ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 患者様・ご家族様 > デイケアのご案内 > デイケアとは、1日の流れ、プログラム

デイケアとは、1日の流れ、プログラム

デイケアってどういうところ?

精神科外来通院をしている方が、地域で生活しながら、回復を目指していく通院医療、リハビリテーション医療の一つです。

「話すのが苦手だけど、友達が欲しい」「たまには家から外へ出て、気分転換したい」「自信がないけど、就労したい」「誰か、相談に乗ってほしい」「日中、体を動かしてストレス解消したい」「自分の病気との付き合い方を知りたい」など、それぞれの目的に合わせて、みなさんが、利用しています。

デイケア(1日)だけでなく、ショートケア(半日)も実施しており、利用方法はスタッフと相談しながら計画していきます。

スケジュールはどうなっているの?

デイケアの場合(6時間)

デイケア利用の場合(6時間)のイメージ図

(朝のミーティング→午前プログラム→昼食→午後プログラム→帰りのミーティング)

ショートケアの場合(3時間)

ショートケア利用の場合(3時間)のイメージ図もしくは ショートケア利用の場合(3時間)のイメージ図2

(朝のミーティング→午前プログラム もしくは 午後プログラム→帰りのミーティング)

実際どんな感じでみんな通っているの?

例えば・・・

Aさんの場合

就労を目的にデイケアを利用し始めました。
就労方法は、具体的に決まっていませんが、週4日利用して、生活のリズムも整えています。

Aさんのイメージ図

「午前中は、Sstとか就労支援とか
病気の勉強ができるプログラムに参加しています。
午後は、みんなとスポーツやレクを楽しみながら、
体力作りもしています。」

Bさんの場合

家の手伝いをしながら家で過ごすことが多かったのですが、家族以外の人と交流を持つことを目的に利用し始めました。
利用して間もないので、今は、デイケアに慣れることを目標にしています。

Bさんのイメージ図

「まだ、デイケアに慣れないので、
午前中だけ参加して、スタッフと一緒に
塗り絵をしたり、折り紙をしたりしています。
慣れてきたら、1日参加したいと思っています。」

どんな活動プログラムがあるの?

2019年10月のプログラム予定 [PDFファイル/123KB]

2019年9月のプログラム予定 [PDFファイル/138KB]

メンバー企画による季節の行事(花見、流しそうめん、芋煮会、クリスマス会)や食事会なども行われています。

花見の写真
花見(春)

芋煮会の画像
芋煮会(秋)

利用するにはどうしたらいいの?

利用を希望される方は、主治医にご相談ください。デイケアスタッフが説明を致します。
見学や体験も随時、受け付けております。
他医療機関に通院している方でも、デイケアのみの利用が出来ます。

費用はどのくらいかかるの?

自立支援医療制度(1割負担)が利用できます。
詳しくは、デイケアスタッフにご相談ください。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)