ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 患者様・ご家族様 > 認知症疾患医療センター > 認知症疾患医療センター

認知症疾患医療センター

矢吹病院では、保健医療・介護機関等との連携を図りながら、認知症疾患に関する診断・治療、専門医療相談や研修等を実施する「認知症疾患医療センター」の運営を平成29年6月1日より開始しました。

専門医療相談の実施

かかりつけ医からの紹介・本人や家族からの相談・市町村・地域包括支援センター・介護保険事業所等の関係機関からの認知症に関する医療相談に対応します。
認知症疾患医療センターには、以下のようなスタッフが配置されています。

  • 専門の医師
  • 臨床心理技術者
  • 精神保健福祉士

認知症の診断と対応

医学的な診断だけでなく、日常生活の状況や他の身体疾患等の状況もふまえ、総合的に認知症の診断を行います。

認知症の診断と対応のイメージ図

周辺症状・身体合併症への対応

治療については、他機関との連携を図り、地域全体で受け入れる体制を確保していきます。

周辺症状・身体合併症への対応のイメージ図

地域連携の推進

 当院では、県南地区の市町村、地域包括支援センター、医師会、医療機関、家族の会、県南保健福祉事務所等との連携を強化し、認知症の医療と介護の切れ目ない提供を目的に認知症疾患医療連携協議会を平成29年12月に設立しました。
 併せて、認知症への理解を深めるため、認知症の基礎知識・症状・原因と対応や、精神科における行動・心理症状の治療などの研修を行いました。
 また、院内に設置した認知症初期集中支援チームにより矢吹町・泉崎村・中島村・西郷村の地域包括支援センターと連携して、認知症の早期発見・早期対応を進めています。

認知症疾患医療連携協議会の画像

パンフレット

認知症が疑われる症状や当院での診療について、パンフレットに分かりやすく記載しましたのでご覧ください。

認知症パンフレット [PDFファイル/716KB]

お問い合わせ先 

地域医療連携室:0248-44-2051

受付:月曜日~金曜日 9時00分~16時30分

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)