ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 避難区域の状況・被災者支援 > 被災者を支援するNPOなど > 令和2年度ふるさと・きずな維持・再生支援事業活動成果

令和2年度ふるさと・きずな維持・再生支援事業活動成果

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月27日更新

実施団体概要

 団体名:一般財団法人飯舘までい文化事業団

 所在地 :福島県福島市下鳥渡字扇田30番地の3
 Tel : 024-597-6800
 Fax : 024-546-1587
 受付時間:平日10時00分〜16時00分

事業概要

国境を超えた風評被害は学生交流で克服する!
―日台大学生が運営する「ふくしまキッチンtarotaro」の台湾出店を目指して

こんなことをやりました

1 福島で昔から作られている漬物のリサーチ
2 日台共作の特産品発表を目的とした福島市でのイベント参加
3 台北大学とのオンラインによる成果発表会
4 福島大学と台湾の学生による日台交流ウェブマガジンの制作

ねらいはここです

本事業は、台湾での福島の県産品の風評被害払拭と福島と台湾の若者による地域を巻き込んだ食の文化交流が目的です。台湾の学生が「福島の新特産品」づくりに関わることで「当事者」として福島の復興と風評払拭に取り組み、その成果を広く台湾の若い市民にアピールすることができます。

こんないいことがありました

・コロナ禍で台湾の学生が福島に来ることは叶わなかったが、そのかわりにオンラインやSNSなどを使い恒常的なやり取りが増え、コミュニケーションをよく取ることができた。
・コロナ渦であってもインプットとアウトプットをバランスよくできた。これまでHPだけだったが、SNSやウェブショップを利用するなど、幅広く発信することができた。

少しは失敗したけれど

コロナの影響で当初計画していた研修は半分しか実現できなかったが、日本も台湾も共通したコロナという問題を抱え、互いにどうにか交流しようと関わることでこれまでよりも絆が深まった。

これからこんなことをしようと思います

オンラインにより台湾とのつながりも維持することできたので、来年度は台湾からの学生を福島へ受け入れつつも、もっと台湾国内での風評被害払拭のための活動もしていきたいと考えています。

14-a

福島県内のお母さんたちにさまざまな漬物を習いました。たくさんの漬物レシピが集まりました。漬物を通して、地域の歴史や風土が見えてきました。

14-b

福島市や飯舘村でイベントに参加。今年度習ったさまざまな福島の漬物や台湾料理を販売しました。イベント出店を通してお客様に台湾や事業のことを伝えました。


トップに戻る