ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > ふくしまを応援 > イベントに参加して応援したい<県内外開催イベント情報> > 令和3年度 震災・原発災の経験・教訓、復興状況伝承事業(ジャーナリストスクール開催事業)

令和3年度 震災・原発災の経験・教訓、復興状況伝承事業(ジャーナリストスクール開催事業)

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年2月25日更新

『ジャーナリストスクール』を開催しました。

 令和3年10月30日(土曜日)・10月31日(日曜日)東日本大震災・原子力災害伝承館、いわき海浜自然の家。11月14日(日曜日)富岡町文化交流センター学びの森において、ジャーナリストスクールを開催しました。
 この事業は、未来を担う子どもたちがふるさと「ふくしま」において、復旧・復興に活躍している個人、団体に対し、取材をし、新聞にまとめ、発信することにより、自分たちの住む「ふくしま」の良さを知るとともに、自分の将来の夢や希望を深く考える機会とすることを目的に実施した事業です。
 県内の小学生3名、中学生3名、高校生6名、合計12名の子どもたちが参加しました。
 取材、新聞作成では県立高等学校教諭、県内新聞記者、ジャーナリストスクール開催事業卒業生の指導や助言を受けながら活動しました。
 特別講師としてジャーナリストの池上彰氏をお招きし、子どもたちが作成した新聞に対しての講評をいただきました。また、子どもたちからの質問や時事問題等について分かりやすくお答えいただきました。

 この事業は、被災者支援総合交付金及び福島県東日本大震災子ども支援基金を活用しています。

特別講師、講師及び取材先の皆さん、御協力ありがとうございました。

 特別講師

  • ジャーナリスト : 池上彰 様 

 講師

  • 福島民報社          : 坪井法彦 様、小野雄太郎 様
  • 福島民友新聞社        : 加藤隆史 様、石川浩 様、加藤邦高 様
  • 福島県立相馬高等学校     : 武内義明 様
  • ジャーナリストスクール卒業生 : 黒川杏奈 様、佐野宏翔 様、新開なつみ 様、濱松郁美 様、横村賢太 様

 取材先

  • なみえの技・なりわい館 大堀相馬焼協同組合(浪江町)
  • NPO法人 富岡町3・11を語る会(富岡町)
  • JAEA 楢葉遠隔技術開発センター(楢葉町)

3日間の様子はこちらをご覧ください。

子どもたちが作成した新聞はこちらをご覧ください。

    表紙 [PDFファイル/373KB]

 1班 「ひだり駒」 [PDFファイル/5.83MB]

 2班 「富岡の桜~未来へのバトン」 [PDFファイル/4.76MB]

 3班 「楢葉テックニューズ」 [PDFファイル/3.57MB]

    裏表紙 [PDFファイル/659KB] 

英訳新聞はこちらをご覧ください。

 Click here for the English translation newspaper.

              Opening [PDFファイル/974KB]   

 Group 1 「Hidari-Goma」 [PDFファイル/1.47MB] 

 Group 2 「Tomioka's cherry blossoms」 [PDFファイル/2.4MB]

 Group 3 「Naraha Tech News」 [PDFファイル/946KB]

              Ending [PDFファイル/756KB] 

Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る