ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 農林水産業 > 本格的な操業に向けた取組 > 沿岸漁業の対象種・対象海域

沿岸漁業の対象種・対象海域

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年7月14日更新

沿岸漁業の対象種

操業対象種は、「すべての魚介類(出荷制限魚種を除く)」です。

  • 平成24年6月に3魚種を対象に始まった試験操業は、毎週200検体前後のモニタリング検査結果により安全が確認された魚種が対象として選定され、平成29年1月までに97魚種が対象となりました。
  • 平成29年3月に、福島県漁業協同組合長会議において、平成27年4月以降のモニタリング検査で基準値を超える魚種は認められず安全が確認されていることから、出荷方針が改正され、試験操業対象種の表記が「すべての魚介類(出荷制限魚種を除く)」に変更されました。
  • 試験操業を終了した令和3年4月以降の操業においても、ひき続き同じ出荷方針で取り組んでいます。

 

沿岸漁業の対象海域(令和3年4月~)

試験操業の対象海域


トップに戻る