ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県民の生活と健康 > 医療福祉の現状 > 浜通り及び県全域での取り組み

浜通り及び県全域での取り組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月29日更新

福島県では、福島県浜通り医療復興計画に基づき、平成23から27にかけて被災地域の医療の課題点を分析し、その改善を図る取組を支援しています。ここでは、浜通り及び県全域での課題と取組をご紹介します。

浜通り及び県全域の課題と対応

震災による医療人材の不足

震災により医療人材が県外に多数避難

  • 短期~中期的
    震災により人材不足が深刻化している医療機関への喫緊の対応が必要
  • 長期的
    県内で勤務する医師を増やす取組が必要

1.短期~中期的な対応

(1)人材確保の支援

人材不足に悩まされている医療機関が被災した医療従事者や県外の医療従事者を雇用したり、県外の医療機関から支援を受ける場合、その人件費等を補助しています。

医療人材の確保の流れ

(2)医大の人材派遣の支援

県立医科大学が県外から確保した医師等を医師が不足している地域に派遣する取組を支援しています。

医療人材派遣支援の流れ

2.長期的な対応

(1)修学資金の拡充

県立医科大学医学部を卒業した後、県指定の医療機関に一定期間勤務した場合、返還を免除する修学資金制度を拡充しました。

修学資金制度を説明している図

(2)看護職員の勤務環境改善等

各医療機関が実施している看護職員を確保するための様々な取組を支援しています。

看護職員の確保のために保育所の整備など様々な取り組みを支援している図


トップに戻る