ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

第6回福島イノベーション・コースト構想シンポジウム(令和3年12月11日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年12月13日更新

「福島イノベーション・コースト構想シンポジウム」を開催しました。

令和3年12月11日(土曜日)に大熊町交流施設「linkる大熊」にて、
「第6回 福島イノベーション・コースト構想シンポジウム」を開催しました。

東日本大震災及び原子力災害からまもなく11年。
失われた浜通り地域等の産業回復こそ、福島イノベーション・コースト構想の使命です。
今回のシンポジウムでは、
「イノベ構想による持続的な挑戦 グリーン社会の実現を目指して」をテーマに、
新たな産業基盤整備のための取組や成果を情報発信し、今後の構想の進展をみなさまとともに考えました。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策を十分に実施しながら、linkる大熊の現地会場のほか、
Youtubeでのオンライン同時配信も多くの方にご視聴いただき、大盛況のうちに終了することが出来ました。
誠にありがとうございました。

全景写真

プログラム [PDFファイル/1.09MB]

 

あいさつ


(公財)福島イノベーション・コースト   
 構想推進機構 斎藤理事長       福島県 内堀知事
さいとう理事長 内堀知事
 

復興庁 新妻副大臣           経済産業省 石井副大臣
新妻副大臣 石井副大臣
 

大熊町 吉田町長
吉田町長

 

基調講演「地域エネルギーシステムのデザイン」

東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻教授 中田俊彦 氏
中田教授

取組紹介

東芝エネルギーシステムズ株式会社       日産自動車株式会社総合研究所
水素エネルギー事業統括部 山根史之 氏      モビリティ&AI研究所主管研究員 宮下直樹 氏
「福島水素エネルギー研究フィールドについて」 「なみえスマートモビリティによる地域活性化の取り組み」
東芝    日産

株式会社相双スマートエコカンパニー      大熊町 ゼロカーボン推進課
代表取締役 岡田美洋 氏             ゼロカーボン推進係長 斉藤陽介 氏
「復興事業への取組みについて」        「ゼロカーボン推進による大熊町の復興について」
相双スマートエコカンパニー    大熊町

東京大学先端科学技術研究センター 
産学連携新エネルギー研究施設 飯田誠 氏
「いわき市と取り組む未来に向けた復興⼈財育成」
東京大学

 

学校からの活動報告

福島県立小名浜海星高等学校
「生分解性プラスチック」の検証実験の結果と学習成果について
高校生

 

トークセッション「イノベ構想による持続可能な挑戦 グリーン社会の実現を目指して」

【セッションスピーカー】
 ・東芝エネルギーシステムズ株式会社 水素エネルギー事業統括部技術部フェロー 山根史之 氏
 ・日産自動車株式会社総合研究所 モビリティ&AI研究所主管研究員 宮下直樹 氏
 ・株式会社相双スマートエコカンパニー 代表取締役 岡田美洋 氏
 ・大熊町 ゼロカーボン推進課ゼロカーボン推進係長 斉藤陽介 氏
 ・東京大学先端科学技術研究センター 産学連携新エネルギー研究施設 特任教授 飯田誠 氏


【モデレーター】
 東北大学大学院工学研究科技術社会システム専攻教授 中田俊彦 氏

 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る