ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 「チャレンジ県ふくしま! ~ 福島県知事 内堀雅雄のページ ~」 > 各地域への訪問 > 令和3年度 > 令和3年度 各地域への訪問

令和3年度 各地域への訪問

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月1日更新
チャレンジふくしま訪問
月日 内容 場所

8月25日

(株)オクヤピーナッツジャパン 喜多方市

8月6日

だるまランド

白河市

7月20日

(株)ナラハプラントファクトリー 楢葉町
4月23日

楢原小学校

下郷町

チャレンジふくしま訪問

 県内で活動している様々な団体の現場を知事が訪問し、県民のみなさんの声を直接聴く「チャレンジふくしま訪問」を実施しております。

8月25日 株式会社オクヤピーナッツジャパン

 8月25日、内堀知事は喜多方市にある(株)オクヤピーナッツジャパンの加工施設を訪問しました。
 同社は、落花生をラーメン店や菓子店などの地元企業に供給し、「ピーナッツ担々麺」や「ピーナッツバター」を使ったお菓子など、地域と一体化した商品づくりを推進しています。かねてより地域の農家に落花生の生産を委託していましたが、昨年、農業生産法人を立ち上げ、自ら落花生を生産するほか、会津地域15カ所の授産施設と連携し、落花生の栽培管理の一部や莢(さや)からの豆の手剥き作業を委託するなど、農福連携にも取り組んでいます。
 知事は、「落花生も6次加工することによって広がりが出ると思う。マーケットって広がるし、今後海外へ広げていく可能性もある。是非この分野を頑張って欲しいと思います。地域の宝物を磨いてください。」等と話しました。

株式会社オクヤピーナッツジャパン1

株式会社オクヤピーナッツジャパン2

 株式会社オクヤピーナッツジャパン

     代表取締役 松﨑健太郎さん

     所在地:福島県喜多方市字天満前8930

     電話番号:0241-23-7630

     オクヤピーナッツジャパン ホームページ

 

8月6日 だるまランド

 8月6日、内堀知事は白河市にあるだるまランドを訪問しました。
 だるまランドは、白河だるま総本舗が製造・販売拠点として使用していた旧店舗(築150年以上)を改築し、令和3年7月8日にオープンさせた観光施設で、だるまの販売や絵付け体験、企画展示のほか、高さ約2メートルの巨大だるまガチャガチャや、タブレット端末で描いた絵を画面上で動かせる「だるまさんが転んだ」ゲームなど、趣向を凝らしたアトラクションも楽しむことが出来ます。
 知事は、「新しいチャレンジを、苦しい中で頑張ってくれている県内でのモデルケースだと思う。県としても行く行くは海外のお客様、インバウンドも呼び込みたいので、伝統と革新のある世界のだるまランドとしてPRしたい。是非一緒に頑張っていきましょう。」等と話しました。

  だるまランド1

だるまランド2

 だるまランド

     白河だるま総本舗 第十四世 渡邊高章さん

     所在地:福島県白河市横町30番地

     電話番号:0248-23-3978

     だるまランドホームページ

 

 7月20日 株式会社ナラハプラントファクトリー

 7月20日、内堀知事は楢葉町の株式会社ナラハプラントファクトリーを訪問しました。
 同社は、震災前に楢葉町の特産品であったサンシャイントマトの栽培を復活させ農業の再生を図りたいという町の強い思いに共感し、令和2年に町から園芸施設を借り受けてトマト栽培を始めました。トマト生産に当たっては、最新式の複合環境制御システムを導入し、安心・安全・品質にこだわりJGAPの認証を受けるなど、消費者に美味しく安心して食べていただけるよう努力されています。
 知事は、「復興のトマトは強いメッセージ性がある。いろんな場面でこういった素晴らしい良い活動をされているということを、県としても振興局としても是非後押しして、その発信を私自身もやっていきたいと思います。」等と話しました。

株式会社ナラハプラントファクトリー 1

株式会社ナラハプラントファクトリー 2

 株式会社ナラハプラントファクトリー

     代表取締役 青木浩一さん

     所在地:福島県双葉郡楢葉町大字上繋岡字中原17番地の2

     電話番号:0240-23-5903

 

4月23日 楢原小学校

  4月23日、内堀知事は下郷町の楢原小学校を訪問しました。
 楢原小学校は、環境教育に積極的に取り組んでおり、令和2年度の福島議定書事業で優良で模範的な取組をした学校として最優秀賞を受賞しています。
 知事は児山未知さん、藤原心結さん、玉川七彩さん3名の児童から説明を受けながら学校を視察したあと、玉川敦大さん、星太陽さん、野矢悠斗さん3名の児童から福島議定書事業の取組を電子黒板を使ったプレゼンテーションで説明を聞きました。
 知事は、「みなさんの取組は日本や地球の環境を守るために大事。そしてそれが他の子ども達の健康や命を守るために役立つということは凄く大事。知事も、もっと頑張らなきゃいけないって、沢山元気と勇気をいただきました。」等と話しました。

楢原小学校1

 

楢原小学校2