ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 「チャレンジ県ふくしま! ~ 福島県知事 内堀雅雄のページ ~」 > 知事の動き > 平成30年度 > 知事の動き(平成31年1月)

知事の動き(平成31年1月)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月15日更新

1月18日 ふくしまの農業 未来トーク

 内堀知事と農業法人等の経営者や若い就農者が意見を交わす懇談会「ふくしまの農業 未来トーク」を福島市で開催し、農業に従事する9名の方々に「農業法人と若い力が拓くふくしまの農業」をテーマに農業への思いや今後の目標について発表いただきました。
 知事は挨拶で、「強い信念を持って歩みを進める皆さんの姿勢や取組に刺激を受け、共に協力しながら農業に取り組まれている若い力が増えていることをとてもうれしく思います。」 と話しました。

知事写真

1月12日 伝え、残す。ふくしまアーカイブフォーラム -困難への挑戦 ふくしまだからやるべきこと-

 困難への挑戦を続ける福島県がどのようなメッセージを発信すべきか議論を深めるため、「伝え、残す。ふくしまアーカイブフォーラム -困難への挑戦 ふくしまだからやるべきこと-」をいわき市で開催し、県民栄誉賞を受賞したパイロットの室屋義秀氏と内堀知事が対談を行いました。
 知事は、「福島から世界に発信するメッセージとして室屋さんから「事実と未来」という2つの大事なキーワードをいただきました。事実は事実として伝えるのと、「この先どうするのか、未来をどうするのかという県民の思い」は2020年夏に双葉町に開設するアーカイブ拠点施設で上手に皆様に感じていただく伝え方をしなければいけないと考えています。」と話しました。
 対談の前には、「困難に立ち向かい挑戦した福島県が、後世に、世界に発信すべきことは何か?」をテーマに、県内で復興に向けて精力的に活動を行う有識者によるパネルディスカッションが行われました。

知事写真

1月8日 平成30年度公益財団法人福島県体育協会表彰式

 本県スポーツの功労者、優秀選手、優秀指導者等を表彰する平成30年度公益財団法人福島県体育協会表彰式が開催され、内堀知事が出席しました。
 名誉会長である知事はあいさつの中で、サッカーやレスリング、バドミントンなど今年度活躍した選手の名前を読み上げながらその活躍を讃えた後、「体育協会では、スポーツを通して希望と笑顔に満ちあふれた「新生ふくしま」の実現に向け取り組んでまいります。本日表彰された選手の皆さんを始め、本県から多くの選手が、2020年の東京オリンピック・パラリンピックで活躍されることを期待しています。」と話しました。

知事写真