ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 県南地方振興局 > しらかわ-福島県県南地方-[観光情報][カテゴリ別-神社・仏閣]1

しらかわ-福島県県南地方-[観光情報][カテゴリ別-神社・仏閣]1

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年3月29日更新
 

しらかわ

しらかわについて観光情報 アクセス お問い合わせ リンク

観光情報[神社・仏閣]


白河市  | 西郷村  | 泉崎村  | 中島村  | 矢吹町  | 棚倉町  | 矢祭町  | 塙町  | 鮫川村  || 自然  | 史跡  | 神社・仏閣  | 文化  | 温泉  | スポーツ  | イベント  | 食べる  | 土産 >>back  | 1  | 2  | next>> 神社・仏閣

南湖神社

白河神社

鹿島神社

鹿嶋神社

関川寺

常在院

常宣寺

小峰寺

関山満願寺

天恩皇徳寺

八幡神社[関辺]

日吉神社

峰全院

妙関寺

龍蔵寺

白河ハリストス正教会

烏峠稲荷神社

山本不動尊

馬場都々古別神社

八槻都々古別神社

宇迦神社

蓮家寺

長久寺

矢祭神社

戸塚正観音堂

熊野神社石のお宮

台宿薬王寺薬師堂

常世観音堂

湯舟観音堂

古宿観音堂

富田薬師堂

南湖神社(なんこじんじゃ)

南湖神社

日本最古の公園といわれる南湖公園の湖畔に、南湖神社が鎮座しています。初代宮司・中目端男氏の呼びかけに始まり、定信公を慕う白河市民や日本資本主義の父といわれる渋沢栄一氏の支援によって、大正11年に創建されました。白河の名藩主・松平定信公が御祭神として祀られています。除災開運・縁結び・商売繁盛・学問成就・交通安全・政治などに御利益があるとして、たくさんの人が参拝に訪れます。境内に併設された宝物館では、絵画や書にも秀でていた定信公による自画像や直筆の書などが展示されています。また、神社参道沿いに立つ御神木「楽翁桜」は樹齢約200年といわれており、堂々とした姿が参拝に訪れる人々を出迎えています。

所在地 〒961-0811 白河市菅生舘2
問合せ先 南湖神社社務所Tel 0248-23-3015Fax 0248-23-3500
料金 見学自由、無料

南湖神社

allowページ上部へ

白河神社(しらかわじんじゃ)

白河神社

関東と奥州の境である白河の関跡に白河神社があり、関の明神、二所関明神とも呼ばれています。起源は成務5年(315年・古墳時代)に遡り、白河国造・鹽伊乃自直命(しほいのこじのあたい)を祀ったのが始まりだと言われています。境内には、白河藩主・松平定信公の考証によってここが白河関跡であるとされ寛政12年(1800年・江戸時代)に建てられた関跡碑のほか、平兼盛や能因法師が詠んだ古歌の碑があります。治承4年(1180年・平安時代)には、源義経が兄・頼朝の挙兵を知り鎌倉に向かう道中に詣で、境内の松に矢を立て勝利を祈願したと伝えられています。「矢立の松」とよばれ、今は小さな根元のみの姿となって残っています。また鎌倉時代初期、藤原家隆が奉納したといわれる推定樹齢800年の「従二位の杉」が八方に枝を広げて聳え立っています。境内は、特別史跡名勝天然記念物に指定されています。

所在地 〒961-0038 白河市大字旗宿字関ノ森120
Tel 0248-32-2728料金 見学自由、無料

allowページ上部へ

鹿島神社(かしまじんじゃ)

鹿島神社

白河市旧東村にある鹿島神社は、養老元年(717年・奈良時代)7月、常陸国(現・茨城県)鹿嶋より勧請されました。明治36年(1903年)になると社殿の建て直しが行なわれ、その際、信夫郡(現・福島市)の彫刻師・平間弥助によって一対を成す昇り龍・降り龍の彫刻が奉納されました。「鹿嶋神社神殿の彫刻」として白河市の文化財に指定されています。参道入口から石階段を登ると、一対の狛犬が見下ろすように立っています。「飛翔獅子」と呼ばれる子連れの狛犬が雲に乗り空を飛ぶ形式で、石工小松寅吉によって作られた最高傑作ともいわれ、明治26年に奉納されています。

所在地 〒961-0301 白河市東下野出島字坂口
問合せ先 白河市教育委員会文化財課文化財保護係
Tel 0248-27-2310Fax 0248-27-2256料金 無料
Mail bunka@city.shirakawa.fukushima.jp

allowページ上部へ

鹿嶋神社(かしまじんじゃ)

鹿嶋神社

鹿嶋神社は、宝亀年間(770~781年・奈良時代)光仁天皇の時代に武甕槌命(たけみかづちのみこと)を祀ったことが始まりといわれ、弘仁2年(811年・平安時代)坂上田村麻呂が東北遠征の折、常陸国鹿嶋大明神をこの地に観請し、以来白河の総鎮守として鎮座しています。歴代の藩主からの信仰も篤く、祭田や社殿などが寄進されてきました。中でも寛政7年(1796年・江戸時代)時の白河藩主・松平定信公より奉納された「楯無しのよろい」は、白河市文化財に指定されています。明治43年(1910年)に火災にあい、殆どのものが焼失してしまいましたが、大正元年(1912年)に再建されて現在に至っています。鹿嶋神社では、古く400年前から続く伝統行事「白河提灯まつり」が二年に一度行なわれています。日本三大提灯まつりの一つにも数えられ、鹿嶋神社を起点として街を練り歩く提灯は数千個にも及び、その幻想的な光の行列は参加者や見物に訪れた人々の心を魅了します。

所在地 〒961-0051 白河市大鹿島8
Tel 0248-23-3079Fax 0248-22-9933料金 見学自由、無料
HP http://www.kashimajinja.jp/

鹿嶋神社

allowページ上部へ 

関川寺(かんせんじ)

関川寺

関川寺は、明応元年(1492年・戦国時代)白川城主・結城宗広公によって天台宗の「関銭院」から曹洞宗寺院として中興されたと伝えられています。天正9年(1581・安土桃山時代)、現在の地に移されました。境内には、白河藩士の子であり赤穂浪士四十七士の一人でもあった中村勘助の妻のお墓があります。勘助は、妻子に罪が及ばないよう討ち入り前に白河の親戚へ預け、吉良邸に向かったといいます。討ち入り当日の12月14日には毎年「義士追悼の集いと義士そば会」が行われ、法要後には赤穂義士が討ち入り前に食べたと伝わる蕎麦が振る舞われます。また、結城宗広公の遺髪を納めた墓や白川結城氏の廟、戊辰戦争で戦死した棚倉藩士・小池理八の供養塔があります。開山者の結城氏にちなんで「結城桜」と呼ばれる枝垂れ桜も有名で、やわらかな花色が訪れる人々の心を癒しています。

所在地 〒961-0942 白河市愛宕町94
Tel 0248-23-3538料金 見学自由、無料

allowページ上部へ

常在院(じょうざいいん)

常在院

常在院は天授二年(1376年)、源翁和尚により開基され、かの松平定信公も訪れたといわれる古刹です。伝記によれば、源翁はその昔、那須野に棲む九尾の狐が退治され石と化した、その殺生石を打ち砕いたと伝えられています。常在院には、その一説と縁のある『玉藻前物語』をモチーフに描かれた「紙本著色源翁和尚行状縁起」という絵巻物と、それに由縁する殺生石の一部が納められています。絵巻物は、県指定の重要文化財となっています。また本尊とならび重要な源翁和尚坐像は、仏教史上重要な人物の頂相(禅僧の肖像画・彫刻)として貴重で、こちらも福島県の重要文化財に指定されています。和尚の面影を偲ばせるこの像は、頭と胴体が一木で造られており、応永三年(1396年・室町時代)頃の作品と推定されています。

所在地 〒961-0407 白河市表郷中寺字屋敷79
Tel 0248-32-2595

allowページ上部へ

常宣寺(じょうせんじ)

常宣寺

常宣寺(じょうせんじ)は、長久2年(1041年・平安時代)帰郷の道中この地に留まった女流歌人・和泉式部が、長引く戦乱が早く鎮まるようにと祈るために草庵を建て、携えていた守り本尊の阿弥陀尊像を祀ったことが始まりといわれています。その後、天台宗の僧正法がこの草庵を「正法院」として再興しましたが、永禄2年(1559年・戦国時代)今の白河本町に移築され「常宣寺」となりました。さらに、寛永元年(1624年・江戸時代)には当時の白河藩主・丹羽長重によって現在の地に移されました。常宣寺の中には、福島県重要文化財に指定された「受苦図」が収められています。これは、子殺しがどんな罪を受けるかを村民に諭す為、時の白河藩主・松平定信公が絵師に描かせたものです。また、画僧として知られた二十二代目白雲作の寺額は定信公の書を木彫りにしたもので、白河市重要文化財に指定されています。

所在地 〒961-0925 白河市向新蔵136
Tel 0248-23-3634Fax 0248-23-3780
HP http://homepage2.nifty.com/josenji/Mail hasu@mbr.nifty.com

allowページ上部へ

小峰寺(しょうほうじ)

小峰寺は、弘安3年(1280年・鎌倉時代)時宗の開祖である一遍上人によって創建されました。当時は一遍をはじめ、たくさんの上人が全国を行脚して布教活動を行っており、小峰寺もその拠点の一つとして使われていました。また白河結城氏がこの辺り一体に勢力を広げたこの時代には、小峰寺を移した跡に白川城がつくられたり、白河小峰城内に寺が移されたりと常に白河結城氏の縁ある場所に再建され、菩提寺としての役目も担ってきました。のちに丹羽長重が白河藩に入封し、小峰寺は現在の場所に移されます。本堂内には県指定重要文化財の厨子が置かれ、室町時代後期の特色をもつ漆塗りの美しい細工が施してあります。厨子とは仏像などを納める箱のようなもので、現在は地蔵菩薩が安置されています。

所在地 〒961-0955 白河市道場町40Tel 0248-23-3828

allowページ上部へ

関山満願寺(せきさんまんがんじ)

関山満願寺

白河市の南東にある標高619mの関山山頂に満願寺があります。天平2年(730年・奈良時代)聖武天皇より勅願を賜った高僧・行基によって開山されました。本尊として、天皇の持仏である聖観音像が納められていたと伝わっています。幾度も起こる山火事のたびに再建が繰り返されており、現在は「聖武天皇御願所」と書かれた額と銅鐘が残るのみです。この銅鐘は、寛文4年(1664・江戸時代)白河城三代目城主・本多忠平公が寄進したもので、国指定の重要美術品になっています。那須や阿武隈の山並みが一望でき、古くは源義経、松尾芭蕉などが詣でたそうです。関山はうつくしま百名山のひとつにも選ばれており、毎年3月下旬には「関山山開き」という登山イベントが催されます。

所在地 〒961-0021 白河市関辺西ノ内1Tel 0248-23-0575
HP http://www.srkw.or.jp/~eijin/

allowページ上部へ

天恩皇徳寺(てんのんこうとくじ) 

天恩皇徳寺

天恩皇徳寺(てんのんこうとくじ)は、もとは法相宗の高僧・勝道によって創建された勝道寺でしたが、平安時代末期に三十三間堂などの建立とともに再興されその名を改めました。境内には、白河口の戦いで戦士した新撰組隊士・菊地央(きくちたのむ)の墓や、同じ戦いで討死した会津同盟軍兵士を祀る慰霊碑も建てられています。また、会津地方の有名な民謡「会津磐梯山」にも登場する小原庄助のお墓もあります。呑兵衛の庄助らしく、徳利の上にお猪口が蓋をしている形を模したユニークなお墓となっています。

所在地 〒961-0936 白河市大工町83Tel 0248-24-1036
料金 見学自由、無料

allowページ上部へ

八幡神社[関辺](はちまんじんじゃ)

八幡神社は、毎年7月に「天道念仏さんじもさ踊り」が奉納される関辺地域の鎮守です。白河で有名なイベントの一つで、昭和50年には福島県の重要無形文化財にも指定されています。この念仏踊りは、田植えを終えた時期に天道(太陽)に向かい、五穀(米・麦・アワ・キビ・豆)の豊穣を祈ると同時に害虫を防ぐようにとお願いする神事で、境内に作られた祭壇を挟んで氏子の青年たちが踊りを納めます。「さんじもさ」は、「山神さまよ」が訛ったものといわれており、お囃子の中でも「サンジモサー、シチャラコチャッチャ」と歌われています。

所在地 〒961-0021 白河市関辺いしだ
問合せ先 白河観光協会Tel 0248-22-1147Fax 0248-24-1844
料金 見学自由、無料

allowページ上部へ

日吉神社(ひよしじんじゃ)

この神社は、江戸時代末期である天保11年(1840年)、当時蕪内村の庄屋であった橋本地左衛門をはじめとする50名の寄付によって建立されました。木造の本殿側面には、当時の宮大工による見事な彫刻が施されています。作者である宮大工の名前などは文献にも残っていないようですが、彫刻が完成するまで庄屋宅に滞在し1年以上の歳月をかけて彫刻を仕上げたといわれています。昭和60年には、白河市の重要文化財(建造物)にも指定されています。

所在地 〒961-0936 白河市東村大字蕪内字南屋敷
問合せ先 白河市東庁舎教育委員会生涯学習課Tel 0248-34-3159
料金 見学自由・無料

allowページ上部へ

峰全院(ほうぜんいん) 

峰全院

福島県の重要文化財である銅製雲板(鳴り物の一種)が収められています。この雲板には「奥州白川之庄小峰集雲山峰全院応仁元年亥丁八月吉日大工弥次郎」と刻まれており、室町時代である応仁元年(1467年)に作られたといわれています。また、樹齢300年・高さ25mの老杉を覆う山藤は、白河市の天然記念物に指定されています。こちらの藤は樹齢250年と推定されており、初夏には、こぼれんばかりの美しい花々が咲き誇ります。峰全院の裏参道には、原古墳群と呼ばれる円墳群があり、大正時代開墾の際に大量の出雲石製勾玉・管玉・切子玉などが発見されています。

所在地 〒961-0403 白河市表郷番沢字原11
Tel 0248-32-3420料金 見学自由・無料

allowページ上部へ

妙関寺(みょうかんじ)

妙関寺

寛保元年(1741年・江戸時代)白河藩主・松平大和守家の菩提寺であった永寿寺が藩主の転封に伴い廃寺となり、留まった僧がその跡地に創建したのが妙関寺(みょうかんじ)と伝えられています。境内に植えられた樹齢400年・高さ13mの紅しだれ桜が有名で、艶やかな濃いピンク色の花を咲かせることから「乙女桜」とよばれています。伊達政宗が将軍家に苗木を献上に上がる道中この地に立ち寄り、その内の一本を妙関寺の住職に授けたと伝えられています。宇都宮・前橋にも同種の桜が植えられたと伝わっていますが、現存するのはこの乙女桜だけのようです。白河市の天然記念物に指定されており、見頃を迎えるとたくさんの見物客で賑わいます。

所在地 〒961-0943 白河市金屋町116
Tel 0248-23-3827料金 見学自由・無料

allowページ上部へ

龍蔵寺(りゅうぞうじ)

龍蔵寺

龍蔵寺は、万寿3年(1026年・平安時代)白河の領主太田行隆により創建され、もとは「羅漢山真照寺」と呼ばれていました。その後、この地を治めた白川結城氏第2代当主・結城宗広により「龍蔵寺」と改名されました。『白川風土記』によると、江戸時代、同じく白河にある宝積院とともに周辺の真言宗寺院を統率したほか、壇林とよばれる修行僧育成のための学問所も創設された、とあります。龍蔵寺には、元禄4年(1691年・江戸時代)白河藩主・松平忠弘が奇進した「銅鐘」があります。「乳」とよばれる釣鐘上部のいぼ状突起がないのが特徴で、昔から「奥州白河いぼなしの鐘」として有名です。この銅鐘は国の重要文化財に指定されています。

所在地 〒961-0903 白河市年貢町60
Tel 0248-23-3522料金 見学自由、無料

allowページ上部へ

白河ハリストス正教会(しらかわはりすとすせいきょうかい)

白河ハリストス正教会

白河ハリストス正教会は、大正4年(1915年)に建造されたビザンチン様式を伝承するギリシャ正教の教会です。木造白壁に銅版葺きの屋根、上階には鐘塔という外観は、レトロな雰囲気を漂わせています。聖堂内は、「イコノスタシス」とよばれる聖画像(イコン)で覆われた壁により、聖所と至聖所に分けられています。拝礼の対象ともなるイコンは全部で48点あり、大多数はロシアから運ばれたものですが、聖堂画家山下りんによる作品も7点ほど納められています。外観は自由に見る事ができますが、教会内の見学には事前予約が必要です。平成5年に、福島県の重要文化財に指定されています。

所在地 〒961-0942 白河市愛宕町50Tel 0248-23-4543
営業時間 10時00分~16時00分(教会行事の時は見学不可)
定休日 不定休料金 見学は要予約・無料
HP http://shirakawa315.com/sightseeing/post_284.html

allowページ上部へ

烏峠稲荷神社(からすとうげいなりじんじゃ)

烏峠稲荷神社

心願成就や五穀豊穣の神として信仰をあつめる  那須連山・吾妻連峰・飯豊連峰を一望する泉崎村の最高峰・烏峠の山頂付近に稲荷神社があります。表参道の大きな鳥居をくぐって登ると「円満平」という憩いの広場があり、ここからの壮大な眺めはおすすめです。天長5年(828年・平安時代)この地に蔓延っていた山賊を討伐した藤原俊仁によって創建されたといわれています。心願成就の神、五穀・養蚕の守護神としても、篤く信仰されています。また、本殿周囲に施されている浮き彫りや透かし彫りなどからは、当時の高度な技術をうかがい知ることができ必見です。烏峠遊歩道では、アカマツの林を抜ける「夕焼けの道」や桜・梅の咲く「つれづれの道」などからなる10ものコースがあり、思い思いに散策を楽しむことができます。

所在地 〒969-0101 西白河郡泉崎村大字泉崎字烏峠1
問合せ先 烏峠稲荷神社社務所Tel 0248-53-2549Fax 0248-53-3731
料金 無料Mail karasu-t@shirakawa.ne.jp

烏峠稲荷神社

allowページ上部へ

山本不動尊(やまもとふどうそん)

山本不動尊

弘法大師開闢の霊験あらたかな不動尊  山本不動尊は、大同2年(807年・平安時代)弘法大師が東北行脚でこの地に訪れたとき、住民を苦しめていた悪鬼を払いのけるために護摩壇を築いて祈祷したことが起源といわれています。不動明王を本尊とし、130段もの石段を登りきると現れる奥の院に、その尊像が納められています。また、奥の院後方の岩肌には不動明王の尊顔が浮かび上がっている箇所があり、霊験あらたかな雰囲気をさらに高めています。参道には樹齢100年を超える大きな杉の木が立ち並び、秋には美しい紅葉がライトアップされるなど、雄大な自然に囲まれた山本不動尊には、元朝大護摩祈祷や節分会豆まき式などをはじめ、年間を通して大勢の参拝客が訪れています。

所在地 〒963-5685 東白川郡棚倉町大字北山本字小檜沢94-2
Tel 0247-33-2445Fax 0247-33-4156料金 無料
HP http://www.yamamotofudouson.or.jp/
Mail yamamotofudouson@giga.ocn.ne.jp

山本不動尊

allowページ上部へ

馬場都々古別神社(ばばつつこわけじんじゃ)

馬場都々古別神社

江戸時代から、久慈川沿いに並んで鎮座する八槻都々古別神社・近津神社と合わせて「近津三社」と呼ばれているこの馬場都々古別神社は、そのうちの上之宮にあたります。その昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)が蝦夷征伐に赴く際、現在の表郷・建鉾山に自らの鉾を祀ったことが始まりといわれ、大同2年(807年・平安時代) 坂上田村麻呂によって棚倉に移されました。しかし寛永元年(1624年・江戸時代)棚倉城築城に際し、白河藩主・丹羽長重によって御神体は現在の地に遷宮されました。白河初代藩主の丹羽長重を始め、足利義満や豊臣秀吉、徳川水戸家など多くの武将が参拝に訪れ、武具や刀剣なども奉納されました。中でも鎌倉時代に源義家が寄贈したといわれる「長覆輪太刀二口」と「赤糸威鎧残闕」は、国指定文化財として収められています。境内には樹齢数百年の神木がそびえたち、変わりゆく歴史を静かに見守っています。

所在地 〒963-6131 東白川郡棚倉町大字棚倉字馬場39
Tel 0247-33-6441          料金 無料          

allowページ上部へ

八槻都々古別神社(やつきつつこわけじんじゃ)

八槻都々古別神社

江戸時代から、久慈川沿いに並んで鎮座する馬場都々古別神社・近津神社と合わせて「近津三社」と呼ばれているこの八槻都々古別神社は、そのうちの中之宮にあたります。伝承によると、日本武尊(やまとたけるのみこと)が八溝山にて苦戦を呈していた折、守護三神が現れ建鉾山より箭 (矢)を放ちました。その箭 (矢)が落ち着いた場所を「箭津幾(やつき)」とし都々古別神社を創建、勝利を祈願したと伝えられています。農耕を司る神が祀られており、毎年旧暦1月に奉納される能・狂言風の舞「御田植祭」は、五穀豊穣を祈る神事で、国指定の無形民俗文化財となっています。国の重要美術品に指定されている木造十一面観音立像や同鉢など、貴重な文化財が多く残されています。また参堂の左側には、夫婦のように寄り添って立つ杉があり、縁結びの杉として知られています。

所在地 〒963-5672 東白川郡棚倉町大字八槻字大宮224
Tel 0247-33-3505          料金 無料          

allowページ上部へ

>>back | 1 | 2 | next>>
Copyright ©2010 福島県県南地方振興局 All Rights Reserved.