ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 水・食品等の放射性物質検査 > 農林水産物 > 農林水産物のモニタリング検査件数及び結果の推移

農林水産物のモニタリング検査件数及び結果の推移

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年2月12日更新

県が実施している緊急時環境放射線モニタリング検査(出荷・販売用の福島県産農林水産物(出荷制限等が指示されている地域の品目を除く))に加え、産地が主体となった米の全量全袋検査など放射性物質の検査を綿密に実施し、その検査結果をホームページ等で公表しています。

令和2年度の農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング検査結果(*1)(1月31日現在)

令和2年度の農林水産物のモニタリング検査結果(1月31日現在)

・基準値を超過したものは市場流通していません。

・令和2年度の検査結果の詳細や、摂取や出荷が制限または自粛されている品目等についてはこちらのページをご覧ください。

・結果は、翌月の中旬に更新します。

農林水産物の放射性物質検査 サイト紹介

品目(名称)、福島県の各市町村単位で検査結果を調べることができます。

福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報

農林水産物モニタリング検査情報

(福島県が実施)

福島県農林水産物・加工食品モニタリング情報

ふくしまの恵み

米の全量全袋検査結果と産地の

自主検査結果の情報

ふくしまの恵み

令和元年度の緊急時環境放射線モニタリング検査結果のまとめ

放射性セシウム濃度

食品群(品目別)ごとにセシウム濃度の検出割合を示しています

令和元年度の検査結果の概要

・令和元年度は475 品目、1万5,760 件のモニタリング検査を行いました(令和元年度に公表した平成30年度以前の検査結果を含みます)。

・基準値超過の件数は4件で全体の0.03%となっており、ほとんどが基準値以下となっています。
 (基準値を超えたのは、国から出荷制限の指示がなされている河川・湖沼の魚類4件(イワナ・ヤマメ)です。)

・野菜・果実、畜産物は、検出下限値未満の割合がそれぞれ96.5%、99.6%となっています。

・検出下限値は、検査の都度ホームページで公表しているモニタリング検査結果に記載されています。
 (品目によっても異なりますが、概ね5~10Bq/kgとなっています。)

最新の検査結果はこちらをご覧ください。

これまでの緊急時環境放射線のモニタリング検査結果(平成23年3月~令和3年1月)

検査件数・品目と超過件数

 
年度 品目数 検査件数

基準値超過件数

(全体に占める割合)

令和2年 460    13,183

   1(0.01%)(※1)

令和元年 475  15,760    4(0.03%)
平成30年 492  16,708    6(0.04%)
平成29年 519  19,545   10(0.05%)
平成28年 510  21,180    6(0.03%)
平成27年 496  23,855   18(0.08%)
平成26年 488  26,041   113(0.43%)
平成25年 468  28,770   419(1.46%)
平成24年 509  61,531

1,106(1.80%)(※2)

平成23年 541  19,971  681(3.41%)(※2)
  計   246,544  

※1 出荷制限解除に向け平成28年度に行った検査で基準値を超過した1件(令和2年9月公表)

※2 平成23年度及び平成24年度の一部の基準値超過件数は暫定規制値を超過した件数

基準値及び暫定規制値についてはこちらをご覧ください。

検査品目の内訳と検査結果の概要

 

平成23年度から令和3年1月末までの検査件数は、24万6,544件となっています。

・出荷・販売用の福島県産農林水産物について、放射性物質のモニタリング検査を実施し、安全性を確認しています(検査件数に、出荷制限等が指示されている地域の品目は含みません)。

・検査件数は各年度に公表した検査結果の合計です。

・平成23年度から令和2年度までの10年間で、基準値を超過する件数の全体に占める割合は確実に減少しています。特に、畜産物・栽培きのこは平成24年度から、野菜・果実・内水面養殖魚は平成25年度から、基準値の超過はありません(平成29年9月に基準値超過した、特定ほ場の「クリ」1件(平成24年10月以降販売を中止しており、十分な栽培管理をしていないが継続して調査したもの(平成30年12月5日に伐採)を除く)。

・各品目ごとのモニタリング検査結果の推移はグラフのとおりです。               

・年度ごとの品目別検査結果一覧は下記をご覧ください。 

品目ごとの基準値超過割合の推移

・平成23年度から令和元年度までの基準値超過割合の推移を品目毎にグラフにしています。

基準値及び暫定規制値についてはこちらをご覧ください。

穀類について

 穀物全体
大豆そば 

野菜について

 野菜全体アスパラガス
 キュウリトマト

 

果実について

 果実とモモ
 リンゴとナシ

 

畜産物について

 畜産物と原乳
 牛肉と鶏卵

 

水産物について

 水産物全体と海産物
内水面養殖他 

 

林産物について

 林産物

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る