ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 農林水産業 > 食の安全に関する取組 > 平成26年度堆肥の放射性セシウム検査の結果について

平成26年度堆肥の放射性セシウム検査の結果について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年8月1日更新

堆肥の放射性セシウム検査

 国は、平成23年8月1日に「肥料中に含まれる放射性セシウムの暫定許容値」を400ベクレル/kgに設定しました。 県は、農場ごとに堆肥中の放射性セシウムを分析し、堆肥としての施用・出荷の可否について検査を実施し、暫定許容値を超えた堆肥については、施用・出荷の自粛を要請しております。

1 検査対象となる堆肥

   牛ふん堆肥

2 分析機関

   (独)農林水産消費安全技術センター (FAMIC)       環境リサーチ(株)         

3 検査実施状況

    ※平成24年度に実施した堆肥の放射性セシウム検査結果はこちら

    ※平成23年度に実施した堆肥の放射性セシウム検査結果はこちら

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る