ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

基本調査について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月28日更新

基本調査

 東京電力福島第一原子力発電所の事故後、空間線量が最も高かった時期における放射線による外部被ばく線量の推計を行うため、全県民の皆さまを対象に実施しています。本調査に回答されていない方がおりましたら、是非、回答されますようお願いします。

 基本調査について、詳しくは下記PDFファイルをご覧ください。

 基本調査について [PDFファイル/108KB]

 なお、基本調査の最新の調査状況については、下記リンクの各回の検討委員会資料にてご覧いただけます。

 「県民健康調査」 検討委員会・甲状腺検査評価部会について

基本調査の結果

 外部被ばく線量の推計結果は回答した方に必ずお知らせします。回答されている方で未だ推計結果が届いていない方につきましては、しばらくお待ちください。

問診票について

 問診票には詳細版と簡易版の2種類あり、該当する方をご確認のうえ、回答していただくことになります。問診票を必要とされる方は下記問い合わせ先までご連絡ください。また、問診票を破棄又は紛失されてしまわれた方につきましても再交付しておりますので、電話又は下記インターネットによりお申込みいただけます。

種  別該 当 条 件
詳細版問診票(当時、避難地域等以外に居住で、)震災後4か月間で避難や引っ越し等で、居住地・学校・勤務先など、行動パターンの大きな変化が2回以上あった場合、又は行動パターンの判断に迷う場合。
簡易版問診票震災後4か月間で避難や引っ越し等で、居住地・学校・勤務先など、行動パターンの大きな変化が1回以下の場合。

 「詳細版問診票(見本)」 [PDFファイル/1.96MB]

 「簡易版問診票(見本)」 [PDFファイル/1.07MB]

 インターネットによる問診票再交付申請(福島県立医科大学)

問診票の書き方

 問診票には震災当時の行動記録を記入していただきます。震災当時の行動記録がわかる資料(家計簿、日記等)を参考にしたり、下記の出来事カレンダーや動画を活用してください。

 なお、記録がない場合や、震災当時の行動記録を思い出せない場合は福島県立医科大学において、書き方の支援を行っておりますので、下記問い合わせ先までお気軽にお問い合わせください。

 出来事カレンダー [PDFファイル/131KB]

Q&A

 基本調査に関するQ&A [PDFファイル/292KB]

動画

 基本調査の目的と書き方を動画で説明します。動画をすべて再生すると14分35秒になります。

 「1 オープニング」~「5 記憶のヒント」は、「問診票の書き方」を項目ごとに5分割したものです。

 問診票の書き方<wmvファイル 14分35秒>

 

 1 オープニング<wmvファイル 58秒>

 2 調査の目的<wmvファイル 1分51秒>

 3 調査の方法<wmvファイル 5分14秒>

 4 よくある質問<wmvファイル 2分34秒>

 5 記憶のヒント<wmvファイル 3分59秒>

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る