ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 障がい者総合福祉センター > 中途失明者緊急生活訓練事業について説明します

中途失明者緊急生活訓練事業について説明します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年7月10日更新

中途失明者緊急生活訓練事業について

 中途失明者及びロービジョン(低視覚)者に対して、日常生活等を送るために必要な諸能力の回復又は向上を図ることを目的として、生活講習会及び歩行訓練を実施しています。 

生活講習会

福祉用具展示 ・ 福祉相談

視覚障がい者相談会と同時開催で、年7回、7方部で実施します。
視覚障がい者相談会については、こちらをご覧下さい。

ロービジョン支援体験講習会保健・福祉・医療・教育機関においてロービジョン支援に携わる方、また、視覚障がい者の御家族・支援者・介護事業従事者等を対象に年1回講習会を開催します。ことしは、いわき市小名浜「いわき・ら・ら・ミュウ」で開催します。詳しくはこちらのチラシ [PDFファイル/140KB]をご覧下さい。

在宅生活訓練
 専門の指導者が個別に訪問し、歩行訓練の他、日常生活動作や点字・パソコン等生活に必要な訓練を希望に応じて実施しています。
 詳しくは、こちらのチラシ [PDFファイル/252KB]をご覧下さい。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)