ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 水・食品等の放射性物質検査 > 農林水産物 > 農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】

農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年9月20日更新

モニタリング検査結果【詳細】


このページでは最新の農林水産物モニタリング検査結果を品目別・公表日ごとに掲載しています。

【最新の検査結果】


穀類

野菜・果実

野菜・果実】

畜産物

【食肉】

水産物

山菜・きのこ類

その他

農林水産物の摂取及び出荷制限等について

摂取や出荷を差し控えるよう要請している本県産の食品はこちら(令和元年9月20日) [PDFファイル/333KB]

※農林水産物の摂取及び出荷制限等について(上記PDFと同じ)はファックスでも提供をしています。

制限または解除の履歴 

直近の制限等があった内容

9月5日:西会津町において産出される野生きのこ類(まいたけに限る。)、只見町において産出される野生きのこ類(ならたけ、ぶなはりたけに限る。)、柳津町・三島町において産出される野生きのこ類(まいたけに限る。)、昭和村において産出される野生きのこ類(むきたけ、まいたけに限る。)について、出荷制限を解除する内容の指示がありました。

8月28日:福島県沖で漁獲されたかさご、さくらます及びむらそい、福島県内の阿武隈川のうち信夫ダムの下流(支流を含む)のあゆ(養殖により生産されたものを除く。)、福島県内の阿武隈川(支流を含む)のこい(養殖により生産されたものを除く。)について、国から出荷制限を解除する内容の指示がありました。

3月28日:福島県(帰還困難区域を除く。)において飼養されている牛について県外への移動(12月齢未満の牛を除く。)及びと畜場への出荷制限解除の指示がありました。

 3月22日:福島県大熊町(平成24年11月30日付け指示により設定された帰還困難区域を除く区域に限る。)、双葉町(平成25年5月7日付け指示により設定された帰還困難区域を除く区域に限る。)において産出される31年産の米(県の定める管理計画に基づき管理される米を除く。)について、国から出荷制限の指示がありました。

3月14日:福島県沖で漁獲されたうみたなご、くろだい及びぬまがれい、秋元湖及びこれに流入する河川(支流を含む。)、長瀬川(酸川との合流点から上流の部分に限る。)で採補されたいわな(養殖により生産されたものを除く。)及びやまめ(養殖により生産されたものを除く。)について、国から出荷制限を解除する内容の指示がありました。

2月27日:田村市において産出された「ふきのとう(野生のものに限る。)」について、国から出荷制限解除の指示がありました。

2月7日:福島県沖で漁獲された「こもんかすべ」について、国から出荷制限の指示がありました。

12月13日:南相馬市(福島第一原子力発電所から半径20キロメートル圏内の区域(帰還困難区域を除く。)、旧居住制限区域及び旧避難指示解除準備区域)で産出されたキウイフルーツについて、国から出荷制限解除の指示がありました。 

12月6日:南相馬市(平成24年3月30日付け指示により設定された帰還困難区域を除く。)で産出されたユズについて、国から出荷制限解除の指示がありました。

12月5日:平成29年9月22日付けで県が出荷の自粛を要請していた、いわき市産クリ(この生産者に限る)について、この生産者が所有する「クリ」の樹木を伐採したため、本日付けで出荷自粛要請を取り下げました。

5月2日:北塩原村で産出された「たらのめ(野生のものに限る。)」について、国から出荷制限の指示がありました。

4月26日:北塩原村で産出された「たらのめ(野生のものに限る。)」について、県は出荷自粛を要請しました。

4月24日:福島県沖で漁獲されたきつねめばる、しろめばる及びすずきについて、国から出荷制限解除の指示がありました。

 以前の制限または解除についてはこちら  

参考


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る