ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 避難区域の状況・被災者支援 > 避難者・被災者支援の取組・情報 > 原発事故による母子避難者等に対する高速道路の無料措置について

原発事故による母子避難者等に対する高速道路の無料措置について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月2日更新

  •  原発事故による母子避難者等に対する高速道路の無料措置が、当面、平成31年3月31日まで継続されています。

 なお、本無料措置を利用するためには、「母子・父子避難等及び移動経路に係る証明書」が必要ですので、対象者等(国土交通省ウェブサイトへリンク)を御確認の上、避難元の市町村(平成23年3月11日時点で居住していた市町村)へ申請願います。

 

高速道路無料措置を利用されている皆さまへ

  • この高速道路無料措置を利用している世帯が、震災前に居住されていた市町村に帰還されて、二重生活が解消された場合などは、本高速道路無料措置の対象外となりますので、避難元の市町村へ証明書を御返却願います。
  • 避難しているお子様が満18歳に達してから最初の3月31日を迎えたとき

    ○避難しているお子様が満18歳となった方お一人の場合

     無料措置の支援は、お子様が満18歳に達してから最初の3月31日までとなりますので、4月以降、避難元市町村へ証明書を御返却願います。

    ○支援の対象となる年少のお子様が引き続き避難している場合

     証明書の再発行が必要となりますので、年長のお子様が満18歳に達してから最初の3月31日を過ぎた後、避難元の市町村へ再申請願います。

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る