ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 避難区域の状況・被災者支援 > 復興公営住宅 > 富田団地4号棟(郡山市)の現場進捗状況

富田団地4号棟(郡山市)の現場進捗状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年8月21日更新

団地概要

  • 建設場所:郡山市富田町字登戸 地内
  • 構造・階数:鉄筋コンクリート造 5階建て
  • 棟数・戸数:1棟・34戸
  • 入居可能月:平成27年8月

平成27年7月の進捗状況 ★建物完成★

 【富田団地4号棟】 建物完成

  【全景(東側)】
 富田7-1
  全ての工事が完了し、住宅が完成しました。
  8月1日から入居が開始されます。
  写真は、東側から見た建物の全景写真です。

  【全景(西側)】
 富田7-2
  西側から見た建物の全景です。

  【リビング・和室】
 富田7-2 
  住戸の内部写真です。
  居室同士の段差を無くし、バリアフリー化を図りました。

  【台所】
 富田7-4
  写真は、2LDKの台所です。

  【洗面脱衣所】
 富田7-5
  脱衣洗面所には、洗面化粧台、洗濯機パンを設けました。

  【浴室】
 富田7-6
  浴室には、追炊き機能付きの給湯器を設置しました。

平成27年6月の進捗状況

 【富田団地4号棟】 外構工事中

 富田6-1
  住棟の工事が完了し、外構工事が進められています。
  7月末の完成に向けて、鋭意施工中です。

 富田6-2 
  写真は駐車場への乗り入れ部分です。
  この後、アスファルトの舗装が施工されます。

 富田6-3
  写真は、駐輪場の土間コンクリートの左官仕上げ状況です。
  これから、駐輪場の他、物置・ゴミ庫も設置され、植栽工事も施工されます。

平成27年5月の進捗状況

 【富田団地4号棟】 内装工事、外構工事中

 富田5-1
  外壁の塗装が完了し、外部足場の解体が完了しました。
  建物の全体が見えるようになりました。

 富田5-2 
  住棟の工事がほぼ完了し、外構工事が本格化しています。
  法面の成形、植栽工事、舗装工事が進められています。

 富田5-3
  全戸、内装工事がほぼ完了しました。
  これから、建具調整や畳の敷き込み、クリーニングを行います。

平成27年4月の進捗状況

 【富田団地4号棟】 内外装工事中

 富田4-1
  現在、外壁の塗装を行っています。
  塗装が完了した外壁面から順に外部足場を解体しています。
  外部足場解体完了後、外構工事が本格化します。

 富田4-2 
  上の写真は、3階床フローリング張りの状況写真です。
  内装工事も終盤で、今後、4階・5階の床フローリング張りを施工すると、内装工事はほぼ完了になります。

 富田4-3
  5階のクロス貼り状況写真です。
  クロス貼りの後、床フローリング張りを施工します。

平成27年3月の進捗状況

 【富田団地4号棟】 内外装工事中

 富田3-1
  現在、内外装工事を施工中です。

 富田3-2 
  屋上の保護コンクリートの打設が完了しました。
  外壁の塗装がスタートしました。

 富田3-3
  1階から3階まで置床工事が完了しました。
  1階から順にクロス貼り、床フローリングの施工が進められています。

平成27年2月の進捗状況

 【富田団地4号棟】 内外装工事中

 富田2-1
  躯体工事、屋上防水工事が完了し、3月には屋上の断熱材敷き込みと保護コンクリートの打設を予定しています。

 富田2-2
  上の写真は、外壁材となるALCの建て込み状況写真です。
  3階まで完了し、現在は4階、5階で施工しています。

 富田2-3
  内部では、1階の住戸内の内装工事を施工中です。
  3月には、2階から5階においても内装工事をスタートする予定です。

平成27年1月の進捗状況

 【富田団地4号棟】 内外装工事中

 tomita1-1
  PC躯体工事(5階)が完了し、内外装工事が進められています。

 tomita1-1 
  アスファルト防水が完了し、この後、断絶材の敷き込み、保護コンクリート打が施工されます。

 tomita1-3
  ベランダ手摺、ガラスの取付が完了しました。

平成26年12月の進捗状況

 【富田団地4号棟】 躯体工事中

 tomita12-1
  現在、躯体PC工事中です。
  12月末現在、最上階(5階)壁・スラブ建込みまで進んでいます。

 tomita12-2 
  写真は、PCの建込み状況です。
  まもなくPC工事が完了し、屋上防水工事、内外装工事に着手予定です。

  ※PC(プレキャストコンクリート)とは、あらかじめ工場で製造したコンクリート製品のことをいいます。
    現場で打設するコンクリートに比べ、工期の短縮を図ることができます。


トップに戻る