ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 避難区域の状況・被災者支援 > 被災者を支援するNPOなど > 平成26年度 被災者支援等活動内容(県北)

平成26年度 被災者支援等活動内容(県北)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月29日更新

特定非営利活動法人シャローム

団体所在地・連絡先

所在地:福島市松川町東原17-3
Tel:024-524-2230

活動場所

福島市

事業名

被災者のためのパソコンボランティア派遣コーディネート事業

事業概要

被災者のネットワークづくりに必要なパソコンやタブレット・スマートフォンなどのスキル上達のため、各仮設等にパソコンを教えるボランティアの派遣をコーディネートする事業を立ち上げる。派遣先では「パソコン・スマホなんでも相談室」として被災者のニーズにあった講座を展開する

事業内容

  1. ボランティアを募集し、パソコンが出来る人材と派遣希望する仮設・借り上げ住宅へのマッチングとコーディネートを行う。
  2. 仮設住宅での「パソコン・スマホなんでも相談室」開催
    ・仮設住宅の集会所で開催
    ・1回1時間30分
  3. 借り上げ住宅向け「パソコン・スマホなんでも相談室」開催
    ・NPO法人シャロームの災害支援センターで行う
    ・1回1時間30分

パソコン・スマホなんでも相談室

いいたてまでいの会

団体所在地・連絡先

所在地:福島市栄町10-3
Tel:070-5622-4982

活動場所

福島市

事業名

いいたてミュージアム-までいの未来へ記憶と物語プロジェクト-2014

事業概要

飯舘村の生活と文化を、人々のモノによって語るためのミュージアム運営。インタビューにより、モノが語れるように記録し、飯舘独自の「物語」生まれることを大切にする。フォーラムと展示会、県外での巡回展を行い、広く発信する。

事業内容

  • 6月から2月 スタッフミーティング、聞き取り調査 収集
  • 9月 いいたてミュージアム巡回展
  • 12月から2月 いいたてミュージアム勉強会(全3回)
  • 3月 事業成果報告展覧会を開催

いいたてミュージアムの様子 取材の様子

一般社団法人Bridge for Fukushima

団体所在地・連絡先

所在地:福島市五月町2-22
Tel:024-503-9069

活動場所

県内全域

事業名

NPOと民間企業による「協働」地域復興事業

事業概要

企業とソーシャルセクターがお互いの強みを生かして組織課題や福島の抱える復興課題の解決策を共に考え、協働事業を運営するプラットホームを構築。
当該団体は、プラットホームの調整役として事業モニタリング・コミュニティオーガナイズイズ等の研修を受け、事業に必要能力強化を図る。

活動内容

大手企業等とNPOとを具体的かつ効率的につなぐ場を提供し、NPOの事業実施能力を高め、民間企業からの継続的な支援の枠組みを構築する。

  1. ワークショップ結の場の実施
    10月、11月、1月の3回
    NPO(各10団体)企業(各20団体)併せて被災地見学ツアーを行う。
  2. ワークショップ後企業提案、NPOからの提案を受けマッチングを行う。マッチング後のフォローアップ・モニタリングを行う。

ワークショップの様子 ワークショップの様子


トップに戻る