ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 旅券室 > 旅券(パスポート)の申請

旅券(パスポート)の申請

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年6月17日更新

 旅券(パスポート)の申請

★「申請案内」(PDFファイル)はこちらをクリックしてください。

申請案内(1ページ目/申請に必要な書類) [PDFファイル/2.52MB]

申請案内(2・3ページ目/記入例) [PDFファイル/1.61MB]

申請案内(4ページ目/注意点、手数料、窓口案内) [PDFファイル/2.52MB]

★お知らせ

●<ご注意下さい>日曜日はパスポートセンターにて交付のみ行っております。申請はできません。各窓口の業務日等詳細はこちらをご参照下さい。

●「マイナンバーカード(個人番号カード)」は本人確認書類(1点の提示でよいもの)として使用できます。「通知カード」については、本人確認書類として使用できませんのでご注意ください。

ダウンロード申請書は当面、国外(海外の大使館や総領事館)においての申請のみのご利用となりますのでご注意ください。(外務省ホームページのリンク)

平成27年11月25日以降、機械読取式でない旅券の取扱い等が変更されます。(外務省ホームページのリンク)

不正取得防止のため審査強化中(PDF 253KB)不正取得防止のため審査強化中

〔重要〕アメリカへ旅行される方へ 2009年1月12日からアメリカの入国制度が大きく変更されます。(PDF:171KB)

  外務省渡航関連情報リンク集(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/index.html)

 

パスポートセンター(コラッセふくしま)の駐車場について

「コラッセふくしま」利用者専用駐車場をご利用ください。

旅券(パスポート)の申請

福島県で申請できるのは、原則として福島県に住民登録している方です。

旅券窓口と業務時間

福島県内のパスポート窓口は、パスポートセンターのほか県内6箇所の県合同庁舎にあります。

■氏名・本籍地・住所の変更

パスポートに書いてある事項(氏名、本籍地など)に変更が生じた場合は、そのパスポートを返納して、新規発給申請により新たな旅券に切り替えができます。また、申請者の希望により、有効期間を申請にあたり返納する旅券の残存有効期間と同一とする記載事項変更旅券の申請を選択することもできます。なお、住所に変更が生じた場合は、パスポートの記載事項ではないので訂正手続は不要ですが、パスポートの最終ページにある「所持人記入欄」は、ご自分で訂正してください。

■パスポートを紛失(焼失)した場合

旅券を紛失、焼失した場合は紛失一般旅券等届出書を届け出る必要があります。届出があったとき、そのパスポートは失効します。また、新たにパスポートの発給を受けたい場合は、紛失一般旅券等届出書を届け出ると同時にパスポートの新規申請をすることができます。


福島県パスポートセンター(コラッセふくしま)の駐車場について

「コラッセふくしま」利用者の専用駐車場が道路向かい側にあります。(青い看板が目印、約100台駐車可)

コラッセふくしま地図

※駐車場は30分まで無料、旅券申請の場合は1時間まで無料となります。駐車券を窓口に提示してください。

※『「コラッセふくしま」利用者専用駐車場』の入口と、『他の駐車場』の入口が並んでいますので、ご利用の際は駐車場入口で下記の看板をご確認ください。『他の駐車場』をご利用の場合、有料となりますので、ご了承ください。

駐車場入口案内板駐車場入口案内板

駐車場入口ゲート設置看板駐車場入口ゲート設置看板


旅券(パスポート)の申請

一般の方が発給を受けられる旅券は一般旅券です。一般旅券には有効期間が5年のものと成人のみが選択できる有効期間10年のものがあり、発行手数料が異なります。

申請から発行までの日数

  1. 福島県パスポートセンターで申請・受領する場合…申請の日から5日目(土曜・日曜・祝祭日を除く)
  2. 各合同庁舎窓口で申請・受領する場合…申請の日から8日目(土曜・日曜・祝祭日を除く)
  3. 福島県パスポートセンターで申請して各合同庁舎窓口で受領する場合、または各合同庁舎窓口で申請して福島県パスポートセンターで受領する場合…申請の日から7日目(土曜・日曜・祝祭日を除く)

手数料

 5年旅券…11,000円 (収入印紙9,000円分+福島県収入証紙2,000円分)

  ※12歳未満は6,000円(収入印紙4,000円分+福島県収入証紙2,000円分)

 10年旅券…16,000円(収入印紙14,000円分+福島県収入証紙2,000円分)

  ※20歳以上の成人は旅券申請の際5年旅券にするか、10年旅券にするか選択することができます。20歳未満の未成年者は5年旅券のみとなります。

  ※手数料は旅券の受領の際に必要です。収入印紙と収入証紙は、旅券引換証(受領証)の所定の位置に貼っていただきます。

申請に必要な書類

※必要書類はすべて原本をお持ちください。

一般旅券発給申請書1枚(各旅券窓口に用意しています。) 
戸籍抄(謄)本

発行日から6ヶ月以内に取得したもの※有効期間内の旅券を切り替える場合で戸籍の記載内容(氏名、本籍地の都道府県名等)に変更がない方は、提出を省略できます。ただし、法定代理人の確認のためなど、未成年の方は省略できない場合があります。

1通
(住民票)

※ 平成15年4月1日から住基ネットが利用できるようになり、福島県内のパスポート窓口で申請する際には、原則として、住民票の写しの提出が不要となります。

※住基ネットを利用する場合、住所・氏名・性別・生年月日で確認させていただきます。

※福島県内に住民票がない方や1週間以内に住所・氏名を変更した方などが申請する場合は、住民票を提出していただく必要があります。

※住民票を提出される場合はマイナンバー(個人番号)の記載のない、発行日から6か月以内のものをご準備下さい。

 
パスポート用写真

(ア)申請者本人のみが撮影されたもの。

(イ)6か月以内に撮影されたもの。

(ウ)縦45ミリ×横35ミリふち無し、下図の寸法を満たしたもの。

(エ)正面向き、肩口まで写っているもの、無帽、無背景、影がないもの。

(オ)カラーでも白黒でも可。

(カ)デジタル写真の場合、写真専用紙等を使用し、画質が適切であるもの。

パスポート申請用写真の規格

<ふさわしくない写真の例>

  • ピントが合っていなかったり、手ブレしてしまったことなどにより画像が不鮮明なもの。
  • 変色していたり影のあるもの。
  • 傷や汚れがあるもの。
  • 眼鏡のフレームが目にかかっているものや眼鏡のレンズに光が反射しているもの。
  • カラーコンタクトを着用したもの。髪が目にかかっているもの。瞳が赤く写っているもの。
  • サングラス、マスク、髪が顔を覆う、襟巻き等をしている、ヘアバンド等髪飾りが目立つ、背景の色などで顔の確認がしにくいもの。
  • 椅子等背景があるもの。
  • 表情が平常と著しく異なるもの
  • デジタル写真の場合、ドット(網状の点)やジャギー(階段状のギザギザ模様)、インクのにじみが見られるもの。また、画像ファイルの過剰な圧縮等が原因となってノイズ(画像の乱れ)が発生しているもの、変形やマスキング(縁取り)などの画像処理を施したもの
1枚
本人確認のための書類

(ア)次のものの場合は1点

日本国旅券(失効後6か月以内のものを含む)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月以降のもの)、※マイナンバーカード(個人番号カード)、写真付の住民基本台帳カード、船員手帳、海技免状(かいぎめんじょう)、小型船舶操縦免許証、猟銃・空気銃所持許可証、戦傷病者手帳、宅地建物取引士証、電気工事士免状、無線従事者免許証、官公庁・独立行政法人・特殊法人職員の写真付身分証明書、写真付の身体障害者手帳(写真貼替え防止がなされているもの)、航空従事者技能証明書等省令に定める免許証等

(イ)次のものの場合は2点{(a+b)または(a+a)}

a 健康保険証、国民健康保険証、船員保険証、共済組合員証、後期高齢者医療被保険者証、介護保険被保険者証、国民年金手帳、国民年金・厚生年金・船員保険の年金証書、共済組合年金証書、恩給証書、印鑑登録証明書とその登録印

b 失効した旅券、療育手帳、学生証(写真付・生年月日等あり、会社の身分証明書、公(おおやけ)の機関が発行した資格証明書で、いずれも写真が添付されていて生年月日等のあるもの、在学証明書(学校教育法第1条に規定する学校が発行したものに限る)、母子手帳(乳幼児に限る)

※マイナンバー(個人番号)制度の開始に伴い、平成27年10月5日以降に住民登録をしている市町村から送付される「通知カード」については、本人確認書類として使用できませんのでご注意ください。平成28年度1月以降、交付が開始される「マイナンバーカード(個人番号カード)」については、本人確認書類として使用できます(各カードの詳細につきましては総務省ホームページを参照してください。総務省ホームページはこちら)。

※※ご不明の点があればお問い合わせください。

 
旅券

最後に受け取った旅券

(ア)有効期間内の旅券(パスポート)を切替申請する場合には、必ず提出してください。

(イ)失効している場合でも、その旅券(パスポート)をお持ちください。

 
印鑑

(ア)本人確認書類として印鑑登録証明書を提出する場合は、登録印をお持ちください。

(イ)訂正印(スタンプ式以外の認印)をご準備ください。

 

ご注意いただきたい場合

○申請者に代わって代理の方が申請書を提出する場合(なお、受領の際は必ず本人が来てください。)

  1. 申請者本人が必要事項を記入した上で、申請書の提出を代理人が行うことができます。ただし、有効期間のある旅券を紛失、焼失、汚損等した場合や、刑罰等関係に該当のある方の申請については、申請者本人に申請していただくことになります。
  2. 申請書類を提出する場合、申請書裏面の「申請書類等提出委任申出書」の記入が必要になります。なお、未成年者の申請書類の提出を法定代理人の方がする場合には記入は不要です。申請者本人は申請者記入欄の「申請者署名」「引受人氏名・住所」「申請者との関係」を記入してください。代理人は引受人記入欄の「引受人署名」「生年月日」「連絡先電話番号」を記入してください。
  3. 申請者本人の身元確認のための書類の他、代理人の身元確認の書類が必要です(一般旅券の申請参照)。
  4. 代理人が、旅行業者の場合には、申請書裏面の「申請書類等提出委任申出書」の「引受人住所」に支店・営業所の所在地、「申請者との関係」に旅行業者名(支店・営業所名)を記入してください。
  5. 5人以上まとめて代理・団体で申請また交付を希望する場合は、予約をしてください。

○旅券の有効期限内に申請(切替申請)する場合(次の場合に限ります。)

  1. 残りの有効期限が1年未満となったとき。
  2. 査証欄に余白がなくなったとき。(査証欄は1回に限り増補もできます。)
  3. 旅券の記載事項に変更があったとき。

 ※有効中の旅券を必ず提出してください。

○未成年(20歳未満)または成年被後見人が申請する場合

申請書裏面の「法定代理人(ほうていだいりにん)署名欄」に親権者本人(父または母)または後見人が署名してください。

○刑罰等関係に該当する場合

「刑罰等関係」の項目に該当する方は、必ず申請前に「福島県パスポートセンター」にお問い合わせください。

○福島県外に住所のある方が、福島県の窓口で申請したい場合

学生、単身赴任の方など、福島県内に一時的に居所(きょしょ)を定めている方も、福島県内で旅券の発給申請等をすることができる場合がありますので、該当する方は申請前に窓口にお問い合わせください。


旅券窓口と業務時間

※土曜日・祝祭日・年末年始(12月29日~1月3日)はお休みです。

※日曜日の交付業務はパスポートセンターのみ。日曜日と祝祭日が重なる場合には交付業務を行ないます。

※1月1日は年末年始の休日のため、日曜日と祝祭日が重なる場合でもお休みとなります。

旅券窓口所在地業務日業務時間
福島県パスポートセンター

〒960-8053

福島市三河南町1-20コラッセふくしま1階

Tel 024-525-4032(直通)

申請:月曜日~金曜日

交付:日曜日~金曜日

申請:月曜日~金曜日

9時~18時

交付:月曜日~金曜日

9時~19時

交付:日曜日

9時~17時

郡山窓口

〒963-8540

郡山市 麓山(はやま)1-1-1

県中地方振興局(郡山合同庁舎内)

Tel 024-935-1222

月曜日~金曜日

申請:月曜日~金曜日

8時45分~16時

交付:月曜日~金曜日

8時45分~16時30分

白河窓口

〒961-0971

白河市昭和町269

県南地方振興局(白河合同庁舎1階)

Tel 0248-23-1508

月曜日~金曜日

申請:月曜日~金曜日

8時45分~16時

交付:月曜日~金曜日

8時45分~16時30分

会津若松窓口

〒965-8501

会津若松市追手町7-5

会津地方振興局(会津若松合同庁舎1階)

Tel 0242-29-5220

月曜日~金曜日

申請:月曜日~金曜日

8時45分~16時

交付:月曜日~金曜日

8時45分~16時30分

南相馬窓口

〒975-0031

南相馬市原町区錦町1-30

相双地方振興局(南相馬合同庁舎1階)

Tel 0244-26-1119

月曜日~金曜日

申請:月曜日~金曜日

8時45分~16時

交付:月曜日~金曜日

8時45分~16時30分

いわき窓口

〒970-8026

いわき市平字梅本(あざうめもと)15

いわき地方振興局(いわき合同庁舎1階)

Tel 0246-24-6010

月曜日~金曜日

申請:月曜日~金曜日

8時45分~16時

交付:月曜日~金曜日

8時45分~16時30分

南会津窓口

〒967-0004

南会津町田島字(たじまあざ)根小屋甲4277-1

南会津地方振興局(南会津合同庁舎2階)

Tel 0241-62-2062

水曜日のみ

(水曜日が祝祭日のときは翌日)

申請:水曜日

9時45分~15時

交付:水曜日

9時45分~15時30分

旅券(パスポート)の受領

受領できるのは、年齢に関係なく申請者本人だけです。代理人による受領は認められません。必ず申請者ご本人が直接窓口においでになり、旅券(パスポート)をお受け取りください。

受領に必要なもの

  1. 旅券引換証(受領証)
  2. 手数料額分の収入印紙・収入証紙
  3. その他申請時に指定されたものがある場合には指定された書類

受領後のご注意

1、「旅券(パスポート)は命の次に大切なものです。紛失・盗難・汚損のないよう大切に扱いましょう。」

旅券(パスポート)は、日本国政府が外国政府に対して、その所持人が日本国民であることを証明し,併せて渡航者が支障なく安全に旅行できるよう、必要な保護と扶助を与えることを要請する公文書で国の財産です。また、旅券は,日本及び外国の出入国、通関手続、外貨の購入、外国のホテルでのチェックインなどで提示を求められるほか、渡航中の事件・事故などにより保護・援助を受けようとする場合にも必要となります。

2、海外旅行の安全に関する情報は次の所で入手できます。

(1)外務省海外安全ホームページhttp://www.anzen.mofa.go.jp/

(2)外務省領事サービスセンタ ー  (海外安全担当)Tel (代)03-3580-3311(内線2902または2903)http://www.anzen.mofa.go.jp/about_center/index.html

(3)外務省渡航関連情報リンク集http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/index.html

関連リンク

国際交流

 

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方はダウンロード(無償)をお願いいたします。Adobe Readerのダウンロードへ


<連絡先>旅券室〒960-8053 福島市三河南町1-20 コラッセふくしま1階電話:024-525-4032 Fax:024-525-4018 passport@pref.fukushima.lg.jp


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)