ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 組織でさがす > 労働委員会事務局 > 労働委員会について

労働委員会について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年1月28日更新
| 労働委員会トップページ| 労働委員会について | 個別労使関係の調整| 労働争議の調整| 不当労働行為の審査| 労働組合の資格審査| 争議行為の予告| 総会、取扱事件等の状況|
| 労働委員会について | 労働委員会の仕事Q&A| 委員名簿| 年報| 労働委員会リーフレット [PDFファイル/1.35MB]|

労働委員会とは

 労使間の問題は当事者による自主解決が原則です。
 しかし、自主解決が困難な場合、放置しておくと問題がこじれてしまいます。そのような場合に、中立・公正な立場で労使紛争の解決にあたる行政機関が労働委員会です。
 労働委員会には、各都道府県に設置されている各都道府県労働委員会及び国に設置されている中央労働委員会があります。

労働委員会の役割 

労働委員会の役割は大きく分けると2つあります。
 1、判定的役割 
   不当労働行為の審査、労働組合の資格審査など
 2、調整的役割 
 労働争議の調整(あっせん、調停、仲裁)、公益企業による争議行為の予告通知の受理、個別的労使関係の調整など 

労働委員会の仕事Q&A

 労働委員会の仕事について、わかりやすくQ&A方式でまとめています。
 →労働委員会の仕事Q&A

福島県労働委員の名簿

 労働委員会は、次の表のとおり公・労・使の三者で構成される合議制の機関です。福島県においては、15名の委員で構成されています。
 →福島県労働委員会第42期委員名簿
委員構成委員の性格・任命 
公益委員
5名
労使の立場にとらわれず、広く公共の利益を代表する委員。
労働者委員及び使用者委員の同意を得て、知事が任命する。
(弁護士・大学教授など)
労働者委員
5名 
労働者の立場を代表する委員。
労働組合の推薦に基づき知事が任命する。
(労働組合の役員など)  
使用者委員
5名 
使用者の立場を代表する委員。
使用者団体の推薦に基づき知事が任命する。
(企業経営者・会社役員など)  

年報

 福島県労働委員会の年報を公表しています。
 →年報

 

 ページの上部に戻る

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

ご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。