ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第193回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月26日更新

第193回国会における安倍内閣総理大臣施政方針演説

 平成29年1月20日(金)の第193回国会での首相施政方針演説において、福島復興特措法の改正及びイノベーション・コースト構想の推進が言及され、この中で、(株)タカワ精密渡邉取締役(南相馬市)の「南相馬が『ロボットの町』と言われるよう、若い力で頑張る。」という言葉が引用されました。

○ 演説該当部分抜粋

(被災地の復興)
 再生可能エネルギーから大規模に水素を製造する。最先端の実証プロジェクトが、福島で動き出しました。
 南相馬では、町工場の若い後継者たちが力を合わせ、災害時に水中調査を行うロボットを開発しました。その一人、金型工場の二代目、渡邉光貴(こうき)さんが、強い決意を私に語ってくれました。
 「南相馬が『ロボットの町』と言われるよう、若い力で頑張る。」
 原発事故により大きな被害を受けた浜通り地域は、今、世界最先端の技術が生まれる場所になろうとしています。
 福島復興特措法を改正し、イノベーション・コースト構想を推し進めます。官民合同チームの体制を強化し、生業(なりわい)の復興を加速します。

○ 演説全体 ※首相官邸HPへリンク


トップに戻る