ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 第一原子力発電所の状況 > 原子力発電所の状況 > 福島第一原子力発電所1号機建屋カバー解体作業と大気モニタリング結果について

福島第一原子力発電所1号機建屋カバー解体作業と大気モニタリング結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年4月3日更新

最新情報

住民の皆様へのお知らせ

・緊急の情報はありません。

放射線モニタリングの結果

・ 福島第一原発周辺地域のモニタリングポストの測定値に有意な変動はありません。

    県は、福島第一原子力発電所(以下、福島第一原発)1号機建屋カバー解体及びガレキ撤去の作業の開始にあたり、東京電力と国に対し、放射性物質の飛散防止対策の徹底、県民への分かりやすい情報公開を求めてきたところであり、作業開始後は福島県廃炉安全監視協議会(関係13市町村と学識経験者で構成)による現地調査を行うなど、厳しく監視してまいります。

   ここでは、福島第一原発周辺地域において県が実施している空間線量率や大気浮遊じんモニタリング結果など、最新情報をお知らせしております。

福島第一原発敷地内のモニタリング結果

東京電力が公表している福島第一原発敷地内のモニタリングポスト(MP1~MP8)の空間線量率、排気筒頂部の高さの気象観測計(免震棟西側)による風向・風速の計測値については以下のとおりです。(東京電力HPより)

表示されない場合はこちらをご覧ください。
見出しマーク福島第一原発敷地内の空間線量率モニタリング結果 (東京電力HPへリンク)

  

福島第一原発1号機における作業概要

1.作業概要

  福島第一原発1号機では、使用済燃料プールの中にある燃料を取り出す第一ステップとして、原子炉建屋上部に堆積しているガレキを撤去するため、原子炉建屋カバーの解体が実施されます。作業の概要、スケジュール、実績等の詳細については、以下の東京電力ホームページをご覧下さい。

見出しマーク1号機の作業概要について (東京電力HPへリンク)
見出しマーク1号機の作業予定 (東京電力HPへリンク)
見出しマーク1号機の作業実績 (東京電力HPへリンク)
見出しマーク福島第一ライブカメラ (東京電力HPへリンク)

2.敷地内の空間線量率モニタリング結果

  福島第一原発1号機では、空間線量を監視しながら、建屋カバーの解体作業が行われます。福島第一原発敷地内のリアルタイムでの空間線量率測定結果については、以下の東京電力ホームページをご覧下さい。

見出しマーク福島第一原発敷地内の空間線量率モニタリング結果 (東京電力HPへリンク)

 

福島第一原発周辺及び福島県全域におけるモニタリング結果

 1.空間線量率

(1)福島第一原発周辺地域

  福島第一原発周辺地域では、空間線量率、及び気象データ(風向・風速・感雨)をモニタリングポストで監視しています。下の地図中の地点名をクリックすると、過去のグラフが表示されます。
表示されない場合はこちらをご覧ください。
見出しマークテレメータシステム測定結果(福島県環境放射線センター)
 ・福島県が設置した県内のモニタリングポストの空間線量率がご覧いただけます。(リアルタイム10分値の公開)

    

(2)福島県内全域

 

福島県全域約3,600地点において、可搬型モニタリングポスト等により、空間線量率を常時測定しています。リアルタイムでの測定結果、及び過去の測定結果については、以下の原子力規制委員会ホームページをご覧ください。
見出しマーク原子力規制委員会放射線量測定マップ (原子力規制委員会HPへリンク)

下の画像をクリックすると、福島県環境放射能測定マップが別ウィンドウで表示されます。      

福島県環境放射能マップの画像(リンク付)

      

2. 大気浮遊じん

    福島県全域42地点で、空気中のちりやほこり(大気浮遊じん)に含まれる放射性物質の濃度を測定しています。
    下の画像をクリックすると、最新の測定結果が拡大表示されます。

    これまでの測定結果一覧及び採取場所については、以下のページをご覧ください。
見出しマーク県内の大気浮遊じん中の放射性セシウム濃度の測定結果

最新の大気浮遊じん環境放射能測定結果(速報値)

 

気象に関する情報

見出しマーク福島県モニタリングポストの気象データは「福島第一原発周辺及び福島県全域におけるモニタリング結果」で確認できます。

見出しマークアメダス(風向・風速) (気象庁HPへリンク)

見出しマーク福島第一・第二原子力発電所付近の気象状況 (気象庁HPへリンク) 

見出しマーク福島第一原発周辺の風向きマップ (国立情報学研究所HPへリンク)

県のモニタリング体制

  福島県では、福島県全域42地点で大気浮遊じんに含まれる放射性物質の濃度を測定しています。また、福島第一原発周辺に設置したモニタリングポストの空間線量率の測定データについては、テレメータシステムにより常時監視しています。モニタリングに使用している装置については、以下のページをご覧下さい。

見出しマーク測定装置の概要(大気浮遊じん)

見出しマークモニタリングポストについて (福島県環境放射線センターHPへリンク)

見出しマークテレメータシステムについて (福島県環境放射線センターHPへリンク)

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)