ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 商工業/観光/東京2020大会 > Jヴィレッジ復興プロジェクト > イングランドのボビー・チャールトンさんがJヴィレッジを訪れました(平成25年11月11日)

イングランドのボビー・チャールトンさんがJヴィレッジを訪れました(平成25年11月11日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月11日更新

平成25年11月11日、元サッカーイングランド代表のボビー・チャールトンさんがJヴィレッジを訪れました。
ボビー・チャールトンさんは、マンチェスターユナイテッド選手として長年活躍され、イギリスのサッカー殿堂入りを果たされています。
Jヴィレッジ創立時には名付け親になっていただいた、Jヴィレッジと深い縁のある方です。チャールトンさんはJヴィレッジのグラウンドとスタジアムを視察し、「(震災前に)初めて来たときは素晴らしいピッチだったが、その落差に心が痛む。できる限りの支援をしたい。」とのお言葉をいただきました。
また、Jヴィレッジと双葉地域の復興を祈念し、Jヴィレッジ正面玄関前に桜の木の植樹を行いました。
スタジアムを視察するボビー・チャールトンさん
グラウンドを視察するボビー・チャールトンさん
正面玄関前で桜の植樹を行った

トップに戻る