ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ふくしまを応援 > 企業や団体様の応援はこちら > クウェートからの救援金による事業

クウェートからの救援金による事業

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月2日更新

 クウェート国石油大臣から経済産業大臣あてに、復興支援を目的とする原油500万バレルの無償提供の申し出があり、日本赤十字社を介してその原油の売却代金が、岩手県、宮城県及び本県に送金されました。

 本県では、このクウェートからの救援金を、被災した中小企業に対する支援、サテライト校の生徒に対する支援、県外避難者への情報氏発行等の事業に活用しています。

1 救援金の概要

 クウェート政府から日本政府に対して、東日本大震災の被災者支援を目的とした原油の無償提供(500万バレル)の申し出があったため、経済産業省は国内石油元売会社、日本赤十字社と協議し、クウェート政府の了解を得て、石油元売会社が原油を取得し、その代金相当額を日本赤十字社において被災者支援に活用する仕組みとしました。

 日本赤十字社では、経済産業省、クウェート政府の了解を得て、特に被害が甚大であった岩手県、宮城県、福島県の3県において被災者のため被災地復興支援の各種事業を実施することが適当と判断し、3県に復興支援金として原油の売却代金を、平成24年1月6日に送金されたものです。

2 救援金の額

 15,478,895,804円(原発事故関連対応分30億円を含む)

 

3 救援金の使途

 救援金は、福島県原子力災害等復興基金に積み立てし、被災者支援などの復興支援事業に充当します。 

○ 「平成29年度充当事業一覧」  [PDFファイル/240KB]

○ 「平成28年度充当事業一覧」 [PDFファイル 214KB]

○ 「平成27年度充当事業一覧」 [PDFファイル 134KB]

○ 「平成26年度充当事業一覧」 [PDFファイル 121KB]

○ 「平成25年度充当事業一覧」 [PDFファイル 110KB]

○ 「平成24年度充当事業一覧」 [PDFファイル 120KB]

○ 「平成23年度充当事業一覧」 [PDFファイル 86KB]

○関連情報

   クウェート政府からの復興支援金を送金(日本赤十字社ホームページ)

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る