ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 病院のご案内・基本理念 > 院長あいさつ・医師の紹介 > 医師の紹介

医師の紹介

精神科

橘髙 一(きったか はじめ)

院長

所属学会(資格)など

  • 医学博士
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会専門医
  • 日本精神神経学会専門医指導医
  • 日本老年精神医学会専門医
  • 認知症サポート医

専門分野

精神科全般

メッセージ

地域とともにある新病院(こころの医療センター)づくりを考えています。

井上 祐紀(いのうえ ゆうき)

副院長

所属学会(資格)など

  • 医学博士
  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会専門医
  • 日本精神神経学会指導医
  • 子どものこころ専門医
  • 小児精神神経学会認定医

専門分野

子どもと大人の精神医療に取り組んでいます。

認知行動療法を始めとした非薬物療法のエッセンスを取り入れた診療を心がけています。

メンタルヘルスの問題や発達障害を有する子どもたちの家族支援に取り組みます。

メッセージ

東日本大震災からコロナ禍に至るまで、様々な社会的危機が我々の生活を脅かしている現在、子どもたちにとって今の社会を生きていくのは簡単なことではないと思っています。このような社会的危機におけるメンタルヘルスの問題は、医療の力だけでは解決が難しいことも少なくないかもしれませんが、子どもも大人も「自分は守られるべき存在だ」という信念を持てるような環境とは何なのかをご家族、地域の皆様とともに考え、その実現にむけて県民の皆様とともに歩む病院を目指していきたいと考えております。

石川 大道(いしかわ ひろみち)

​科長

所属学会(資格)など

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会精神科専門医

専門分野

精神科一般

児童思春期

発達障害(成人含む)

メッセージ

「宜しくお願いします。」

伊藤 雅史(いとう まさし)

医長

所属学会(資格)など

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会

専門分野

精神科一般

メッセージ

「平成29年4月から当院で勤務することになりました。特に専門は定めず、精神科全般の診療に当たっています。患者さんの健康な生活を守っていく手助けが出来れば幸いです。」

小野口 亮(おのぐち りょう)

医長

所属学会(資格)など

  • 精神保健指定医
  • 日本精神神経学会専門医

専門分野

精神科一般

メッセージ

「平成31年4月より赴任いたしました。3月までに山形で勤務していました。これから福島の精神科医療に貢献していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。」

大成 晃(おおなり ひかる)

医長

所属学会(資格)など

  • 日本精神神経学会

専門分野

精神科一般

発達障害(成人含む)

児童思春期

メッセージ

「令和3年4月より赴任しました。予防的観点から患者の皆様がより健全な生活を送れるようになることのお手伝いをさせて頂ければと思います。よろしくお願いします。」

照井 稔宏(てるい としひろ)

医員

所属学会(資格)など

  • 医学博士
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本精神神経学会
  • 日本児童青年精神医学会
  • 日本公衆衛生学会
  • 日本疫学会

専門分野

精神科一般

児童思春期精神医学

社会精神医学

公衆衛生学・疫学

メッセージ

「2021年に着任致しました。微力ながら福島の地域精神医療に貢献して参りたいと思います。よろしくお願い致します。」

錫谷 研(すずたに けん)

医員

所属学会(資格)など

  • 日本精神神経学会
  • 東北精神神経学会
  • 日本臨床神経生理学会
  • 日本老年精神医学会
  • 日本児童青年精神医学会
  • 日本総合病院精神医学会
  • 日本睡眠学会
  • 日本旅行医学会
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医

専門分野

精神科全般

大学院の研究テーマは「脳波」、「アルコール」、「精神医学とスポーツ」です。

医学と余暇(旅行医学や温泉医学など)

メッセージ

「矢吹病院で勤務させていただけること、とても嬉しく思っています。地元の矢吹町や西白河郡はもちろんのこと、県立病院として福島県民皆様のお役に立てるよう、研鑽をつんで参りたいと考えております。何卒よろしくお願いいたします。」

内科

宗像 修(むなかた おさむ)

副院長

所属学会(資格)など

  • 内科学会認定医
  • 消化器学会専門医
  • 消化器内視鏡学会専門医

専門分野

消化器内科

メッセージ

「当院で内科を担当させて頂いてます。専門は消化器内科で、モットーは『患者さんに優しい検査を行う』です。より良い医療とは何かということを常に考えながら初心を忘れずに頑張っていきたいと思います。宜しくお願いいたします。」