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本の原本1部と同時に申請される人数分のコピー。(全部のページをコピーしたものを人数分用意してください。3人同時に申請する場合は、原本1部、コピー2部となります。)

パスポート用写真 1枚

  • 申請者本人のみが撮影されたもの。
  • 6か月以内に撮影されたもの。
  • 縦45ミリ、横35ミリ、ふち無し、下図の寸法を満たしたもの。
  • 正面向き、肩口まで写っているもの、無帽、無背景、影がないもの。
  • カラーでも白黒でも可。
  • デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切なもの。
    顔写真
    《ふさわしくない写真》 詳しくは外務省ホームページをご参照ください。
  • ピントが合っていなかったり、手ブレしてしまったことなどにより画像が不鮮明なもの。
  • 変色していたり影のあるもの。
  • 傷や汚れがあるもの。
  • 眼鏡のフレームが目にかかっているものや眼鏡のレンズに光が反射しているもの。
  • カラーコンタクトを着用したもの。髪が目にかかっているもの。瞳が赤く写っているもの。
  • サングラス、マスク、髪が顔を覆う、襟巻き等をしている、ヘアバンド等髪飾りが目立つ、背景の色などで顔や顔の輪郭の確認がしにくいもの。
  • 椅子等背景があるもの。
  • 背景の色がグラデーションになっているもの。
  • 表情が平常と著しく異なるもの。
  • デジタル写真の場合、ドット(網状の点)やジャギー(階段状のギザギザ模様)、インクのにじみが見られるもの。また、画像ファイルの過剰な圧縮等が原因となってノイズ(画像の乱れ)が発生しているもの、変形やマスキング(縁取り)などの画像処理を施したもの。

本人確認の書類 提示または提出

本人確認書類は、有効な原本に限ります。住所、氏名等の記載事項が現在の状況と正確に一致していることを確認のうえ、お持ちください。
代理人が申請書を提出する場合、申請者本人と代理人それぞれの本人確認書類(原本)が必要です。
小学生以下の方で本人確認書類が用意できない場合、親権のある法定代理人の本人確認書類(原本)をお持ちください。 該当するものがない方は、必ず事前にご相談ください。

1点の提示でよいもの
  • 日本国旅券(失効後6か月以内のものを含む)
  • 運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月以降のもの)
  • マイナンバーカード(個人番号通知カードは不可)、住民基本台帳カード(写真付)
  • 船員手帳、海技免状、小型船舶操縦免許証、猟銃・空気銃所持許可証、宅地建物取引士証、電気工事士免状、無線従事者免許証
  • 官公庁・独立行政法人・特殊法人の身分証明書(写真付)
  • 身体障害者手帳(偽造防止、写真付)
2点の提示または提出が必要なもの(イ+ロ)または(イ+イ)
  • 健康保険証、国民健康保険証、船員保険証、共済組合員証、後期高齢者医療被保険者証、介護保険証
  • 国民年金手帳、国民年金・厚生年金・船員保険の年金証書、共済組合年金証書
  • 印鑑登録証明書とその登録印
  • 失効旅券(失効後6か月を経過したパスポートで本人確認ができるもの)
  • 学生証(写真付、生年月日記載)、生徒手帳(生年月日記載、中学生に限る)、在学証明書
  • 会社の身分証明書(写真付、生年月日記載)
  • 公(おおやけ)の機関が発行した資格証明書(写真付、生年月日記載)
  • 療育手帳、母子手帳(乳幼児に限る)

最後に受け取ったパスポート

以前パスポートを取得したことがある方は、最後に受け取ったパスポートをお持ちください。

紛失等により持ってこれない場合は、申請窓口でその旨を申し出てください。

印鑑

本人確認書類として印鑑登録証明書を提出する場合は、登録印をお持ちください。

上記以外の方も認印(スタンプ式以外)をお持ちください。訂正印として使用する場合があります。

住民票

福島県内に住民登録をしている方は、住民票の提出は不要です。

ただし、1週間以内に住所や氏名を変更した方、住民基本台帳ネットワークの利用を希望しない方は住民票(6か月以内に発行されたもの。個人番号(マイナンバー)の記載のないもの)を1部提出してください。



切替申請

申請は代理の方でもできますが、申請書表面の「所持人自署欄」、「刑罰等関係欄」と裏面の「申請者署名欄」、「申請書類等提出委任申出書欄」は必ず申請者本人が記入してください。
受け取りは必ず申請者本人となります。
パスポートを損傷してしまった方、刑罰等関係欄に該当のある方、居所申請の方は代理申請はできません。
刑罰等関係欄に該当のある方は、必ず申請前に福島県パスポートセンターにお問い合わせください。なお、申請窓口は福島県パスポートセンターのみになります。その他の旅券窓口では申請できませんのでご注意ください。

一般旅券発給申請書 1枚

各旅券窓口に用意しています。記入例はこちら

  • 20歳以上の方は、10年用、5年用のいずれかを選択できます。
  • 20歳未満の方は、5年用に限られます。
    未成年の方が申請する場合、申請書裏面の法定代理人署名欄に親権者本人(父または母)が署名してください。

戸籍抄本または謄本 1部

※ 戸籍の記載内容(氏名、本籍地の都道府県名等)に変更がない方は、戸籍の提出を省略できます。

発行から6か月以内のもの。
同一戸籍の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本の原本1部と同時に申請される人数分のコピー。(全部のページをコピーしたものを人数分用意してください。3人同時に申請する場合は、原本1部、コピー2部となります。)

パスポート用写真 1枚

  • 申請者本人のみが撮影されたもの。
  • 6か月以内に撮影されたもの。
  • 縦45ミリ、横35ミリ、ふち無し、下図の寸法を満たしたもの。
  • 正面向き、肩口まで写っているもの、無帽、無背景、影がないもの。
  • カラーでも白黒でも可。
  • デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切なもの。
    顔写真
    《ふさわしくない写真》 詳しくは外務省ホームページをご参照ください。
  • ピントが合っていなかったり、手ブレしてしまったことなどにより画像が不鮮明なもの。
  • 変色していたり影のあるもの。
  • 傷や汚れがあるもの。
  • 眼鏡のフレームが目にかかっているものや眼鏡のレンズに光が反射しているもの。
  • カラーコンタクトを着用したもの。髪が目にかかっているもの。瞳が赤く写っているもの。
  • サングラス、マスク、髪が顔を覆う、襟巻き等をしている、ヘアバンド等髪飾りが目立つ、背景の色などで顔や顔の輪郭の確認がしにくいもの。
  • 椅子等背景があるもの。
  • 背景の色がグラデーションになっているもの。
  • 表情が平常と著しく異なるもの。
  • デジタル写真の場合、ドット(網状の点)やジャギー(階段状のギザギザ模様)、インクのにじみが見られるもの。また、画像ファイルの過剰な圧縮等が原因となってノイズ(画像の乱れ)が発生しているもの、変形やマスキング(縁取り)などの画像処理を施したもの。

有効期間内のパスポート

有効期間内のパスポートをお持ちください。

印鑑

認印(スタンプ式以外)をお持ちください。訂正印として使用する場合があります。

住民票

福島県内に住民登録をしている方は、住民票の提出は不要です。

ただし、1週間以内に住所や氏名を変更した方、住民基本台帳ネットワークの利用を希望しない方は住民票(6か月以内に発行されたもの。個人番号(マイナンバー)の記載のないもの)を1部提出してください。



記載事項変更申請

 申請は代理の方でもできますが、申請書表面の「所持人自署欄」、「刑罰等関係欄」と裏面の「申請者署名欄」、「申請書類等提出委任申出書欄」は必ず申請者本人が記入してください。
受け取りは必ず申請者本人となります。
刑罰等関係欄に該当のある方、居所申請の方は代理申請はできません。
刑罰等関係欄に該当のある方は、必ず申請前に福島県パスポートセンターにお問い合わせください。なお、申請窓口は福島県パスポートセンターのみになります。その他の旅券窓口では申請できませんのでご注意ください。

一般旅券発給申請書(記載事項変更用) 1枚

各旅券窓口に用意しています。
未成年の方が申請する場合、申請書裏面の法定代理人署名欄に親権者本人(父または母)が署名してください。

戸籍抄本または謄本 1部

発行から6か月以内のもの。
同一戸籍の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本の原本1部と同時に申請される人数分のコピー。(全部のページをコピーしたものを人数分用意してください。3人同時に申請する場合は、原本1部、コピー2部となります。)

パスポート用写真 1枚

  • 申請者本人のみが撮影されたもの。
  • 6か月以内に撮影されたもの。
  • 縦45ミリ、横35ミリ、ふち無し、下図の寸法を満たしたもの。
  • 正面向き、肩口まで写っているもの、無帽、無背景、影がないもの。
  • カラーでも白黒でも可。
  • デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切なもの。
    顔写真
    《ふさわしくない写真》 詳しくは外務省ホームページをご参照ください。
  • ピントが合っていなかったり、手ブレしてしまったことなどにより画像が不鮮明なもの。
  • 変色していたり影のあるもの。
  • 傷や汚れがあるもの。
  • 眼鏡のフレームが目にかかっているものや眼鏡のレンズに光が反射しているもの。
  • カラーコンタクトを着用したもの。髪が目にかかっているもの。瞳が赤く写っているもの。
  • サングラス、マスク、髪が顔を覆う、襟巻き等をしている、ヘアバンド等髪飾りが目立つ、背景の色などで顔や顔の輪郭の確認がしにくいもの。
  • 椅子等背景があるもの。
  • 背景の色がグラデーションになっているもの。
  • 表情が平常と著しく異なるもの。
  • デジタル写真の場合、ドット(網状の点)やジャギー(階段状のギザギザ模様)、インクのにじみが見られるもの。また、画像ファイルの過剰な圧縮等が原因となってノイズ(画像の乱れ)が発生しているもの、変形やマスキング(縁取り)などの画像処理を施したもの。

有効期間内のパスポート

有効期間内のパスポートをお持ちください。

印鑑

認印(スタンプ式以外)をお持ちください。訂正印として使用する場合があります。

住民票

福島県内に住民登録をしている方は、住民票の提出は不要です。

ただし、1週間以内に住所や氏名を変更した方、住民基本台帳ネットワークの利用を希望しない方は住民票(6か月以内に発行されたもの。個人番号(マイナンバー)の記載のないもの)を1部提出してください。



増補申請

申請、受け取りは代理の方でもできます。居所申請の方は代理申請はできませんが、代理受け取りはできます。
代理で申請する場合でも、申請書の「申請者署名欄」は必ず申請者本人が記入してください。

《増補したパスポートのお渡し》

  • パスポートセンター  午後4時までの申請 申請当日(申請時刻からおおむね2時間後にお渡しになります。混雑の程度によってはさらにお時間をいただく場合があります。申請時にお渡し予定時刻をお知らせします。)
                 午後4時以降の申請 翌日以降の業務日
  • その他の旅券窓口  6日目以降の業務日(申請した日を1日目として数えます。)

一般旅券査証欄増補申請書 1枚

各旅券窓口に用意しています。

有効期間内のパスポート

有効期間内のパスポートをお持ちください。

印鑑

認印(スタンプ式以外)をお持ちください。訂正印として使用する場合があります。



紛失届

有効なパスポートを紛失した方、盗難に遭われた方、焼失した方は、遅滞なくその旨を届け出なければなりません。
届出のあったパスポートは失効します。後で見つかっても使用できません。
紛失の届出は代理提出はできません。必ず本人が窓口にお越しください。
紛失届と同時に新しいパスポートの申請(新規申請)もできます。

紛失一般旅券等届出書 1枚

各旅券窓口に用意しています。 

写真 1枚

  • 申請者本人のみが撮影されたもの。
  • 6か月以内に撮影されたもの。
  • 縦45ミリ、横35ミリ、ふち無し、下図の寸法を満たしたもの。
  • 正面向き、肩口まで写っているもの、無帽、無背景、影がないもの。
  • カラーでも白黒でも可。
  • デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切なもの。
    顔写真
    《ふさわしくない写真》 詳しくは外務省ホームページをご参照ください。
  • ピントが合っていなかったり、手ブレしてしまったことなどにより画像が不鮮明なもの。
  • 変色していたり影のあるもの。
  • 傷や汚れがあるもの。
  • 眼鏡のフレームが目にかかっているものや眼鏡のレンズに光が反射しているもの。
  • カラーコンタクトを着用したもの。髪が目にかかっているもの。瞳が赤く写っているもの。
  • サングラス、マスク、髪が顔を覆う、襟巻き等をしている、ヘアバンド等髪飾りが目立つ、背景の色などで顔や顔の輪郭の確認がしにくいもの。
  • 椅子等背景があるもの。
  • 背景の色がグラデーションになっているもの。
  • 表情が平常と著しく異なるもの。
  • デジタル写真の場合、ドット(網状の点)やジャギー(階段状のギザギザ模様)、インクのにじみが見られるもの。また、画像ファイルの過剰な圧縮等が原因となってノイズ(画像の乱れ)が発生しているもの、変形やマスキング(縁取り)などの画像処理を施したもの。

紛失または焼失を立証する書類 1通

次のいずれかを提出してください。

  • 盗難または紛失
     警察に盗難届または遺失届を提出したことを証明する書類(証明がない場合は、警察への届出年月日、届出警察署、届出受理番号を控えてきてください。)
     自宅で紛失し、盗難のおそれがなく警察に届出しなかっ場合は、申請の際に紛失の理由を詳しく記述していただきます。
  • 焼失または津波等による流失 罹災証明書

本人確認の書類 提示または提出

本人確認書類は、有効な原本に限ります。住所、氏名等の記載事項が現在の状況と正確に一致していることを確認のうえ、お持ちください。

1点の提示でよいもの
  • 運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月以降のもの)
  • マイナンバーカード(個人番号通知カードは不可)、住民基本台帳カード(写真付)
  • 船員手帳、海技免状、小型船舶操縦免許証、猟銃・空気銃所持許可証、宅地建物取引士証、電気工事士免状、無線従事者免許証
  • 官公庁・独立行政法人・特殊法人の身分証明書(写真付)
  • 身体障害者手帳(偽造防止、写真付)
2点の提示または提出が必要なもの(イ+ロ)または(イ+イ)
  • 健康保険証、国民健康保険証、船員保険証、共済組合員証、後期高齢者医療被保険者証、介護保険証
  • 国民年金手帳、国民年金・厚生年金・船員保険の年金証書、共済組合年金証書
  • 印鑑登録証明書とその登録印
  • 失効旅券(失効後6か月を経過したパスポートで本人確認ができるもの)
  • 学生証(写真付、生年月日記載)、生徒手帳(生年月日記載、中学生に限る)、在学証明書
  • 会社の身分証明書(写真付、生年月日記載)
  • 公(おおやけ)の機関が発行した資格証明書(写真付、生年月日記載)
  • 療育手帳、母子手帳(乳幼児に限る)

印鑑

本人確認書類として印鑑登録証明書を提出する場合は、登録印をお持ちください。

上記以外の方も認印(スタンプ式以外)をお持ちください。訂正印として使用する場合があります。

住民票

福島県内に住民登録をしている方は、住民票の提出は不要です。

ただし、1週間以内に住所や氏名を変更した方、住民基本台帳ネットワークの利用を希望しない方は住民票(6か月以内に発行されたもの。個人番号(マイナンバー)の記載のないもの)を1部提出してください。

戸籍

現在の氏名や本籍の都道府県名が、紛失したパスポートと違う場合は戸籍の提出が必要です。(紛失届と同時に新規申請をする場合には不要です。新規申請書に戸籍を添付することになります。)



居所申請

パスポートは住民登録のある都道府県で申請することが原則です。一定の要件を満たせば例外的に、福島県外に住民登録をしている方が、実際に居住している福島県で申請を行うことができます。
必ず本人が窓口にお越しください。代理申請はできません。
通常の申請に必要な書類のほかに、居所申請の対象者であること、居所が確認できる次の書類の提示または提出が必要になります。

学生、生徒 (通常の申請に必要な書類のほかに、次の書類の提示または提出が必要です。)

  1. 住民票(6か月以内に発行されたもの。)
  2. 学生証(氏名、生年月日、写真付き)または在学証明書
  3. 居所の確認ができる次のいずれかの書類(原本をお持ちください。学生証や在学証明書に居所が記載されているときは不要です。)
    ・居所に郵送された申請者宛の消印のある最新の官公庁発出の郵便物または公共料金の請求書 1通以上
    ・居所に郵送された申請者宛の消印のある最新の私信 2通以上
    ・居所の住居の賃貸契約書(借受人が本人名義または居住者が本人であることが記載されていること。)

単身赴任者、季節労働者、長期出張者 (通常の申請に必要な書類のほかに、次の書類の提示または提出が必要です。)

  1. 住民票(6か月以内に発行されたもの。)
  2. 社員証・会社の身分証明書(氏名、生年月日、写真付き)または在職証明書(在職証明書の様式はこちら [PDFファイル/60KB]
  3. 居所の確認ができる次のいずれかの書類(原本をお持ちください。社員証や会社の身分証明書に居所が記載されているときは不要です。在職証明書を提出する場合も不要です。)
    ・居所に郵送された申請者宛の消印のある最新の官公庁発出の郵便物または公共料金の請求書 1通以上
    ・居所に郵送された申請者宛の消印のある最新の私信 2通以上
    ・居所の住居の賃貸契約書(借受人が本人名義または居住者が本人であることが記載されていること。)

一時帰国者 (通常の申請に必要な書類のほかに、次の書類の提示または提出が必要です。)

  1. 居所申請申出書(各旅券窓口に用意しています。居所申請申出書の様式 [PDFファイル/58KB]。)
  2. 一時帰国者であることが確認できる次の書類のうちいずれか1点
    ・在留国の査証または再入国許可のあるパスポート
    ・在留国の外国人登録証
    ・在留国の永住証明書
    ・在留国の再入国許可証
    ・その他在留国政府が滞在を許可することを証明する公文書
    ・上記のいずれも提示できない場合は戸籍の附票(本籍のある市町村から取得してください。)


福島県パスポートセンターのご案内

交通・アクセス

  • 福島市三河南町1-20 コラッセふくしま1階
     JR福島駅(東北新幹線、東北本線、奥羽本線)西口より徒歩3分(西口を背に右手にお進みください。)
     東北自動車道 福島西IC、福島飯坂ICから車で約15分
  • 駐車場
     コラッセふくしま利用者の専用駐車場が道路向かい側にあります。
     「コラッセふくしま駐車場」と「他の駐車場」の入り口が並んでいますので、「コラッセふくしま駐車場」の看板のある駐車場をご利用願います。詳しくはコラッセふくしまのホームページをご覧ください。
     「コラッセふくしま駐車場」は最初の30分まで無料です。パスポート申請で30分を超える場合は無料駐車券をお渡ししますので、窓口に駐車券を提示してください。他の駐車場をご利用の場合は有料となりますので、ご了承ください。

         コラッセふくしま駐車場入り口の写真  コラッセふくしま駐車場の入り口の写真2

受付時間

申請

月曜日~金曜日 午前9時00分~午後6時00分
 ※ 日曜日は申請受付はおこなっておりません。

受取

月曜日~金曜日 午前9時00分~午後7時00分
日曜日       午前9時00分~午後5時00分

休業日

土曜日、国民の祝日、年末年始(12月29日~1月3日)
 ※ 国民の祝日が日曜日と重なった場合は、業務を行います。振替休日が休みになります。

窓口が混雑する時期や時間帯

  • 時期
    年末年始休業日の前後、ゴールデンウィーク、お盆、シルバーウィークの時期は混み合います。迅速な受付に努めていますが長時間お待ちいただく場合もありますので、ご了承願います。渡航日程に余裕がある方はこの時期を避けて申請にお越しくださるようお願いします。
  • 曜日
    月曜日、祝日の翌日、連休の合間は終日混み合います。金曜日は午後が混み合います。
  • 時間帯
    午後0時~午後1時、午後5時~午後6時の時間帯が混み合います。

申請に関する相談、申請書や申請案内の配布

受付時間帯であれば、パスポートの申請に関する相談もできます。
申請書や申請案内は、窓口シャッター外側の書類ラックに備え付けてあります。ご自由にお持ちください。受付時間外でもコラッセふくしまの開館時間帯(午前8時~午後9時)であれば持ち帰ることができます。


パスポートQ&A

  1. 戸籍はどこで取得するのですか。
  2. パスポートの有効期間が土曜日に切れるのですが、申請を月曜日にする場合、戸籍謄(抄)本の提出は必要ですか。
  3. 婚姻届を出したばかりで戸籍がまだできていません。申請はできますか。
  4. パスポートの申請窓口の近くで写真は撮れますか。
  5. スピード写真やデジタルカメラで撮った写真はパスポート用に使えますか。
  6. カラーコンタクトレンズを装着している写真で申請をすることはできますか。
  7. 小学生が所持人自署に戸籍どおりに署名ができない場合は。
  8. 子どもの本人確認書類が健康保険証しかありませんが、もう1点必要ですか。
  9. 運転免許証の住所を変更していませんが、本人確認書類として使えますか。
  10. パスポートの申請を代理人に頼むことはできますか。
  11. もうすぐパスポートが切れるので申請する予定ですが、パスポート番号は変わるのですか。
  12. パスポートの受け取り前にパスポート番号を教えてもらうことはできますか。
  13. 前に取得したパスポートが見あたりません。パスポートを持ってこないで申請はできますか。
  14. ビザ(査証)は、パスポート窓口で申し込めますか。
  15. パスポートの申請から受取りをしないまま失効し、再度、申請したい場合はどのような手続きになりますか。

Q1 戸籍はどこで取得するのですか。

A1 本籍のある市町村で取得してください。遠方で取りに行けない場合は、郵送による取得もできます。詳しくは本籍のある市町村へお問い合わせ願います。福島県内の市町村の連絡先

※福島市に本籍がある方は、パスポートセンター窓口に隣接する福島市西口行政サービスコーナーで取得できます。
※戸籍の提出は新規申請記載事項変更申請の場合は必須です。切替申請の場合は、パスポート記載の氏名と本籍のある都道府県に変更がないときは戸籍の提出を省略できます。

Q2 パスポートの有効期間が土曜日に切れるのですが、申請を月曜日にする場合、戸籍謄(抄)本の提出は必要ですか。

A2 有効期間が切れる日が閉庁日にあたる場合、その次の最も近い開庁日の申請が有効期間内の申請とみなされますので、戸籍謄(抄)本の提出は不要です。

Q3 婚姻届を出したばかりで戸籍がまだできていません。申請はできますか。

A3 新しい戸籍ができてからの申請では旅行に間に合わない場合には、戸籍の代わりに婚姻届を出した役所の「婚姻受理証明書」(有料)で申請できます。この場合、パスポートを受け取るときに新しい戸籍を提出していただきます。

Q4 パスポートの申請窓口の近くで写真は撮れますか。

A4 南会津以外の窓口では、それぞれ窓口のある建物内の売店でパスポート用写真が撮れます。
   ・パスポートセンター コラッセふくしま売店
   ・郡山、白河、会津若松、南相馬、いわきの各窓口 県合同庁舎内売店
   ※南会津窓口で申請される方は、写真を持ってきてください。

Q5 スピード写真やデジタルカメラで撮った写真はパスポート用に使えますか。

A5 パスポート用写真の規格(サイズや写り具合)にあっていれば使えます。パスポート用写真の規格   ご自身で撮影するスピード写真やデジタルカメラの場合、次のような写真が多く見受けられます。このような写真は撮り直しをお願いしております。ご注意ください。
   ・顔や背景に影がある。顔半分が影になっている。(照明が不適切)
   ・眼鏡のフレームが目にかかっている。照明が眼鏡に反射している。色つきのレンズ。
   ・髪が目にかかっている。髪で頬の輪郭がかくれている。
   ・画質が荒い。(カメラの画素数が少ない。暗い場所で撮影した。写真用印画紙を使用しなかった。)
   ・画像が不鮮明。(ピンぼけ。手ぶれ。被写体ぶれ。)

Q6 カラーコンタクトレンズを装着している写真で申請をすることはできますか。

A6 カラーコンタクトレンズを装着した写真は、出入国審査等の本人確認で疑義を持たれる可能性があり、適当でないことから、撮り直しをお願いしています。

Q7 小学生が所持人自署に戸籍どおりに署名ができない場合は。

A7 申請書の「所持人自署」欄には、戸籍通りに記入する必要はありません。本人が、漢字、仮名書き、ローマ字などで、いつでもかける文字で書いてください。

Q8 子どもの本人確認書類が健康保険証しかありませんが、もう1点必要ですか。

A8 次のものをご準備ください。
   1 乳幼児  健康保険証+母子手帳またはこども医療受給資格者証
   2 小学生  健康保険証+こども医療受給資格者証(準備できない場合で、親権者が申請または申請に同行する場合に限り、親権者の運転免許証)
   3 中学生  健康保険証+生徒手帳(氏名、生年月日が記載されているもの)またはこども医療受給資格者証
   4 高校生  健康保険証+学生証(氏名、生年月日が記載され、顔写真が貼付されているもの)またはこども医療受給資格者証

Q9 運転免許証の住所を変更していませんが、本人確認書類として使えますか。

A9 本人確認書類のための書類は、氏名、生年月日、性別、住所等の記載事項が申請書と一致している必要があります。住所が変わったのであれば、事前に所轄の警察署で運転免許証の住所を変更してからお越しください。

Q10 パスポートの申請を代理人に頼むことはできますか。

A10 パスポート申請書の裏面の「申請書類等提出委任申出書」に申請者本人が記入して代理人を指定することで代理提出ができます。なお、法定代理人(未成年の親権者など)が代理申請する場合は記入不要です。
  代理提出の場合、申請者の本人確認書類を原本でお持ちいただくとともに、代理人の本人確認書類の原本提示が必要になります。
  また、居所申請紛失届、前回パスポートを申請したが受け取らなかった方は代理申請はできません。

Q11 もうすぐパスポートが切れるので申請する予定ですが、パスポート番号は変わるのですか。

Q11 パスポートは申請の都度、新たに発行されますので、パスポート番号も全く新しいものになります。また、記載事項変更申請により発行されるパスポート番号も同様です。

Q12 パスポートの受け取り前にパスポート番号を教えてもらうことはできますか。

A12 パスポートのお渡し前は、番号が確定していないため問い合わせがあってもお伝えできません。お受け取り後にご自身でご確認いただくことになります。

Q13 前に取得したパスポートが見あたりません。パスポートを持ってこないで申請はできますか。

A13 有効期間内のパスポートをお持ちの方は、必ず持ってきてください。紛失の場合はこちらをご覧ください。
   有効期間が切れている場合は、持ってこなくても申請できます。窓口でその旨を申し出てください。

Q14 ビザ(査証)は、パスポート窓口で申し込めますか。

A14 ビザは、外国人に対して入国を容認する当事国が発行するものですので、旅券事務所では取り扱っていません。渡航先の在日大使館、総領事館にお問い合わせください。お問い合わせ先の在日外国公館は、外務省ホームページをご覧ください。

Q15 パスポートの申請から受取りをしないまま失効し、再度、申請したい場合はどのような手続きになりますか。

A15 前回申請した旅券が過去1年以内に未交付失効となった場合、新たに申請いただく際には「未交付失効旅券届出書」を提出いただき、新たに申請された旅券を必ず受け取ることを誓約していただきます。


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。