ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 福島県原子力安全対策課現地駐在 > 令和4年度 駐在員コラム

令和4年度 駐在員コラム

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年11月15日更新

令和4年11月8日

 今回は、日本原子力研究開発機構楢葉遠隔技術センターで開催された福島廃炉産業ビジネス総合展(廃炉・災害対応ロボット関連技術展示実演会×廃炉ビジネス展示商談会)の見学を行いました。
​ 会場では、県内企業・大学による廃炉・除染分野に係る技術や製品の展示・実演が行われている他、福島第一原子力発電所の原子炉建屋内を3Dで再現したバーチャルリアリティシステムの見学ツアーなどが行われていました。
楢葉遠隔技術開発センター 見学ツアー
   

令和4年9月28日

 今回は、日本原子力研究開発機構楢葉遠隔技術センターの視察を行いました。
 現況について、説明を受けた後に現場を確認しました。現場では、原子炉格納容器内部(PCV)を実寸大で模擬した設備を用いて、モックアップ試験が行われていました。
​ 福島第一原子力発電所2号機のPCV内部調査により、原子炉圧力容器(RPV)を支持する基礎であるペデスタル底部に小石状や粘土状に見える堆積物が確認されており、これは、燃料デブリであると推定されています。ペデスタル内部は状態が詳細に分かっておらず、底部までのアクセス可能な部位、ルートについて調査が必要であることから、デブリの試験的な取出しに向けて、楢葉遠隔技術センターにおいて、試験やトレーニングが進められています。 
楢葉遠隔技術センター 説明を受ける県職員


質疑応答中の県職員

 

ご意見お聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?

※1 いただいたご意見は、より分かりやすく役に立つホームページとするために参考にさせていただきますので、ご協力をお願いします。
※2 ブラウザでCookie(クッキー)が使用できる設定になっていない、または、ブラウザがCookie(クッキー)に対応していない場合はご利用頂けません。