ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

被災者生活再建支援制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年1月30日更新

制度趣旨

東日本大震災(地震・津波)によりその生活基盤に目立つ被害を受けた世帯に対し、都道府県が相互扶助の観点から拠出した基金を活用して支援金を支給します。

対象となる世帯

(1)住宅が「全壊」した世帯

(2)住宅が「大規模半壊」した世帯

(3)住宅が「半壊」、または敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯(「半壊解体」)

支援金の額

(1)基礎支援金(住宅の被害程度に応じて支給する支援金)

  • 「全壊」、「半壊解体」の場合:100万円
  • 「大規模半壊」の場合:50万円

(2)加算支援金(住宅の再建方法に応じて支給する支援金)

  • 「建設購入」する場合:200万円
  • 「補修」する場合:100万円
  • 「賃貸(公営住宅を除く)」する場合:50万円

※支給額は、(1)+(2)となります。ただし、世帯人数が1人の場合は、上記金額の4分の3となります。

申請受付期間

(1)基礎支援金:令和3年4月10日まで

  福島市、郡山市、いわき市、南相馬市、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村(13市町村)

(2)加算支援金:令和3年4月10日まで

  福島市、郡山市、いわき市、白河市、相馬市、二本松市、田村市、南相馬市、本宮市、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、

  浪江町、葛尾村、新地町、飯舘村(19市町村)

 

 ※現在、申請を受け付けている次の市町村については、令和2年4月10日で終了します。

  基礎支援金

    白河市、須賀川市、相馬市、二本松市、田村市、伊達市、本宮市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、鏡石町、天栄村、西郷村、泉崎村、

    矢吹町、石川町、玉川村、三春町、小野町、新地町(21市町村)

  加算支援金

    須賀川市、伊達市、桑折町、国見町、川俣町、大玉村、鏡石町、天栄村、西郷村、泉崎村、矢吹町、石川町、玉川村、三春町、

    小野町(15市町村)

申請窓口

被災当時お住まいの市町村


トップに戻る