ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
ホーム > 水・食品等の放射性物質検査 > 農林水産物 > 農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】

農林水産物の緊急時環境放射線モニタリング結果【詳細】

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月25日更新

モニタリング検査結果【詳細】


このページでは最新の農林水産物モニタリング検査結果を品目別・公表日ごとに掲載しています。

【最新の検査結果】

 

 


穀類

野菜・果実

畜産物

水産物

山菜・きのこ類

その他

農林水産物の摂取及び出荷制限等について

摂取や出荷を差し控えるよう要請している本県産の食品はこちら(平成28年5月25日現在) [PDFファイル/400KB]

農林水産物の摂取及び出荷制限等について(上記PDFと同じ)はファックスでも提供をしています。

制限または解除の履歴 

直近の制限等があった内容

5月6日:只見町で産出された「こしあぶら(野生のものに限る)」について、国から出荷制限の指示がありました。

5月2日:只見町で産出された「こしあぶら(野生のものに限る)」について、県は出荷自粛を要請しました。

4月28日:西会津町で産出された「こしあぶら(野生のものに限る)」について、国から出荷制限の指示がありました。

4月27日:西会津町で産出された「こしあぶら(野生)」について、県は出荷自粛を要請しました。

3月30日:沼沢湖及び沼沢湖に流入する河川の「ヒメマス」について、県は採捕自粛の要請を取り下げました。

3月25日:南相馬市(居住制限区域及び避難指示解除準備区域に限る)、川俣町(居住制限区域及び避難指示解除準備区域に限る)、楢葉町、富岡町(帰還困難区域を除く)、大熊町(帰還困難区域を除く)、双葉町(帰還困難区域を除く)、浪江町(帰還困難区域を除く)、川内村(避難指示解除準備区域に限る)、葛尾村(帰還困難区域を除く)、及び飯舘村(帰還困難区域を除く)において産出される平成28年産米(ただし、県が定める管理計画に基づき管理される米を除く)について、国から出荷制限の指示がありました。

3月25日:本宮市(旧和木沢村(白沢村)及び旧白岩村)並びに大玉村(旧大山村)で産出された「大豆」について、国の出荷制限解除の指示がありました。なお、出荷制限解除により、平成28年産の当該地域の大豆については、生産者数や作付面積に応じた点数の検体を採取し検査を行い、出荷の可否を判断いたします。

3月17日:南相馬市(帰還困難区域を除く)、川俣町(山木屋の区域に限る)及び葛尾村(帰還困難区域を除く)で産出された「非結球性葉菜類、結球性葉菜類、アブラナ科花蕾類、カブ」並びに桑折町で産出された「ゆず」について、国から出荷制限等解除の指示がありました。

1月21日:伊達市(旧保原町、旧月舘町及び旧霊山町の区域に限る)で産出された「ギンナン」について、県は収穫自粛の要請を取り下げました。

1月20日:本宮市で産出された「ふきのとう(野生のものに限る)」について、国から出荷制限の指示がありました。

1月19日:本宮市で産出された「ふきのとう(野生のものに限る)」について、県は出荷自粛を要請しました。

12月3日:二本松市において産出された「くり」及び最大高潮時海岸線上宮城福島両県界の正東の線、我が国排他的経済水域の外縁線、最大高潮時海岸線上福島茨城両県界の正東の線及び福島県最大高潮時海岸線で囲まれた海域において漁獲された「ひがんふぐ」について、国の出荷制限の解除がありました。

12月3日:相馬市において産出された「くり」及び南相馬市(旧原町市及び旧鹿島町の区域に限る)において産出された「エゴマ」について、収穫自粛の要請を取り下げます。

10月23日:福島県福島市(旧大笹生村の区域に限る。)及び南相馬市(旧石神村の区域に限る。)において産出された「小豆」及び福島県福島市(旧野田村、旧平野村、旧立子山村、旧佐倉村、旧水保村及び旧庭塚村の区域に限る。)、二本松市(旧小浜町及び旧渋川村の区域に限る。)、須賀川市(旧長沼町の区域に限る。)、南相馬市(旧石神村及び旧太田村の区域に限る。)、大玉村(旧大山村の区域を除く。)において産出された「大豆」 について、国の出荷制限の解除がありました。なお、出荷制限の解除により、当該地域の本年産小豆及び大豆については、今後作付面積に応じた点数の検体を採取し検査を行い、出荷の可否を判断いたします。

9月30日:酸川の支流で採捕された「いわな」、「やまめ」について、国の出荷制限解除の指示がありました。

8月19日:南相馬市(ただし、福島第一原子力発電所から半径20km圏内の区域並びに旧計画的避難区域を除く区域)で産出された「うめ」について、国の出荷制限解除の指示がありました。

7月29日:南相馬市(ただし、福島第一原子力発電所から半径20km圏内の区域並びに旧計画的避難区域を除く区域)で産出された「ビワ」について、県は出荷自粛要請を取り下げました。

7月8日:川俣町(山木屋の区域を除く)において産出された「わさび(畑において栽培されたものに限る)」について、国の出荷制限解除の指示がありました。

6月30日:本県沿岸の特定の海域において漁獲された「けむしかじか」について、国の出荷制限解除の指示がありました。

6月23日:本宮市(旧和木沢村(白沢村)の区域に限る)において産出された「大豆」について、県の出荷自粛要請を変更しました。  

6月23日:本宮市(旧白岩村の区域に限る)及び南相馬市(旧太田村の区域に限る)において産出された「大豆」について国から出荷制限の一部解除の指示がありました。

5月25日:葛尾村で産出された「ふき」について、国から出荷制限の指示がありました。

5月22日:葛尾村で産出された「ふき(野生のものに限る)」について、県は出荷自粛を要請しました。

5月18日:広野町で産出された「くさそてつ(こごみ)」について、国から出荷制限の指示がありました。

5月15日:喜多方市で産出された「わらび(栽培)」について、国の出荷制限解除の指示がありました。

5月15日:広野町で産出された「くさそてつ(こごみ)(野生のものに限る)」について、県は出荷自粛を要請しました。

5月13日:楢葉町で産出された「うど(野生のものに限る)」について、国から出荷制限の指示がありました。

5月12日:楢葉町で産出された「うど(野生のものに限る)」について、県は出荷自粛を要請しました。

5月11日:田村市で産出された「ぜんまい」について、国から出荷制限の指示がありました。

5月8日:田村市で産出された「ぜんまい(野生のものに限る)」について、県が出荷自粛を要請しました。

5月1日:郡山市で産出された「おおばぎぼうし(うるい)(野生のものに限る)」について、県は出荷自粛を要請しました。

4月30日:南相馬市で産出された「くさそてつ(こごみ)(野生のものに限る)」について、国から出荷制限の指示がありました。

4月28日:南相馬市で産出された「くさそてつ(こごみ)(野生のものに限る)」について、県は出荷自粛を要請しました。

4月2日:本県沿岸の特定海域にて漁獲された「にべ」 「めいたがれい」について、国の出荷制限解除の指示がありました。

  以前の制限または解除についてはこちら

参考


Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)


トップに戻る