ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 農林水産業 > 農林水産業の復旧状況 > いわき農林事務所より・・・農村整備部所管の公共工事

いわき農林事務所より・・・農村整備部所管の公共工事

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月22日更新

公共工事の様子

釜ノ前3期地区、釜ノ前4期地区

いわき市遠野町釜ノ前に位置する農道の拡幅・舗装工事を行っています。

復興再生基盤整備事業(農地整備事業(通作条件型)) 釜ノ前3期地区 道路改良工L=2,677m

復興再生基盤整備事業(農地整備事業(通作条件型))  釜ノ前4期地区 道路改良工L=1,139m

釜ノ前3期地区の様子
工事の前工事の後
釜ノ前3期地区の施工前の写真です。釜ノ前3期地区施工後

道路の高低差を解消するため、写真の区間を5~7m掘り下げ、車両が快適に走行できるようにしました。

釜ノ前4期地区の様子

工事の前工事の後
釜ノ前4期地区の施工前の写真です。

釜ノ前4期地区の施工後の写真です。

すれ違いの難しかった道路を、2車線の道路に拡幅し、農産物の輸送をスムーズに行えるようにしました。今後、アスファルト舗装工事を行います。

夏井川左岸地区

いわき市平神谷において、経年劣化により目地の脱落や表面コンクリートの摩耗が発生し、通水機能が低下した基幹的用水路の補修を実施しています。

農業水利施設ストックマネジメント事業 夏井川左岸地区 用水路補修工L=2,165m

    夏井川左岸地区の様子

工事の前

工事の後
施工前施工後

水路の底版及び側壁をコンクリートやモルタルで被覆し、水路表面を保護したほか、劣化した目地や水抜き孔を更新しました。

錦・関田地区

錦・関田地区はいわき市錦町から勿来町関田にかけて、東日本大震災による津波と地盤沈下の被災を受けた56.1haの農地でほ場整備を実施しています。

復興基盤総合整備事業 錦・関田地区 区画整理工A=56.1ha

錦・関田地区の様子

工事の前

工事の後
施工前施工後
平成30年現在で地区全面積の営農を再開しました。現在、平成31年度の事業完了に向けて補完工事対応中です。

夏井地区

夏井地区は東日本大震災で津波を受けた田畑・道水路等について156ha のほ場整備を実施しています。  

復興基盤総合整備事業 夏井地区 区画整理工A=156ha

夏井地区の様子

工事の前

工事の後
施工前施工後
この工事は西側36.4ha の範囲ですが、夏井廃寺跡など重要な遺跡があり、盛土工法で文化財保護も図りました。

トップに戻る