ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

Q&A

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月1日更新

1 区分試験(職種)について

 ※各区分試験(職種)の概要については、職員紹介のページをご覧ください。

  1. 「行政事務」と「警察事務」の違いは何ですか?
  2. 「行政事務」と「市町村立学校事務職員」の違いは何ですか?
  3. 「栄養士」と「市町村立学校栄養職員」の違いは何ですか?
  4. 「大学卒程度・高校卒程度」の技術系職種の採用は毎年あるのですか?
  5. 「資格免許職」の各職種(司書・栄養士)の採用は毎年あるのですか?

2 受験資格について

  ※各試験の受験資格については、受験資格のページをご覧ください。

  1. 「大学卒程度」とはどのような意味ですか?                       
  2. 農芸化学の受験資格について教えてください。                       
  3. 心理判定員の受験資格について 教えてください。
  4. 民間企業等職務経験者試験の職務経験期間の計算方法について教えてください。
  5. 民間企業等職務経験者試験の職務経験には、契約社員や派遣社員であった期間は含まれますか?
  6. 民間企業等職務経験者試験の職務経験には、福島県職員以外の公務員であった期間は含まれますか?
  7. 県外出身者は不利でしょうか?
  8. 他の公務員試験との併願は不利でしょうか?
  9. 理系の学部出身ですが、行政事務を受験することはできますか?

3 受験申込について

  1. 同一試験日の試験について、複数の受験申込はできますか?
  2. 試験の申込方法を教えてください。

4 1次試験の内容について

  1. 教養試験及び専門試験は、必須問題、選択問題があるのですか?
  2. 各試験の種目や試験問題の程度について教えてください。
  3. 論文試験及び作文試験のテーマの傾向について教えてください。
  4. 民間企業等職務経験者試験のアピールシート試験とは、どのような試験ですか?
  5. 民間企業等職務経験者試験の資格加点とは、どのようなものですか?
  6. 1次試験はどこで受験できますか?

5 2次試験の内容について

  1. 2次試験には何回行かなければならないのですか?
  2. 個別面接で聞かれることについて教えてください。
  3. 民間企業等職務経験者試験の「個別面接(プレゼンテーションを含む。)」とはどのようなものですか?
  4. 集団討論とはどのようなものですか?
  5. 集団討論で司会役に徹することは不利でしょうか?
  6. 適性検査とはどのようなものですか?
  7. 身体検査の基準は何ですか?(警察官)

6 採用手続について

  1. 合格者の決定方法について教えてください。
  2. 合格から採用までの流れを教えてください。
  3. 最終合格者は必ず採用されますか?
  4. 採用の内定はどのように行われるのですか?

7 その他試験に関すること

  1. 区分試験ごとの採用予定人員はいつ決まるのですか?
  2. 試験時の服装はどのようなものがいいですか?
  3. OB・OG訪問は可能ですか?
  4. どのような人材を求めているのですか?
  5. 県職員を目指すにあたり、学生のうちにやっておくべきことはありますか?
  6. 試験会場への交通手段は、自動車でもよいでしょうか?
  7. 災害が発生した場合等の試験実施に関する情報は、どのように得ればよいですか?
  8. 試験の成績を知ることはできますか?
  9. 過去の募集状況や受験倍率を教えてください。

8 異動(転勤)について

  1. 異動(転勤)のサイクルはどのくらいですか?
  2. 異動(転勤)先の希望はどの程度聞いてもらえますか?

9 その他

  1. 就職説明会は開催していますか?
  2. 高校生向けの説明会はありますか?
  3. 民間企業等職務経験者試験で採用された場合、大学卒程度や高校卒程度試験の採用者と比べて、採用後の処遇に差はありますか?
  4. 女性が働きやすい職場ですか?
  5. 職員採用候補者試験にはない職種の募集は、どんなものがありますか?
  6. 警察官や警察事務職員についてもっと知りたい!

ページの先頭へ戻る

【1 区分試験(職種)についてのQ&A】

1-1 「行政事務」と「警察事務」の違いは何ですか?

  両者とも一般行政事務に従事しますが、配属先が異なります。行政事務は知事部局、教育委員会等の本庁又は出先機関等ですが、警察事務は警察本部、警察署です。

1-2 「行政事務」と「市町村立学校事務職員」の違いは何ですか?

  大学を卒業された方、または大学を卒業見込みの方は市町村立学校事務職員の受験はできません。また、行政事務の配属先は1-1のとおりであり、市町村立学校事務職員は県内各市町村立の小中学校等です。

1-3 「栄養士」と「市町村立学校栄養職員」の違いは何ですか?

  両者とも「栄養士」の免許が必要であることは共通していますが、配属先が異なります。栄養士は保健福祉事務所、県立病院、県立特別支援学校等で、市町村立学校栄養職員は県内各市町村立の小中学校等です。

1-4 「大学卒程度・高校卒程度」の技術系職種の採用は毎年あるのですか?

  採用の有無については、組織再編成等による職員数の増減、退職者数等を総合的に判断して決定するため、毎年変動があります。

1-5 「資格免許職」の各職種(司書・栄養士)の採用は毎年あるのですか?

  採用の有無については、組織再編成等による職員数の増減、退職者数等を総合的に判断して決定するため、毎年変動があります。

ページの先頭へ戻る

【2 受験資格についてのQ&A】

2-1 「大学卒程度」とはどのような意味ですか?

  大学卒程度の試験とは、大学卒業(卒業見込み)の方を対象とするという意味ではなく、大学卒程度の学力を必要とする試験ということです。そのため、受験資格を満たしていれば、学歴、職歴等にかかわらず受験できます。

2-2 農芸化学の受験資格について教えてください。

    農芸化学は、年齢要件及び資格要件があります。資格要件とは、「大学等において畜産学、水産学若しくは農芸化学の課程で食品衛生監視員の任用資格が取得可能な科目を修めて卒業した者(又は卒業見込みの者)」か「知事の登録を受けた食品衛生監視員の養成施設(平成27年4月1日前に厚生労働大臣の登録を受けた養成施設を含む。)において、所定の課程を修めて卒業した者(又は卒業見込みの者)」のいずれかの要件を満たすことが必要です。「畜産学、水産学若しくは農芸化学の課程で食品衛生監視員の任用資格を取得可能な科目を修めて卒業した者又は卒業見込みの者」については、下記のファイルからご確認ください。
 任用資格が取得可能な科目[PDFファイル/8KB]                   

2-3 心理判定員の受験資格について教えてください。

    心理判定員は、年齢要件及び学歴要件があります。学歴要件とは、大学において心理学を専修する学科を修めて卒業した(又は卒業見込み)ということが必要です。「心理学を専修する学科」とは、学科名に「心理学」を冠した学科、又は明らかに心理学を中心に履修したと判断できる専攻分野に該当する学科等のことです。また、これらに相当すると認められる課程については、受験資格確認のため、大学で発行される科目履修証明書等の提出を求める場合があります。詳細は、人事委員会事務局にお問い合わせください。

2-4 民間企業等職務経験者試験の職務経験期間の計算方法について教えてください。

  例えば、
 A社に、平成17年4月1日から平成19年3月9日まで
 B社に、平成19年4月16日から平成19年10月26日まで
 C社に、平成19年12月1日から平成23年3月31日まで勤務していた場合、
在職期間は、
 A社は、「1年11月」(1月未満の日数は切り捨て)
 B社は、「6月」
 C社は、「3年4月」となりますが、
在職期間が1年未満である場合は、職務経験には算定されないため、職務経験期間の通算は、A社+C社=「5年3月」となります。                     

2-5 民間企業等職務経験者試験の職務経験には、契約社員や派遣社員であった期間は含まれますか?

  契約先や派遣先として同一の企業等で、週30時間以上の勤務を1年以上継続していれば含まれます。              

2-6 民間企業等職務経験者試験の職務経験には、福島県職員以外の公務員であった期間は含まれますか?

   国、地方を問わず、全ての公務員(臨時職員等も含む)であった期間は含まれません。                  

2-7 県外出身者は不利でしょうか?

  各試験の受験資格を満たしていれば、すべての方に平等です。出身地はもとより、性別、学歴、新卒者・既卒者の別等によって有利・不利になることはありません。

2-8 他の公務員試験との併願は不利でしょうか?

  国家公務員試験、市町村職員試験、教員試験、あるいは民間企業等の併願による有利・不利は全くありません。

2-9 系の学部出身ですが、行政事務を受験することはできますか?

  受験資格を満たしていれば受験できます。  

ページの先頭へ戻る

【3 受験申込についてのQ&A】

3-1 一試験日の試験について、複数の受験申込はできますか?

  同一試験日に実施される複数の区分試験(職種)を申し込むことはできませんので、どれか1つを選択して受験の申込みをしてください。
  また、受験申込受付後は、受験する区分試験(職種)は変更できませんので注意してください。

3-2 験の申込方法を教えてください。

  電子申請(インターネット)のほか、持参又は郵送でも受付します。
  電子申請は簡単・便利に行えますので、インターネット利用環境が整っている方は、できる限り、電子申請をご利用ください。
  なお、受験申込にあたっては、各試験の受験案内を必ず確認してください。

電子申請(インターネット)で申し込む場合【推奨】

「ふくしま県市町村共同電子申請システム」にアクセスし、
(1)利用者登録(IDとパスワードの取得)・・・いつでもできます。
申込期間になったら、電子申請システムに再度アクセスし、
(2)受験したい区分試験の項目を選択し、受験申込

≪注意≫
  ○利用者登録だけでは受験申込は完了しません。
    利用者登録の後、受験申込を行ってください。
  ○受験票発行のため、A4サイズを印刷できるプリンタが必要です。

持参又は郵送で申し込む場合
 福島県人事委員会事務局採用給与課に申込書を直接持参するか、郵送(簡易書留)でも申し込むことができます。

ページの先頭へ戻る

【4 1次試験の内容についてのQ&A】

4-1 教養試験及び専門試験は、必須問題、選択問題があるのですか?

  前者は50問(民間企業等職務経験者試験は30問)、後者は40問の必須問題です。
  各試験の出題例及び出題分野別出題予定数を下記のページに掲載しています。 
 ⇒ 出題例(リンク)
                    

4-2 各試験の種目や試験問題の程度について教えてください。

  各試験の種目については、それぞれの試験の受験案内をご覧ください。なお、民間企業等職務経験者試験については、平成30年度の試験から試験種目に一部変更があります。
 ⇒ 【お知らせ】平成30年度試験の変更点 [PDFファイル/458KB]

  各試験の程度は以下のとおりです。 

試験の種類 試験問題の程度
県職員(大学卒程度)
警察官A
大学卒程度
県職員(資格免許職、民間企業等職務経験者)
市町村立学校栄養職員
短大卒程度
県職員(高校卒程度)
市町村立学校事務職員
警察官B
高校卒程度

 ※ 「試験問題の程度」とは、問題の難易度のことです。大学卒程度試験や民間企業等職務経験者試験は、受験資格を満たしていれば、学歴にかかわらず受験できます。
 ※ 民間企業等職務経験者試験の教養試験については、人文科学分野及び自然科学分野は出題されません。

4-3 論文試験及び作文試験のテーマの傾向について教えてください。

  論文試験は、時事問題及び社会事情に関すること等を中心に、作文試験は、自分の将来や身の回りに関すること等を中心に出題しています。
 ⇒ 過去の課題(出題例(リンク))

4-4 民間企業等職務経験者試験のアピールシート試験とは、どのような試験ですか?

  受験者の皆さんの職務経験などについてアピールしていただく記述式の試験です。
  受験案内(5月初め頃配布予定)に示される所定の様式に記入し、受験申込の際に提出していただきます。
  評価結果は1次試験の得点となるほか、2次試験の個別面接での参考資料とします。

4-5 民間企業等職務経験者試験の資格加点とは、どのようなものですか?

  農業土木、土木の職種について、職務に結びつく資格(※)を持っている場合には、1次試験で加点を行います。
  ※ 1級又は2級土木施工管理技士
  なお、受験資格ではありませんので、上記の資格を持たない方でも受験できます。

4-6 1次試験はどこで受験できますか?

  県職員(大学卒程度・民間企業等職務経験者)及び警察官Aの1次試験は、福島市内の会場で実施します。なお、大学卒程度の農業土木及び土木については、東京都内の会場でも実施します。
  県職員(資格免許職・高校卒程度)、市町村立学校職員及び警察官Bの1次試験は、福島市内のほか、会津若松市内、いわき市内の会場でも実施します。
  試験会場の施設名及び場所については、各試験の受験案内で確認してください。

ページの先頭へ戻る

【5 2次試験の内容についてのQ&A】

5-1 2次試験には何回行かなければならないのですか?

  県職員(民間企業等職務経験者を除く。)、市町村立学校職員及び警察官(A・B)の試験では、2次試験は2日に分けて行い、両日とも受験していただく必要があります。2日間のうち、どちらか1日を欠席した場合は、棄権とみなします。
  県職員(民間企業等職務経験者試験)試験は、2次試験は1日で行います。
  各試験とも、指定された試験日に受験していただきます。なお、指定された試験日を変更することはできません。

5-2 個別面接で聞かれることについて教えてください。

  受験者の皆さんが日頃から考えていること、関心のあること等、様々な側面から質問しています。 
  また、社会貢献活動をはじめとした受験者の皆さんの幅広い経験について質問します。                

5-3 民間企業等職務経験者試験の「個別面接(プレゼンテーションを含む。)」とはどのようなものですか?

    個別面接のなかで、与えられた課題について発表を行ってもらうものです。なお、詳細については、1次試験合格者に別途お知らせします。

5-4 集団討論とはどのようなものですか?

    受験者の皆さんが8名程度のグループに分かれ、こちらが設定したテーマについて1時間程度で自由に討論し、グループの結論をまとめてもらう方式です。
  集団討論の過去の課題については、下記のページに掲載しています。
 ⇒ 出題例(リンク)

5-5 集団討論で司会役に徹することは不利でしょうか?

  集団討論における役割による有利・不利はありません。
    ただし、集団討論は、受験者の皆さんの集団の中での指導力や協調性等を評価する試験ですので、単に司会者としての発言に終始し課題解決に向けた提案がないなど、討論への貢献がない場合は低い評価となります。

5-6 適性検査とはどのようなものですか?

    職員としての一般的な適性をみるための検査です。いわゆる「性格検査」と考えてください。

5-7 身体検査の基準は何ですか?(警察官)

    警察官として職務遂行に必要な健康度を有するかどうかを判断するものです。試験当日に検査を行う測定方式と医師の発行する身体検査書を提出する持参方式を併用して行います。身長、体重などについて基準があります。
 ⇒ 受験案内(リンク)

ページの先頭へ戻る

【6 採用手続についてのQ&A】

6-1 格者の決定方法について教えてください。

  県職員(民間企業等職務経験者を除く。)及び市町村立学校職員の場合、最終合格者は、すべての合格基準を満たす受験者の中から、1次試験と2次試験の得点を合計したうえで決定されます。
  民間企業等職務経験者及び警察官の場合、最終合格者は、すべての合格基準を満たす受験者の中から、2次試験の結果により決定されます。最終合格者の決定には1次試験の得点は反映されません。

6-2 合格から採用までの流れを教えてください。

  最終合格者は、職種ごとの「採用候補者名簿」に登載され、この中から任命権者(知事、教育委員会、警察本部長等)が採用者を決定します。

合格から採用まで

6-3 最終合格者は必ず採用されますか?

  最終合格された方は、確定後1年間有効である「採用候補者名簿」に登載されます。そして、各任命権者(知事部局・教育委員会・警察本部等)は、その中から欠員等の状況を見て、採用内定を出す仕組みになっています。従って、制度上、名簿に登載されても採用されないケース、いわゆる「名簿残」がありえます。ただし、本県においては、採用の前提となる資格や免許が取得できなかったために採用されないというケースを除き、基本的に「名簿残」はありません。

6-4 採用の内定はどのように行われるのですか?

  最終合格発表後に、各任命権者から採用内定の通知を行います。その際に、必要書類の提出等の指示があります。
  大学卒程度試験及び警察官A試験(通常募集)の場合、採用内定通知は試験年度の10月1日以降となる見込みです。

ページの先頭へ戻る

【7 その他試験に関することのQ&A】

7-1 区分試験ごとの採用予定人員はいつ決まるのですか?

  採用予定人員については、当該年度の5月初め頃に公表します。詳細は、人事委員会のホームページに掲載しますのでご覧ください。

7-2 試験時の服装はどのようなものがいいですか?

  服装については、特に指定していません。その日の気候や御自身の体調に合わせて判断してください。

7-3 OB・OG訪問は可能ですか?

  国家公務員のような、いわゆる「官庁訪問」は実施していません。

7-4 どのような人材を求めているのですか?

  東日本大震災と原発事故からの復興、そして地方創生に向け、積極果敢にチャレンジを続け、笑顔と希望にあふれる「新生ふくしま」を創っていくため、福島県では以下のページに掲げるような方を求めています。
 ⇒ 求める人物像(リンク)

  また、民間企業等職務経験者試験においては、民間企業等で培った知識経験などをいかして、即戦力として活躍していただける方を採用する試験であることから、上記の人物像に加えて、以下の【お知らせ】に掲げるような力を持ち合わせた方を求めています。
 ⇒ 【お知らせ】平成30年度試験の変更点 [PDFファイル/458KB](2ページ目をご覧ください)

7-5 職員を目指すにあたり、学生のうちにやっておくべきことはありますか?

  採用試験に向けた勉強も大切ですが、学校の授業や行事、アルバイト、ボランティアなど様々なことにチャレンジしてみてください。様々な人との交流や多くの貴重な経験を通して視野を広げることは、自分自身の成長につながり、県職員として働くうえでも必ず役に立ちます。

7-6 験会場への交通手段は、自動車でもよいでしょうか?

  試験会場及びその周辺には、受験者用の駐車場はありません。また、自動車による送迎も付近の道路が渋滞し近隣の迷惑となりますので、試験会場には公共交通機関を利用して来場してください。

7-7 害が発生した場合等の試験実施に関する情報は、どのように得ればよいですか?

  災害の発生等のやむを得ない事情により試験の日時や会場等を変更する場合、その他緊急の連絡をする場合は、人事委員会のホームページでお知らせします。
 ⇒ 福島県職員採用情報(リンク)

7-8 験の成績を知ることはできますか?

  1次試験の不合格者に対しては、1次試験の総合得点、試験種目別得点及び総合順位等を、2次試験の受験者に対しては、1次試験の結果、口述試験の得点及び総合得点等を、それぞれの合格発表日から1か月間開示しています。
  開示の方法については、合格発表のページにも掲載していますが、各試験により開示内容が異なりますので、それぞれの受験案内で確認してください。

7-9 過去の募集状況や受験倍率を教えてください。

  過去3年分の試験実施結果(採用予定人数、受験者数、合格者数、倍率等)を試験実施状況のページに掲載しています。
 ⇒ 試験実施状況(リンク)

ページの先頭へ戻る

【8 異動についてのQ&A】

8-1 異動(転勤)のサイクルはどのくらいですか?

  これといったルールはありませんが、おおむね2~5年で異動(転勤)があります。

8-2 異動(転勤)先の希望はどの程度聞いてもらえますか?

    採用内定後、調書に希望勤務地、希望部署等を記入し提出することとなっています。また、採用後も毎年同様の調書を提出します。ただし、任命権者は、本人の希望だけでなく、能力や適性、配属の際の欠員の状況等を勘案して配属先を決定するので、必ずしも希望どおりの勤務地や部署等に配属されるとは限りません。
  なお、異動にあたっては、本庁と出先機関、各任命権者(知事部局と各行政委員会等)間の人事交流も図られます。

ページの先頭へ戻る

【9 その他のQ&A】

9-1 職説明会は開催していますか?

  人事委員会が参加する説明会やイベントの日程等については、説明会情報のページで紹介しています(随時、情報を更新します)。様々な形式での説明会等を企画しておりますので、ぜひご参加ください。
  なお、説明会等の参加の有無が採用試験の結果に影響することはありません。

9-2 高校生向けの説明会はありますか?

  人事委員会が主催する説明会やイベントは、将来の職業として県職員に興味のある方であれば、年齢や試験区分を問わず、どなたでも参加できます。
  また、県内の高校・中学校向けに、キャリア教育の一環として、県職員が学校を訪問して生徒の皆さんに仕事の内容ややりがいを紹介する「出張!キャリア塾」という出前講座を実施しています。学校からの要望に応じて、開催日や時間、内容をカスタマイズできる説明会ですので、高校卒業後又は大学進学後の進路の参考として、ぜひご活用ください。
 ⇒詳しくはこちら(出張!キャリア塾(リンク)

9-3 間企業等職務経験者試験で採用された場合、大学卒程度や高校卒程度試験の採用者と比べて、採用後の処遇に差はありますか?

  民間企業等職務経験者試験は、役職者を採用する試験ではありませんので、職務経験や採用時の年齢に関わらず、係員としての採用となります。
  なお、初任給は、大学卒程度の初任給を基準に職務経験年数等に応じ、一定の基準に基づいて額が加算されます。

9-4 女性が働きやすい職場ですか?

  仕事内容、配属、昇任などにおいて男女の区別はなく、女性職員も幅広い業務にチャレンジできます。また、出産・子育て支援制度が充実しており、男女問わず、多くの職員が制度を積極的に利用しています。平成28年度の育児休業取得率は、同年に新たに育児休業が取得可能となった女性職員で100%となっており、男性職員も26.4%が取得しています。男性も女性も仕事と育児を両立させやすい職場環境です。

9-5 員採用候補者試験にはない職種の募集は、どんなものがありますか?

  保健師、福祉、獣医師、看護師、学芸員等の職種については、欠員の状況等に応じて、随時、選考による採用が行われます。選考採用を実施する場合には、各任命権者のホームページでお知らせするとともに、人事委員会ホームページにも掲載します。
 ⇒ その他採用試験情報(リンク)
  なお、選考による採用については、各任命権者にお問い合わせください。

担当課電話番号職種(例)
総務部人事課024-521-7033保健師、福祉、獣医師、任期付職員、育休任期付職員、障がい者を対象とした選考試験等
病院局病院経営課
(県立病院職員)
024-521-7226看護師等
教育庁教育総務課024-521-7755学芸員等

9-6 警察官や警察事務職員についてもっと知りたい!

  警察官や警察事務職員の採用に関する情報・お問い合わせ先
  ◆福島県警察本部 警務部警務課人事第一係
    採用フリーダイヤル 0120-276-314
    もしくはHPをご覧ください。(福島県警採用情報

ページの先頭へ戻る

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)