ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 水田畑作課 > 全量全袋検査のスクリーニング検査器

全量全袋検査のスクリーニング検査器

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年2月28日更新

スクリーニング検査で使用している検査器

福島県の全量全袋検査で使用している検査器は「ベルトコンベア式放射性セシウム濃度検査器」です。

福島県で導入したベルトコンベア式放射性セシウム濃度検査器は、スクリーニング法に基づき検査を行うために開発された最新の検査機器です。

スクリーニング法とは

厚生労働省で定めている「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」のこと。
食品衛生法に定める基準値100Bq(ベクレル)/kgを確実に下回るものを迅速に判別することができる検査方法を定めている。

  スクリーニング検査器の種類

  スクリーニング検査器のシンチレータの種類                                                       

全量全袋検査のスクリーニング検査◀ ▶全量全袋検査に関するスクリーニングレベルの説明