ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 県民の生活と健康 > 県民健康調査 > 県民健康調査の概要

県民健康調査の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年2月22日更新

     基本調査(外部被ばく線量の推計)

    原発事故発生直後~7月11日までの4か月間の外部被ばく線量を推計

    平成23年3月11日時点の県内居住者等約205万人を対象として実施

    自記式質問票の回答者数566,043人(回答率 約27.5%)

    ※平成28年12月末現在

    <外部被ばく線量推計結果> 
    【全県分】 0~2ミリシーベルト未満の割合 93.8%(放射線業務従事経験者を除く)

    甲状腺検査(甲状腺の状態を調べる超音波検査)

    震災時に概ね18歳以下だった福島県民を対象に甲状腺超音波検査を実施

    <先行検査(一次検査)>(平成23~25年度)
    甲状腺の状態把握のための検査
     対象者数  約37万人 受診者数  約30万人
     受診率      81.7%

    終了

    <本格検査1回目(一次検査)>(平成26年度~平成27年度)
    甲状腺の状態を確認するための検査
     対象者数  約38万人
     受診者数  約27万人
     受診率      70.9%
     
     ※ 平成28年12月末現在

    検査のイメージ

    <本格検査2回目(一次検査)>(平成28年5月1日~)
    甲状腺の状態を継続して確認するための検査
    20歳を超えるまでの対象者に、平成28年度及び平成29年度の2か年で市町村順に検査を実施し、それ以降は25歳、30歳等の5年ごとの節目健診を実施。
     対象者数  約33万人 ※節目検診対象者(平成4・5年度生まれ)を除く。
     受診者数  約9万人
     受診率      25.9%
     
      ※ 平成28年12月末現在

          
    先行検査・本格検査(1・2回目) 一次検査の結果
    判定結果判定内容先行検査本格検査1回目本格検査2回目
    結果判定数(人)割合(%)結果判定数(人)割合(%)結果判定数(人)割合(%)
    A判定A1結節やのう胞なし154,60799.2108,68899.225,18299.3
    A25.0mm以下の結節や20.0mm以下ののう胞143,575159,55445,418
    B判定5.1mm以上の結節や20.1mm以上ののう胞2,2930.82,2260.84830.7
    C判定直ちに二次検査を要するもの100000

     ※本格検査結果については、平成28年12月末現在のもの。

      A1、A2判定は次回の検査まで経過観察。
      B、C判定は二次検査を実施。(A2の判定内容であっても、甲状腺の状態等から二次検査を要すると判断した方については、B判定としています。

    二次検査結果
    【先行検査】(平成28年3月31日集計)
    結果確定者 2,086人  うち悪性ないし悪性疑い116人
    【本格検査1回目】(平成28年12月末現在)
    結果確定者 1,681人  うち悪性ないし悪性疑い69人
    【本格検査2回目】(平成28年12月末現在)
    結果確定者  64人   うち悪性ないし悪性疑い0人

 

健康診査(一般健診項目+白血球分画等の検査)

【対象者数】215,315人、【受診者数】48,814人、【受診率】22.7%
※平成27年度実績(平成28年度9月1日現在)

こころの健康度・生活習慣に関する調査(避難区域等の住民へ質問紙調査)

【対象者数】208,433人、【有効回答者数】44,952件、【回答率】21.6%
※平成27年度調査(28年3月末現在)

妊産婦に関する調査(母子健康手帳交付者へ質問紙調査)

【対象者数】14,572人、【回答者数】7,031人、【回答率】48.3%
※平成27年度調査
ホールボディカウンターによる内部被ばく検査 (全身の内部被ばく線量を測定)
  • 大気や飲食物等から体内に取り込んだ放射線セシウムをホールボディカウンターにより測定し、概ね一生の間に受けると思われる線量を推計

検査実施結果(県)
※預託実効線量:概ね一生涯に体内から受けると思われる内部被ばく量

1ミリシーベルト未満316,496人ホールボディカウンターの写真
1ミリシーベルト14人
2ミリシーベルト10人
3ミリシーベルト2人
  • 県実施分の累計検査人数 316,522人 (平成23年6月~平成28年12月)
  • なお、預託実効線量の値は最大でも3mSvであり、健康に影響の出るような高い数値は検出されておりません。平成24年3月以降の検査結果は全て1mSv未満になっています。
  •  > ホールボディカウンターによる内部被ばく検査の最新の調査状況については、下記リンクからご覧いただけます。

    県民健康調査の最新の調査状況については、下記リンクの各回の検討委員会資料にてご覧いただけます。
     

    トップに戻る