ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 水・食品等の放射性物質検査 > 一般家庭の食事 > 日常食の放射線モニタリング結果

日常食の放射線モニタリング結果

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年4月28日更新

令和3年度の調査結果

・県内全域(15市町村)の一般世帯から選定した17名について調査を行いました。
その結果、家庭における食事1キログラム当たりの放射性物質の濃度は、放射性セシウムが不検出~1.8ベクレル、放射性ストロンチウムが不検出であり、食品に関する基準値※1を大幅に下回っていました。

令和3年度  日常食に含まれる放射性物質の濃度

測定項目 対象人数 検体数 測定値の範囲(Bq/kg・生) 備考
放射性セシウム 15 15

不検出 ~ 1.8

  
  セシウム-134 15 15 不検出 ~ 0.063
セシウム-137 15 15 不検出 ~ 1.7
ストロンチウム-90 12※2 12

不検出

 ※1 食品衛生法における基準値(放射性セシウム)

    一般食品:100(ベクレル/kg生)

    乳児用食品:50(ベクレル/kg生)

    牛乳:50(ベクレル/kg生)

    飲料水: 10(ベクレル/kg生)

 ※2 ストロンチウム-90についてはガンマ線人工核種(放射性セシウム)が検出された試料について測定。

過去の調査結果

令和2年度の調査結果

令和元年度の調査結果

平成30年度の調査結果

平成29年度の調査結果

平成28年度の調査結果

平成27年度の調査結果

平成26年度の調査結果

平成25年度の調査結果

 平成24年度の調査結果

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る