ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県民の生活と健康 > 医療福祉の現状 > 双葉エリアでの取り組み

双葉エリアでの取り組み

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月29日更新

福島県では、福島県浜通り医療復興計画に基づき、平成23年度から27年度にかけて被災地域の医療の課題点を分析し、その改善を図る取組を支援しています。ここでは、双葉エリアでの課題と取組をご紹介します。

双葉エリアの課題と取組

1.エリアの構成

双葉エリア内の市町村

※このうち、広野町を除くすべての町村が旧警戒区域内にあり、今なおエリアの大部分が避難指示区域となっています。
【参考リンク】
避難指示区域等

2.双葉エリアの課題と方針

震災により双葉エリアの医療機関に与えた影響をまとめた図

これらの課題に対応するために・・・

対策の方針

  1. 避難住民向けの仮設診療所を開設する
  2. 旧警戒区域等にあった医療機関が浜通り地方で診療を再開する

→ 1・2の場合に必要な経費を補助し、避難先・帰還先の地域医療の提供を確保します。

3.医療機関の再開を支援する取組

医療機関の再開を支援する取組をまとめた図

(1)避難住民向けに診療を行う仮設診療所 (2)避難先で再開する医療機関 (3)帰還して再開する医療機関 それぞれに対して開設・運営費を補助し、避難先・帰還先で住民が十分に地域医療を受けられる体制を整えています。

トップに戻る