ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

検査の流れ

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月29日更新

1 検査品の確認

 県内の各保健福祉事務所(保健所)から毎週、衛生研究所に検体が搬入されます。

検査品を確認する様子

2 検査品の細切

 精密な測定を行うため、検体を細かく刻みます。

検査品を細かく刻む様子

3 測定用試料

 細切した食品を測定用の容器に充填します。正確に測定するため、容器に充填する際は、隙間が少なくなるよう注意します。

測定容器に入った検査品

4 測定

 ゲルマニウム半導体を用いた測定器で測定を行います。1つの検体に必要な測定時間は、30分から40分程度です。

測定器で測定を行う様子


トップに戻る