ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 分類でさがす > しごと・産業 > 農林水産業 > 林業 > 福島県森林環境税 > 森林環境税を活用した平成29年度の取組概要についてお知らせします

森林環境税を活用した平成29年度の取組概要についてお知らせします

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月9日更新

平成29年度の取組の概要についてお知らせします

森林環境基金事業の枠組

 森林環境税収入11億7百万円(見込)に、他の財源2億2千万円を活用し、森林環境を保全する事業と森林(もり)づくりの意識を醸成するための事業に取り組みます。

森林環境基金事業一覧

 農林水産部、企画調整部、生活環境部、土木部、教育庁が、合計22事業を実施します。

1 森林環境の適正な保全

森林整備事業                 【森林整備課】

 飲料水の「水源区域」及び水源かん養機能または山地災害防止機能を重視する区域内で行う森林整備を支援します。

  • 森林整備事業
     公益的機能が特に高い区域内で森林施業の集約化を推進し、荒廃が心配される森林の間伐を実施した場合に支援します。
     
  • 森林資源造成支援事業
     公益的機能を重視する区域内で森林経営計画を作成し、再造林を実施した場合に支援します。

里山林整備事業           【森林保全課】

  森林づくりへの意識の醸成や森林と人との絆の回復を図るため、地域住民による里山林の整備を進め、併せて、野生動物との共生のための環境整備を行います。

  • 里山林整備事業
     里山林の環境整備(緩衝帯整備、景観整備)

森林整備地域活動支援交付金事業          【森林計画課】

 林業事業体や森林所有者が森林経営計画の作成を行うために必要な活動を支援する措置として、市町村へ森林整備活動支援交付金を交付します。

森林環境適正管理事業          【森林計画課】

 情報の共有化や業務の効率化を図るため、森林情報を電子データ化した各種図面上で管理することを可能にした福島県森林GISの活用を図るとともに、県民向けの森林情報発信を継続します。

  •  森林情報(GIS)活用推進事業
     福島県森林GISの保守・運用を行い、業務への活用や県民の利用推進を図ります。

 森林情報発信システム「ふくしま森まっぷ」
 県内の森林・林業についてもっと良く知ってもらうため、県が保有する森林や林業に関する地理情報の一部を、インターネットを介して発信しています。

ふくしま森まっぷ

http://www2.wagmap.jp/fukushima-shinrin/Portal(外部リンク) 

2 森林資源の活用による持続可能な社会づくり

間伐材搬出支援事業                 【林業振興課・森林整備課】

 低炭素社会づくりの一環として、これまで搬出・利用が十分に進んでいない間伐材等未利用材の搬出を支援することにより、建築・合板用材等への利用拡大により、森林が吸収した二酸化炭素の固定化を図ります。

  • 間伐材運搬経費支援事業
    間伐材を山元土場から原木市場等へ運搬する経費の一部を助成します。
      
  • 林内作業路整備支援事業
    間伐材を山元土場まで搬出するための林内作業路を開設する経費の一部を助成します。

森林整備促進路網整備事業          【森林整備課】

 路網の未整備により間伐等が遅れている森林に対し、作業道開設を支援することで、森林整備と搬出の促進を図り、森林環境の保全及び森林資源の活用による低炭素社会づくりを目指します。

  •  森林整備促進路網整備事業
     水源区域など重要な森林に対して、継続的な森林整備の促進を図るため、耐久性のある作業道整備に要する経費を助成します。

ふくしまの低炭素社会づくり推進事業         【林業振興課・建築指導課】

 地球温暖化防止に役立てるため、固定された炭素を貯蔵している木材を住宅等に利用することや、バイオマスエネルギー利用の普及のための支援を行い、低炭素社会の形成を進めます。

  •  木めぐり探検事業
     県内の住宅生産者や林業関係青年部等と連携を図り、地域材を活かし地域の気候風土にあった生産者の顔の見える家づくりの生産工程を見学・体験できるツアーを実施します。

     
  • 緑の住宅普及促進事業
     原発事故による風評被害を防止し、安全・安心な県産材製品の普及、県産材を活用した住宅の良さを利用する意義をPRするための普及活動を実施します。
     
  • 木質バイオマスでCo2ダイエット事業
     間伐等により発生した林地残材を燃料として活用するため、搬出・運搬する経費の一部を助成します。
     民間でのペレットストーブ及び薪ストーブの普及を図るため、住宅・事業所等への機器導入に対して支援します。
     バイオマス暖房でCo2ダイエット事業に関する情報(林業振興課のページへジャンプ)
     
  • ふくしま木の家・担い手応援事業
     県産木材を活かした家づくりの担い手である県内の大工・工務店や団体の活動費を支援します。
     
  • ふくしまの未来を育む森と住まいのポイント事業
     県内の大工・工務店と県産木材を活用して住宅を建てた建築主に対して、県産品等と交換可能なポイントを交付します。
     ふくしまの未来を育む住まいのポイント事業に関する情報(建築指導課のページへジャンプ)

もっともっと木づかい推進事業          【林業振興課】

  公共的施設の木質化や学校教育現場における木育活動の推進等によって、県民の木材利用に対する意識を醸成するとともに、一般住宅等民間建築物における県産材の利用拡大を図ります。

  • 木景観形成促進事業
     公共性の高い民間施設を対象に、デザイン性、Pr効果に優れた県産材を活用した景観を創出します。
     
  • 新「ほっと」スペース創出事業
     公共建築物に県産材製品を設置し、県民が木材と触れあう場を提供します。
     「ほっと」スペース創出事業の情報(林業振興課のページへジャンプ)
     
  • 木とのふれあい創出事業
     児童・生徒などが木材製品に接する機会や木材によるものづくりを学習、体験する機会を創出します。
     
  • 木材製品需要拡大技術導入事業
     県産材の需要拡大に向けて、新たな木材の利活用に役立てる実践的な取組を幅広く募集し、優れた事業提案に対して支援を行います。

地域林業技術伝承事業           【林業振興課】

  地域の特性を活かし多様な森林づくりに向けた施業技術の実証等を支援し、各地域の条件を踏まえた施業システムの構築と継承を行います。併せて、優良な技術を県内に広く普及させるため林業研究グループ活動を支援します。

3 市町村が行う森林づくり等の推進

森林環境交付金事業                 【森林計画課】

  県民一人一人が参画する新たな森林づくりを効果的に進めるため、市町村が独自性を発揮して創意工夫を凝らした事業を展開することができるよう、森林環境基金の一部を交付します。

  • 森林環境基本枠
     すべての県民が森林づくりに参加する機会を幅広く確保し、すべての市町村が森林づくりを継続的に行うための財源として交付します。
     
  • 地域提案重点枠
     市町村の事業提案から選定した、創意工夫を凝らした優れた事業の財源として交付します。

     平成29年5月8日に、22市町村、38件の事業の実施を決定しました。
      当初採択事業一覧 [PDFファイル/167KB]
     

 

4 県民参画の推進

花粉の少ない森林づくり事業                 【森林整備課】

  県民参画の森林づくりを推進するため、花粉症対策品種の採種穂園から生産された苗木を、住民参加型の森林づくりの取組や造林用に配布します。

  • 花粉の少ない森林づくり推進事業
     花粉症対策品種等のコンテナ苗木を養成し、住民参加型の森林づくりについて優先的に苗木の供給を行います。
     
  • 次世代の森林づくり促進事業
     特定母樹の採種穂園の整備を行います。

林業普及推進事業          【林業振興課】

  森林・林業・木材産業の果たす役割や県民参画による森林づくりを推進するために開催している林業祭において、森林・林業・木材産業のPRを行い理解促進を図ります。

森林環境学習の森整備事業           【森林保全課】

  すべての県民が森林環境税の重要性や林業の役割についての学習等の場並びに森林とのふれあいの場として容易に利用できるフィールドの整備を行います。

  • 森林学習フィールド整備事業
     安全かつ利用しやすいフィールド及び付帯施設を整備し、県民の森林・林業への理解の促進に供します。

森林づくり総合対策事業          【森林保全課】

 県民参加による森林づくり運動を推進するため、緑化推進活動を実施している森林ボランティア団体の活動支援や森林づくり活動の情報収集・提供等を行う森林ボランティアセンターの運営、ボランティアによる緑化意識醸成指導者や森林づくりの技術指導者となる人材の育成講座等の実施、更には企業やNPO等が行う森林づくり活動の支援を行う等、総合的な推進を図ります。

  • 森林づくり指導者育成事業
     もりの案内人の養成や、森林整備ボランティアの核となる人材の育成、林業の専門的知識や技術等、スキルアップのための研修会を開催します。
     
  • みんなで支えよう森森(もりもり)元気事業
     企業やNPO等が行う森林整備活動のフィールドの斡旋・認定及び協定締結森林整備活動等に対する支援を行います。

県立学校における森林環境学習推進事業           【高校教育課】

  県立学校が行う森林の環境に関する学習、森林の管理に関する学習、森林資源の利用に関する学習、地域における森林の役割に関する学習及び森林に関わる職業に関する学習に対する活動経費を支援します。

ふくしまから はじめよう。森林とのきずな事業          【森林計画課・全国植樹祭推進室】

 震災や原子力災害発生以降の森林の現状に対する理解を深めつつ、森林づくり運動の浸透や拡大を図るため、森林環境に関する情報発信と森林づくり活動の推進を図ります。

全国植樹祭準備事業          【全国植樹祭推進室】

  森林の再生を進めるとともに、復興に取り組む県民の心の支えとなるシンボルイベントとして、全国植樹祭を開催する準備を進めます。

森林・水循環推進事業           【土地・水調整課】

  健全な水環境を推進するため、県内流域において森林・水環境教育等を実践するための各流域の特色ある森林・水資源等を生かした相互交流・体験の機会を創出します。

エコ七夕事業           【環境共生課】

 未就学児の地球環境を想うやさしい心の育成をするために、幼稚園・保育園・こども園でエコに関する願い事をする七夕イベントを実施します。

 エコ七夕実施状況(環境共生課のページへジャンプ)

5 ふくしまの森林文化の継承

ふくしまの森林文化継承事業                 【森林計画課・林業振興課】

 ふくしまの森林文化を改めて見直し、現代生活に活かしていくため、地域に根ざした森林文化について調査し、県民に分かりやすい形で広報するとともに、一般県民の体験等に対する支援を行います。

  • ふくしまの森林文化継承事業
     県内の森林文化の調査と記録映像の作成を行います。
       
     ふくしまの森林文化について公開しています。
  • 木(森)に由来する伝統文化継承事業
     県内の木(森)に由来する伝統文化が継承される地方を会場に、県民等を対象とした体験活動イベントを実施します。

6 森林環境の調査

森林環境等調査発信事業                 【森林計画課】

 県民に身近な森林の現況や、木造施設などにおける木材の良さを調査し、その結果を、県民に向け周知することで、県民に対し森林や木材とふれあう動機付けを行うとともに、森林を守り育てる意識の醸成を図ります。

7 森林環境基金の運営

森林環境基金運営事業                 【森林計画課】

 森林環境基金の適正な執行と透明性を確保するため、公募委員等からなる「森林の未来を考える懇談会」を開催し、事業に対する意見や事業の評価などに関する事項について検討を行います。

 森林の未来を考える懇談会開催状況はこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


コンテンツタイトル
福島県森林環境税の概要
年度別の取組の概要
福島県森林環境税の資料

福島県森林環境税についての問い合わせ先

【税の使いみちについて】
 農林水産部 森林計画課(森林環境担当)
 960-8670 福島市杉妻町2-16(西庁舎6階)
 電話 024-521-7425
 Fax 024-521-7543 
 ホームページ 福島県森林環境税
         福島県森林環境税トップページURL二次元コード
 メールでのお問い合わせはこちらから

【税の仕組みについて】
 総務部 税務課
 960-8670 福島市杉妻町2-16(本庁舎2階)
 電話 024-521-7069
 Fax 024-521-7905
 ホームページ 県税のページ~くらしと県税~
 メールでのお問い合わせはこちらから