ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

2.南相馬市の状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月20日更新

避難市町村の状況

1.田村市2.南相馬市3.川俣町4.広野町5.楢葉町6.富岡町7.川内村8.大熊町9.双葉町10.浪江町11.葛尾村12.飯舘村

避難地域復興局 平成29年12月1日現在

1.避難者の状況

平成23年3月11日現在の住民の数

71,561人

現在の避難者数等

避難の状況と市内居住の状況 南相馬市Webサイト(外部サイトへ)

旧避難指示区域内の居住状況 南相馬市Webサイト(外部サイトへ)

2.市町村役場 (仮庁舎等の設置状況)

  • 市役所:移転なし(南相馬市原町区本町二丁目27) 。
  • 小高区役所:業務再開済。

3.区域の設定状況

現在の設定状況

  • 避難指示解除準備区域(平成28年7月12日解除)
  • 居住制限区域(平成28年7月12日解除) 
  • 帰還困難区域

4.復興計画(ビジョン)の策定状況

5.除染

6.公共交通機関(鉄道・バス等)

  • JR常磐線(浪江-仙台間):再開済。小高-浪江間:再開(平成29年4月) 
  • JR東日本において原ノ町-竜田間代行バスの運行開始(平成27年1月)。
  • (株)さくら観光において南相馬-東京方面高速バスの運行開始(平成27年4月)。

7.商業施設(商店、スーパー等)

原町区

  • 商業店舗は一部が営業未再開、金融機関は通常営業。

小高区

  • ガソリンスタンド、理美容室等一部が営業再開済。
  • あぶくま信用金庫、小高郵便局、飯崎簡易郵便局、東邦銀行は営業再開済。
  • JAふくしま未来小高総合支店、福浦支店が営業再開済。
  • 東町エンガワ商店(営業中)、飲食店(浦島鮨、双葉食堂、島魚、十割そばこごた、更紗)営業再開。
  • コンビニエンスストア(ローソン・ファミリーマート)営業再開。
  • 魚屋、帽子カバン店、衣料品店等の商店が営業再開。
  • コインランドリー、精米所が開始。
  • 小高駅前でアンテナショップ(希来)営業中。
  • 小高商工会の新会館が完成し、平成27年6月1日より業務開始
  • 小高区再開事業者情報

8.教育

保育所・幼稚園・認定こども園・小規模保育事業所

旧警戒区域外(原町区、鹿島区)

  • 公立幼稚園:8園中5園が開園中。
  • 公立保育所:5園中4園が開園中。
  • 私立幼稚園:3園開園中 。
  • 私立保育所:3園開園中。
  • 私立認定こども園:1園開園中(※平成28年4月1日保育所から移行)。
  • 私立小規模保育事業所:2園開園中。

旧警戒区域内(小高区)

  • 小高幼稚園:平成29年4月再開
  • 公立幼稚園3、私立幼稚園1、保育所1いずれも休園中。

小学校

  • 小高、金房、鳩原、福浦小学校:平成29年4月小高小学校にて再開(4校合同運営)
  • 真野小学校:平成26年4月に鹿島小学校と統合。
    ※その他の小学校は自校にて再開。

中学校

  • 小高中学校:平成29年4月自校にて再開。
    ※その他の中学校も自校にて再開。

高等学校

  • 原町高校、相馬農業高校:通常通り開校中。
  • 私立松栄高:H25年度末に廃校
  • 小高工業高校、小高商業高校を統合し、小高産業技術高校として平成29年4月開校。

9.医療・福祉

医療施設(薬局含む)

  • 市立小高病院:内科外来再開済。遠隔診療開始(平成29年5月)
    小高病院 南相馬市Webサイト(外部サイトへ)
    ※半谷医院(週2日診療再開)、もんま整形外科医院(週3日診療再開)、上町内科皮フ科クリニック(平成29年12月再開)、その他小高区医療機関は休診中。
  • 小高調剤薬局:平成29年4月開業。
  • 市内の診療実施状況:6病院31診療所、599床 ※震災前8病院39診療所。
    ※参考 南相馬市医療機関マップ 南相馬市Webサイト(外部サイトへ)
  • 市立総合病院の未再開診療科:眼科。
  • 市立総合病院「脳卒中センター」オープン(平成29年2月1日)。

福祉施設(介護、障がい)

  • 原町区内 平成29年12月再開:介護老人保健施設ヨッシーランド、グループホームヨッシー4
  • 小区内    平成28年  4月再開:あすなろデイサービスセンター、ほっと悠 あゆみ
  •      平成29年 9月開業:ほほえみおだかデイサービスセンター、NPO法人あさ家
  •      平成29年11月開業:お元気デイサービス、彩りの丘
  •      休園中:特別養護老人ホーム梅の香、グループホーム小高
  • ※参考 南相馬市介護事業所一覧 南相馬市Webサイト(外部サイトへ)                

健康管理(放射線被ばく関係)

  • 全住民対象のガラスバッジによる個人積算線量測定を実施中。
  • 全住民対象のWBC放射線内部被ばく検診:市立総合病院(乳幼児用内部被ばく検診可)、渡辺クリニック(旧渡辺病院)にて実施中。18歳以下は年2回、19歳以上は年1回の受診可。
  • 市内小中学校の児童生徒は年2回の集団検診を実施。
  • 放射線健康相談窓口設置(放射線相談員の配置)(平成27年9月)。

10.住民意向調査等


トップに戻る