ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 教育委員会トップページ > 「ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業ワークショップ」(令和2年8月1日・12日)

「ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業ワークショップ」(令和2年8月1日・12日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年8月20日更新

ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業ワークショップ

 8月1日に福島市、8月12日に富岡町において、「ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業ワークショップ」を開催しました。
 福島市では福島県企画調整部企画調整課長 高橋洋平 氏、富岡町では福島大学うつくしまふくしま未来支援センター 特任教授 天野和彦 氏がそれぞれ講演を行い、参加者は日頃の体験や考えていることと講演のテーマを織り交ぜながらステキな十七字の作品を作りました。また、福島市開催では、北海道の札幌新陽高等学校、福島県立ふたば未来学園高等学校をリモートで結び、会場の参加者と意見を共有しました。

 ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業ワークショップ1 ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業ワークショップ2
 ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業ワークショップ3 ふくしまを十七字で奏でよう絆ふれあい支援事業ワークショップ4