ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 放射線と除染 > 中間貯蔵施設 > 平成30年度中間貯蔵施設事業に係るモニタリング調査等の結果について

平成30年度中間貯蔵施設事業に係るモニタリング調査等の結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月17日更新

調査概要

 福島県、大熊町及び双葉町、並びに国で締結した「中間貯蔵施設の周辺地域の安全確保等に関する協定書」に基づき、中間貯蔵施設敷地境界や除去土壌等の保管場における環境放射能等のモニタリング調査等を以下のとおり行いました。

1 調査項目等
  調査項目、調査地点数は下記のとおり。

調査項目

調査時期(回)

大熊工区双葉工区中間貯蔵施設敷地境界輸送路
(浪江町役場)
下流河川合計
空間線量率1回目121121026
2回目10421017

大気浮遊じん中の
放射能濃度

1・2回目002002
地下水中の
放射能濃度
1回目8700015
2回目10800018
放流水中の放射能
濃度及び有害物質等
1回目110002
2回目420006
シート下部湧水中の放射能濃度1回目110002
2回目420006
大気質1・2回目000101
騒音・振動1・2回目000101
河川水の
放射能濃度
1・2回目000055

2 調査位置
  河川・輸送路 [PDF/180KB]
  受入分別施設等 [PDF/439KB]
   土壌貯蔵施設 [PDF/425KB]
  保管場・敷地境界 [PDF/1.22MB]

3 調査回数  
  2回

調査結果

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る