ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 再エネ/医療/ロボット/福島イノベーション・コースト構想 > 東日本大震災・原子力災害伝承館 > (バス補助)東日本大震災・原子力災害伝承館学習活動支援事業について

(バス補助)東日本大震災・原子力災害伝承館学習活動支援事業について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年10月28日更新

バスの経費の一部を補助します

〇 福島県双葉町に 東日本大震災・原子力災害の教訓を後世に伝え、広く国内外に発信する「東日本大震災・原子力災害
 伝承館」が9月20日(日曜日)に開館します。

〇  開館にあたり、福島県においては、県内の学校が東日本大震災・原子力災害に関する学習を行うことを目的に、伝承館
 を訪れる際のバス料金について補助事業を実施します。

〇  詳細は、「東日本大震災・原子力災害伝承館学習活動支援事業(バス経費補助)補助金交付要綱」及びチラシをご覧く
 ださい。

※   伝承館では、東日本大震災から10年目を迎え、当時の記憶が薄れている生徒、震災を経験していない生徒の皆さんに  
  当時起きたこと、これまでどのような取り組みを行われてきたかをわかりやすく学ぶことのできる展示や、語り部による口
  演などのプログラムを提供していきます。

 

申請書類等

 バス補助事業チラシ [PDFファイル/901KB] (10月28日更新)

 手続きの流れ〈来館前〉 [PDFファイル/754KB] (10月28日追加)

 手続きの流れ〈来館後〉 [PDFファイル/791KB] (10月28日追加)

 補助金交付要綱(改正版) [PDFファイル/159KB]

 申請様式 [Excelファイル/252KB]

 口座振込整理表 [Wordファイル/40KB]

 各様式記載例 [PDFファイル/267KB](10月28日追加)

 

【消費税等の取り扱いについて(訂正)】(9月24日追加)

一律、消費税等を減額したうえでの申請をお願いしておりましたが、
要綱第4条第4項の規定はあくまで「仕入控除税額」を減額するものであるため、
当該要件に合致する場合のみ、仕入控除税額を減額して申請をお願いいたします。

※学校長名での申請の場合は、「仕入控除税額」の減額は不要のため、税込価格にて申請をお願いいたします。

 

問い合わせ先

     〒960-8043

         福島市中町1-19中町ビル4階 (JTB福島支店福島オフィス内)

        東日本大震災・原子力災害伝承館学習支援事業事務局

    【電話】 090-7300-9786

    【Fax】  024‐522‐2980

    【mail】  denshokan2020@jtb.com

 

【補助金交付要綱を改正しました。】(9月17日改正)

 補助金交付要綱を以下のとおり改正しました。

  補助金交付要綱改正概要 [PDFファイル/257KB]

  新旧対照表 [PDFファイル/67KB]

 

【口座振り込み整理票が必要になります。】(9月14日追加)

 申請書類について、新たに口座振込整理票が必要になります。
 お手数ですが、御記入の上、申請書等を併せて提出願います。

  口座振込整理表 [Wordファイル/40KB]

 

 施設利用料金(入館料金)の免除について

   バスの補助事業と併せて、小~高校生の学校教育に基づく活動として予め申請し、認められたときは入館料金の額の全
 額が免除されます。

   〇  対象:全国の小学校、中学校、高等学校、特別支援学校等

   ※  申請手続き等については、東日本大震災・原子力災害伝承館にお問い合わせください。

     【電話】 0240-23-4402

  【Mail】  densyoukan-yoyaku@fipo.or.jp

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る