ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

食品衛生

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月27日更新

食品営業等の営業許可

次の業種を営業される方は、事前に営業許可の申請を行い、食品衛生法に基づく許可を受けなければなりません。

  • 飲食店営業
  • 喫茶店営業
  • 菓子製造業
  • あん類製造業
  • アイスクリーム類製造業
  • 乳処理業
  • 特別牛乳搾取処理業
  • 乳製品製造業
  • 集乳業
  • 乳類販売業
  • 食肉処理業
  • 食肉販売業
  • 食肉製品製造業
  • 魚介類販売業
  • 魚介類せり売営業
  • 魚肉ねり製品製造業
  • 食品の冷凍又は冷蔵業
  • 食品の放射線照射業
  • 清涼飲料水製造業
  • 乳酸菌飲料製造業
  • 氷雪製造業
  • 氷雪販売業
  • 食用油脂製造業
  • マーガリン又はショートニング製造業
  • みそ製造業
  • 醤油製造業
  • ソース類製造業
  • 酒類製造業
  • 豆腐製造業
  • 納豆製造業
  • めん類製造業
  • そうざい製造業
  • 缶詰又は瓶詰食品製造業
  • 添加物製造業

※各業種の営業に当たっては、福島県食品衛生法施行条例に基づく施設基準に合致した施設を設ける必要があります。

営業許可申請に必要な書類(印鑑はいりません)

  • 営業許可申請書、食品衛生責任者設置届(当所に備えてあります)
  • 定款、履歴事項証明等、法人を確認出来る書類(法人で申請する場合)
  • 施設の平面図(寸法等記入してください)
  • 食品衛生責任者となるための資格を証するもの

詳しくは、衛生推進課食品衛生チームにお問い合わせください。

食品衛生責任者とは

 食品に由来する事故を未然に防止するため、営業者は施設毎に衛生管理の責任者として食品衛生責任者を定めておくことが義務づけられています。

  1. 食品衛生にかかる管理運営を実施する。
  2. 従事者の健康管理と食品衛生上必要な衛生教育を実施する。
  3. 食品衛生上の危害の発生の防止について、施設の衛生管理の方法について営業者に意見を具申する。
  4. 定期的に講習会等を受講し、食品衛生に関する新しい知見の習得に努める。

食品衛生責任者になるためには

 調理師・製菓衛生師・栄養士等の資格を有している方は、営業者の指名を受けて食品衛生責任者になることができますが、資格がない方については、「食品衛生責任者養成講習会」を受講することで食品衛生責任者になることができます。
 食品衛生責任者養成講習会は県の指定を受けた公益社団法人福島県食品衛生協会が行っています。お申し込み、お問い合わせは公益社団法人福島県食品衛生協会へお願いします。

 受講のお申し込み・お問い合わせ先

 ● 公益社団法人福島県食品衛生協会
   (食品衛生協会について→講習会→食品衛生責任者養成講習会)

 または、

 ● 福島県北食品衛生協会 事務局
   福島市御山町8-30 県北保健福祉事務所内
   電話番号:024-531-1328

 なお、県北地区での開催日程は次のとおりです。 

  • 平成29年4月28日(金曜日)
  • 平成29年7月21日(金曜日)
  • 平成29年9月15日(金曜日)
  • 平成29年11月22日(水曜日)
  • 平成30年2月23日(金曜日)
    ※都合により変更になる場合があります。

 ご不明な点があれば福島県北食品衛生協会事務局へお問い合わせください。

 

食品衛生責任者の届出

  • 食品衛生責任者設置(変更)届
  • 資格を証明する書面(調理師免許や食品衛生責任者養成講習会修了証書など)の写し

また、食品衛生責任者が変更になった場合は、速やかに届出をする必要があります。

  • 食品衛生責任者設置(変更)届        WORD        PDF 

関連情報

 食の安全取組の店


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)