ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 避難区域の状況・被災者支援 > 被災者を支援するNPOなど > 平成26年度 被災者支援等活動内容(会津)

平成26年度 被災者支援等活動内容(会津)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月29日更新

子どもが自然と遊ぶ楽校ネット

団体所在地・連絡先

所在地:会津若松市栄町2-14レオクラブガーデンスクエア5階
Tel:050-3351-5522

活動場所

県内全域

事業名

子ども支援団体運営力強化をつうじた野外活動プロジェクト

事業概要

放射能被害の影響により外で遊べないふくしまの子どもが、自然体験等を通じて生き抜く力を身につけるために、当該協議体が「運営力の強化」「公教育との連携」「事業モニタリング」を行う事で、事業プログラムの質の向上を図ると同時に、子どもの支援向上をはかる。
学校と民間教育の連携のもとに、一貫した子どもの支援体制をつくることができる。

事業内容

  1. 運営力強化
    ・参加団体を増やす(8から10に)
    ・広報チラシを40,000部配布
    ・税理士等による既存スタッフの人材育成
    ・大熊町教育委員会と連携し、長期避難をしている子どもの現状を踏まえた支援プログラムを作成する。
    ・事業評価を行い、次年度に活かす。
  2. 公教育との連携
    ・会津、中通り、浜通の小学校3校で出前講座の実施。
  3. 野外活動事業
    ・夏に子ども達が「楽しい」を感じることでストレス発散と得意分野に気づくプログラム及びキャンプの実施
    (7企画5企画)

ボルダリングを楽しむ子どもたち 樹の枝を持って遊ぶ子ども


トップに戻る