ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 商工業/観光/東京2020大会 > Jヴィレッジ復興プロジェクト > Jヴィレッジ復興・再整備の計画概要を公表しました(平成28年2月19日)

Jヴィレッジ復興・再整備の計画概要を公表しました(平成28年2月19日)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年8月29日更新

平成28年2月19日、第4回Jヴィレッジ復興プロジェクト委員会を開催し、新たに整備する全天候型練習場と新宿泊施設の計画概要について検討し、了承されました。
第4回Jヴィレッジ復興プロジェクト委員会
<計画概要>
■全体配置計画
 天然芝グラウンド 7面
 人工芝グラウンド 2面
 全天候型練習場(人工芝)1面
 天然芝スタジアム(5千人収容)1面

■全天候型練習場
 サッカー、ラグビーともに使用可能な人工芝1面規模の屋内運動場
 季節、天候に関わらず、年間を通して質の高いトレーニング環境を提供
 約1万平方メートル、屋内高さ約20m(中央部)、日光の入る膜屋根、観覧スペース250席程度

■新宿泊施設
 鉄骨造7階建(一部8階建)延床面積約5千平方メートル
 客室シングル120室程度 ゆったりサイズの部屋(繁忙期はツイン仕様)
 国際会議等に活用可能なコンベンションホールを併設
 アスリートのみならず、イノベーションコースト構想等のビジネスのお客様や、復興ツーリズムのお客様はじめ、幅広い方に利用いただける宿泊施設
全体イメージ図
全天候型練習場(外観)
全天候型練習場(内観)
新宿泊施設

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページに関連する情報


トップに戻る